今シーズン最後のお願い

明日頑張りましょう。

よろしくお願いします。













今シーズン皆さんに

色々お願いばかりしてきました。

すいません。

そしてありがとう。










おかげでたくさんの方が

ホームにアウェイに来てくれて

カマタマーレを楽しんでくれました。

本当に嬉しかったです。










そして、最後のお願い(笑)











聞き届けていただけるなら、

もし許されるなら、

明日は出来範囲でいいので

なんとか

車は乗り合わせでお願いします。

可能な方は

公共交通機関のご利用を

お願いします。

m(_ _)m

m(_ _)m

m(_ _)m














できるなら

丸亀商店街さんの企画も

楽しんで欲しいかな。










おうどん、コーヒーなど

振る舞い。

丸亀駅前の指定駐車場は

今回に限って駐車代無料。










もしできるなら

早めの来場を。

12:45にカマフェスは開演です。

最初から

盛り上がってくれから嬉しい。







同時にそれは

自身が駐車場難民にならない。

一石二鳥。

いや、スタジアム渋滞緩和にもなる

一石三鳥でございます。









試合前サポーター清掃は

11時45分から行います。

通常より30分前倒ししてます。

これは

カマフェスを

最初からお楽しみいただくためです。










まだサポーター清掃

参加したことない方

安心して

楽しみに来てくださいね。








通常時間にも

カマタマーレユースさんが

手伝ってくれる関係で

わたくし、お迎えに参ります。








動員あと少し

もし来場を迷っている知り合いいれば

背中押してあげて下さい。

今年のカマタマーレはこれで最後。

見ないなんてもったいない。











色々お願いばかり

大変恐縮











けど満員のピカスタで

今シーズンのファイナルを見たい。









一万人の後押しで戦いたい。

そしてJ2で戦える未来を手に入れたい









さぁて

行きましょう。









最高の相手

その先にある

最高の歓喜を掴みに












最後のエンディングは

感動と祝福のエンドロール。

みんなで一緒に。









そのための仕込みと思い

少し色々お願いでした。








明日、みんなで頑張りましょう。

楽しいサッカーの時間です。

最高の週末が待ってます。

(((o(*゚▽゚*)o)))









今年のお気に入りの一枚

ピカスタではありませんが(汗)















にほんブログ村

全力で1万人を



今いろいろな人が頑張って

最終節1万人を動員すべく活動している。











動員予測はすでに9000人との情報がある。

真偽のほどはわからないが

そうであるなら1万人にあと少しである。











私も手持ちのスポンサー招待券を

今節ですべて使い果した。

以後、招待チケット持っていても仕方がないし・・・。

それでも足りなければボランティア特典の招待券を使用した。

全弾打ち尽くした。











万が一それでもなお足りなければ

私が個人購入してでも

興味ある人には来てほしいぐらいである(笑)













昨日書いたが1万人ご来場なら

観客動員数20位がほぼ手中に入り

合計 80,000人突破 が叶う。

そしてシーズン1度は1万人ご来場実績を得る。

やはり来シーズンの動員にとって大切な

動員経験だと思う。

ノウハウも残る。












すでに昨年の大阪戦

あるいは今年の徳島戦の教訓は

活かされているのだろう。











丸亀市様のご厚意により

更には同商店街の商店主らでつくる

「シャッターをあける会」様の尽力により

市内企業様の協力を得て

臨時駐車場(丸亀駅周辺の公営駐車場)
名古屋グランパス戦に限り、

無料で駐車可能。











更には

先着500名様に

香川県特製オリジナルトートバッグをプレゼント!!












更には

サポーターを対象に、

うどんやコーヒー、ぜんざいなどを数量限定で提供してくれる。












もちろん名古屋からくるアウェイサポーターも対象である。

感謝感謝感謝である。








詳細こちら

http://www.kamatamare.jp/news/2017/11/-1119presents-2017j242-vs-day-day-pikara.html














みんな

最後のひと踏ん張り。










1万人の観客の中で

今年を締めくくろう。











1万人のエネルギーで

選手に声援を送ろう。









幸か不幸か

我らは来年という未来を

手にしていない










名古屋さんも次なる戦いを

ホームで迎えるという

勝利に対する執念を喪失していないだろう。










お互い譲れない

我らのとっては今シーズン最後の激突

そして最高の相手である。










できれば最高の舞台で戦わせてあげたい

2017シーズンのカマタマーレは

これでグランドフィナーレなのである。











さぁ、あとひと踏ん張り!!!

みんな

がんばれ!!!









そして勝とう!!

1万人の笑顔と共に

最高の舞台作ろう!!









多くの方のご来場

心よりお待ちしています。


















追伸

それでも駐車場は足りないかもしれない

恐らく駐車場難民が出ると思う。











歴戦のサポさんには

叶うなら

出来るだけ公共交通機関で

出来るだけ乗り合わせで・・・










事情を知らない初参戦の仲間に

1台でも多くの

駐車スペースを準備してあげてほしい。









私も事情許す限りの方法で

駐車スペースの確保に

貢献したいと思う。




















にほんブログ村






日曜日もし〇〇〇〇人来場なら!!

参考サイト

http://soccer-fam.jp/jleague2017-home-attendance#b









今週末のホームゲーム最終戦において












6500人来場すれば

シーズンの平均来場者数は

3700人を間違えなく越える。

昨年平均の3686名を超える。

4年連続増


香川でお客様は増え続けている証である。

カマタマーレの支持層が拡大し

クラブは前進している証になる。

















7500人来場すれば

平均来場者数は3781名に達する。

これは今シーズンJ2リーグにおいて

動員最下位の讃岐 (現在来場平均 3596人 ) が

21位 ザスパクサツ群馬の 3,738 人を追い抜ける。


J2で「最もお客様が来ないクラブ」の汚名を回避できる













8500人来れば

総観客数 が80,000人を突破する

讃岐史上初の80,000人越え

今シーズンの動員目標をクリアーできる。

確かな成長とファン層の拡大を

自信と共に感じることができる。














9500人来場すれば

平均入場者数 3876 人

これは平均来場者数20位の愛媛さんをぎりぎり交せるだろう

来場者数的に、人気的に降格圏内の評価を免れることができる。

















12200人越えれば

平均はついに4000人を超える。


お金を払って見に来てくれる人が4000人

これはJ2クラブにおいて

下位かもしれないが

次年度以降大爆発する起爆剤の役目果たすだろう。











我らの導火線の起爆ポイントは

個人的には4000を超えはじめてだと思っている。

急成長の予兆

支援体制やスポンサードの一つの節目にもなるだろう。








何人来ていただけるかはわからない

けれどもその節目節目で

今年の実績は全然変わる

もし許されるならお誘いあわせの上

たくさんのピカスタで選手たちを盛り上げたいものである。











集まれ!!ピカスタへ










私は1万人来てくれると信じる。











今年のカマタマーレの価値は

それぐらい必ずあるさ!!!





IMG_8090.jpg




これぐらいいっぱい集まれぇぇえええええ!!!!(笑)








にほんブログ村

高田社長と俺らの差

長崎の昇格を見て

極端な話

われら讃岐がJ1に行くにはジャパネットクラスの

責任企業が必要なわけである。











そんな社長の降臨を

宝くじあてるがごとく

祈り願っていても

訪れないと考えた方がいいだろう。









となれば

我らの中から

讃岐背負って戦える人を探す・・・

あるいは作り出さねばならない。










あの人の基本スペック

ジャパネット代表を退いたとはいえ

社長在任時の総売り上げは1500億を

ゆうに超えていたものと思う。

従業員数も数百人











私事で比較するとであるが

社労士で1億売り上げる事など夢のまた夢

その夢かなってもなお1500倍以上の差がある。

社員さんは嫁いれても3人。

これを数年で追いつき高田さん同様に

オーナー社長なるのは

いくら私がカマタマ命の人間でも

・・・不可能ではないのだろうが・・・・

現実的に不可能である。










私のサポ友人でも

1000億を超える商いをする

カマタマ大好きサポは残念ながらいない。










そもそもそんな人

香川にいないかもしれない。(笑)










となればやはり

相当ハイレベルなビジネスチャンスとして

有名企業が讃岐のオーナーなり

提携なりが進む未来を

待たねばならない。









「結局、宝くじか・・・」と

議論が原点に戻る。












しかし

スポンサーだけであれば

わたしレベルのスポンサーが

1500人集まり

例えば@50万のスポンサーとして加われば

経常収入7億5000万確保できる。










これまた途方もない希望であるが

少なくとも実現の可能性を感じる。











そしてこの数字は

今回、高田社長が長崎に投資した総額に

近いものと推察する。









最終クラブ予算規模が

J1昇格予算規模に合致するからである。










もう一つ

入場収入だが

仮に1万人が毎試合来場し

@2000円×1万人×21位試合開催

= 4億2000万円の売り上げ。

グッズ販売等を足し

収入を5億にしても

それだけでJ1を戦える予算にはならない。











むしろ観客増とは

昇格に向けた地元の雰囲気を作り

広告効果を上昇を得て

更なるスポンサーの拡大を促進

行政を後押しする

追い風としての効果の方が

大きいと考える。











つまり2つを足してようやく

J1定着ライン   14億円

J1残留ライン   10億円

の中間の予算規模となる













四国の爺ちゃん氏が

ブログで可視化されている「夢」

「J1の舞台を満員のピカラスタジアムで!!」という、

第一創業期のサポの

究極で共通の夢でもある願が

かなうのである。












という訳で結論











人に頼むのが苦手なので

1500億のビジネスをこれから私は探します(笑)











一方で手分けして

50万のスポンサー1500人見つけてきましょう。











両方叶えば予算20億を超える。

ACL狙えます。

一気に次の夢にワープできます(笑)







その時はこんなスタジアムになります。

IMG_0600.jpg












にほんブログ村




















イタリアがいないW杯


さぬぴー観戦中

IMG_0609.jpg




朝食をとっていると

速報でイタリアW杯予選敗退の速報











まさかあのイタリアが・・・












ピッチに倒れこむイタリアの

有名選手たち











いつか日本代表が

アジア予選で同じ目に遭うかもしれない。

恐ろしい。









先日真逆の熱狂を諫早で見た。

故に鮮烈なコントラストとして脳に入ってくる。

IMG_0542.jpg










もちろん規模もインパクトも違うが

同種で真逆のエネルギーを感じる。










サッカーとは恐ろしい。










Jリーグの究極の目的は

日本代表の強化。

w杯の成績という物差しを持って

世界との距離計ろうというものである。

Jの存在意義の原点である。











そして

(Vファーレン高田社長風に言えば)

日本代表の活躍を持って

みんなに元気を配ることを

目的としている。











故に

Jは盛んで

人気でないといけないのである。









その巨大プロジェクトの一環として

幅広い裾野の一部として

J2リーグは存在し

その活性化のために昇格・降格制度がある。

そしてその対象に、今我らはなっている。









讃岐サポとしては大事

その存在をかけた戦い。

しかし

日本サッカー100年の戦略の前では

とても些細なものかもしれない。









世界との距離を思うと

気が遠くなって気持ちいい











しかし、ちゃんと世界とつながっていて

気持ちいい









そうリセットしてから

今節の戦いに臨もうと思う。











IMG_0643.jpg









追伸

今日仕事先で女性の方とお話しした際

「カマタマーレはもう最終節なんですか??」

「丸亀は遠くていけません」

「昔降格の危機とか言ってませんでしたか??」

と基本的な事を聞かれた

一生懸命、丁寧に答えた。






世界に比べて

イタリアのW敗退に比べて

我らはまだこの程度である。












いいのだ

1人づつ増やそう。



IMG_0595.jpg











カマタマーレ情報はこちらから





にほんブログ村















プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR