岐阜戦観戦記2

入場直前のスタジアム



さてさて

試合開始30分前

さすがに水分がなくて倒れては仲間たちに迷惑がかかる。

丸亀の試合は自販機を止めているが岐阜のスタジアムは自販機が動いている。

こういう満員の会場では非常にありがたい。

スポーツドリンク2本購入。

朝おにぎりを食べただけなのでうまい。

これで90分は戦える。



自販機で飲み物を買いながら選手アナウンスを聞く

アナウンスには「木島」「高橋」「西野」の名前がない。

覚悟をしていたがやはりさびしい

いや、恐怖だ

早く良くなってほしいと心から思う。


嬉しいことは高木の名前がある。間に合ったのだ。

我那覇もいる。沼田もいる。

新メンバーの奮闘を心から「祈る」


アンドレア、山本、岡村、持留、野口といった主力は健在

安心感が心を満たす。


若武者 藤井、藤田も先発。

将来を背負う若者たちも順調にステップアップしている。


そして守護神「瀬口」

俺たちのゴールを守ってほしい

90分間どうか彼にサッカーの神様の祝福が多からんことを・・・。



ベンチには

イケメン「リョーガコーチ」、ミスターカマタマーレ綱田、秘密兵器福家

讃岐の壁・波多野、ファンタジスタ・大沢、


新加入の高速サイドアタッカー小沢、プロ職人森田GKも控える。



バランス良く配置された現有戦力のえりすぐり達が控える。




新聞紙上がどのような戦力分析をしようがこのメンバーはカマタマーレ史上最強である。

そのことは胸を張って言える。



ゴール裏のサポータ応援はJ初参戦だが胸を借りるつもりでスタンバイ。



多くの新型フラッグで彩れれている。


これはイカス!!最高だ!!




うどん縛りのわがチームにこんな素晴らしいフラッグを考えた仲間に敬服。

私はデザインセンスがないもので本当に感心する。

サイコーにかっこいいと思った。



うちの女性陣はアイデアや豊かで献身的で

いつも観戦を楽しくさせてくれる「ツボ」を心得ている。

秀逸なのはこの2点










応援団も含め「いいチーム」ができたじゃないですか!!

少し誇らしい。


これがJ初見参のオリジナル18戦士

歴史に残る初代メンバーだ




おじいちゃんになったら孫に語り継いでくれるわ!!!(笑)


さぁ・・・行こう!!!



最新のカマタマーレ情報満載のブログ村はこちらから!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村






コメント

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR