われらが聖地は進化中です。




われらが聖地・・・香川県立丸亀競技場


今年はこのスタジアムのみで戦う

残念ながら他にはJリーグ規格を満たす競技場を持たない香川県。


専用野球場は小さな町でも存在するが

サッカー専用球技場を持つ自治体は少ない。

いまだに土の河川敷や学校の校庭が

全国的に見ても大多数の一般的なサッカー少年たちの主な練習場である。


サッカーと野球の歴史の長さの違いを感じる。

正確には職業として成立していた長さというか(笑)


誤解なきように申し上げさせていただければ

私は野球も好きである。


カマタマーレにはまる前の唯一の趣味は「パパさんソフトボール」だった。

ファーストを守り、下位打線を担っていた(笑)

毎週、日曜の試合が楽しみだった。



話を元に戻す。



われらがホームスタジアムは急ピッチで改修中である。

大きくは電光掲示板を新型に変更中。


1998年の全国高等学校総合体育大会の主会場として計画され

2002ワールドカップに対応できるよう設計されていたわがホームグラウンドは

30000人収容規模を誇る。


当時の予算の関係で屋根は大幅に縮小されてしまったがとても立派なスタジアムである。


万が一フォルランがいて柿谷がいるセレッソと対戦することになっても

おそらく前日までならチケットの争奪戦になることはないであろう。(笑)


ガイナーレとの世紀の決戦の時でさえ、

座席確保に足早に急ぐファンの方たちにむかって

「席は充分ございます!!ゆっくりとお進みください~」

と声をかけれるのはいつもありがたいと思っている。

収容人数の巨大さは「たぬきさんのブログの写真」を見てもわかる。

誰もが見たがる「世紀の入れ替え戦」でもバックスタンドのこの余裕・・・・


駐車場の問題はあるが

今年、「キングカズ」が来ても試合開始直前にバックスタンドに家族4人で到着しても

メイン2Fかバックスタンドなら十分固まってすわれるだろう。

(もちろん端の方にはなると思うが・・・)

*・・・「開始直前、スタジアムに到着」ではない。試合開始直前にスタジアムに到着した場合は
     座席に余裕はあると思われますが駐車場渋滞と遠方停車場所か確実で前半の半分は
     見れないことが予想されます。時間の余裕を持ってお越しください。



当然のことではあるがナイター設備もある。

予算さえ許せば夏の暑い時期は常に「ナイター」

夜のお祭りが楽しめる。



2012年 7月のソニー仙台戦

ナイターメインスタジアム



しかし、掲示板だけは20世紀の規格のまま

まだ価格が安い酸化亜鉛を用いた青色発光ダイオードの開発される前に作られた電光板は

初代ファミコンと揶揄されるぐらいその鮮明さと明るさが「残念」であったことは認めざる得ない(笑)



しかし、丸亀市をはじめ行政各方面の努力のおかげで新しくなりつつある

この改修工事風景が冒頭の写真である。

いわゆる「オーロラビジョン」に進化中なのである。


当然サッカーの為のみに改修していただいているわけではない事を理解しているが

カマタマーレ・ファンとしてはうれしい限りである。


昨シーズンJFLに昇格してきたSC相模原の素晴らしい掲示板と

そこに流れるプロモーション映像に感嘆したし

鳥取で見た掲示板もとても素敵だった

映し出されるガイナマンの鮮明さに感嘆の息を漏らしたものである(笑)





更にどうやら座席も改装中に見えた。シートが張られていた。

長椅子の部分を個人座席に改装してJ規格に合うようにしてくれているのか??

このあたりは未確認ではあるがなんいせよサッカー観戦が快適になるならありがたいことである。




追伸

なぜ、屋島くんだりから丸亀まで行ったかというと

「チャント練習」及び「WEB公開用の音源」の収録のため



すでに書きましたが、今年のチャント・・いい!! (・∀・)イイ!!

みんな昇格したときのために心の奥で「温存」してたんちゃうやろか??

・・・と思うほどの渾身の選曲である(笑)


練習中のの風景




公開された「音源」

公開された「練習動画」


某ブログのあの方も書いていたが「100%勇気」は秀逸な作品(ちゃんと)であると私も思います(笑)

たくさん歌わせてくださいね!!!

カマタマーレの若きストライカー

背番号21の継承者・・・「ゆうき」さん

期待してます!!!がんばれ~!!!





最新のカマタマーレ情報満載のブログ村はこちらから!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



コメント

チャント歌詞カード

J2開幕まで、10日を切りましたが、新しいメンバーも加わり、チャントの練習をされている風景をブログで拝見しています(がくおさんの太鼓)
私も、ホームは丸亀競技場で、アウェイはスカパーで応援する予定です。
応援練習にはいけませんが、ブログで事前練習をしたいので、A4サイズのチャント歌詞カードが欲しいので、ブログに掲載して頂けないでしょうか?
よろしく御願いします。
祈るJ1昇格!!!!!!!!!!!!!

Re: チャント歌詞カード

残念ながら私はドラムができません(笑)

ドラムははベテランサポーターIさんとOさんがいつもしておられます。
私はリズム音痴でもっぱら声だし専門です(笑)
歌声はデカく歌えるのですがリズムはさっぱりでして・・・

チャントの歌詞カードをブログの右スクロールに張り付けておきます。
歌詞カード下のアドレスをクリックしてください。
私の「フォト蔵」のページにリンクしています。
A4サイズで見れると思います。


ただ歌詞カードを無許可で掲示してますので
ひょっとしたら怒られてもいけないし
サポーターさんたちに迷惑がかかるかもしれんので
1週間ぐらいで消しておきますね~

ごめんなさい。

それまでにダウンロードしてくださいね

コメントありがとうございました

ではでは・・・



チャント歌詞

お手数をお掛けしました。
早速、歌詞カードとブログを見ながら練習します。
ブログに写ってした太鼓の担当の方は、がくおさんではなかったのですね。(失礼しました)
開幕までの準備が出来たので、3/2(日)の開幕を待つばかりです!
祈るJ1昇格!!!!!!!!!!!!

しんちゃんさんへ

いえいえ
どういたしまして

開幕戦でお会いしましょう~

いよいよ

いよいよ、今シーズンの開幕ですね。
がくおさんも落ちつかないのではないでしょうか。
法政大の森保君の入団が決まり、また、いきのいい選手の入団でチームもレベルアップするのではないでしょうか。
森保君はベガルタ仙台の練習にも参加していたそうで、フィジカルの強い選手だそうです。
J2の試合日程を見たところ9月にアウェーで山形戦があるようで、今からワクワクしております。
山形戦には万難を排して、カマタマーレの応援に行く予定です。
勝ち星を重ね、山形においでください。そして、いつの日か仙台でベガルタとの対戦を見たいと思っております。生粋の仙台人ですがその際は、もちろんカマタマーレの応援席で応援しますよ。

また、コメント入れさせていただきますね。

Re: いよいよ

コメントありがとうございます。
わくわくドキドキの週末を過ごしております。

各専門誌ぶっちぎりの最下位予想に憤慨(笑)しつつも
これで変なプレッシャーはかからずしめしめ・・とも思います。

案外解説者はJFLもJ2下位も興味がない様だったので
昨年JFLを指揮した秋田豊氏の18位なんかが
案外妥当ではないかと考えていたりもします(笑)

これでも弱気とチームサポには怒られそうですが・・・

森保君の情報ありがとうございます。
フィジカルの強いCBは補強の急務なので嬉しい加入です。

秋に山形でお会いできます事楽しみにしております。
コメントありがとうございました。
非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR