fc2ブログ

チケット代金


わたくし

基本「値下げ」は大嫌いである。

最も楽な販売促進方法だと思うから。

自ら価値を低く評価しなおすことに

意味がない。

・・・と思っているところがある(笑)

















A席でもプリメーラでも

その価格以上の興奮や体験あれば

「安いよね!!」となる。










これが本来の営業販売であると思う。











まぁ、きれいごとの正論である(笑)










けど・・・

そうなるべく努力する方がいい









だって半額にして

1.5倍しかお客様が来なければ

収入減である。











その節の総観戦収入の低下は

実観戦者(感染者?笑)数が伸びていても

経済原理上では観客「減」である。








あくまで

その波及効果や

宣伝効果を度外視した

入場収益だけの話ではあるが……。











言い換えれば

値段を倍にしても

今の観客の内

55%が残れば収入増

経済学的には観客は増えたことになる。









ネズミの国はここにシビアである。









見習ってもいいと思う。











ただ逆説的な見解に

最近触れた。











その方の承諾を得ていないので

詳細にはかけないが

カマタマーレの収入構造を

分析した場合、

いや

Jクラブと置き換えてもいい

観戦収入に対して

スポンサー収入が2倍という数字が出ている。










サッカーという興行は

スポンサーにお買いいただく

広告収入で

66%は成り立っているともいえる。








極論すれば

TV地上波と一緒。

視聴者からの収益より

視聴率に基づく広告収入で賄われる。








これに近い。












毎試合1万人の讃岐人に

私達の会社のマークを見てもらえるなら

「年間2億だしても安い!!」

というスポンサー様が現れたとする。

そして全席500円に値下げすれば

1万人を常に動員できる確信を得たとする。









こうなると話は変わる










観戦単価 @1500

×平均来場3800人

×21試合

+ 5000万円の胸スポ代

で1億7000万を得るより

(@500×1万人×21試合)+2億=

3億500万を得る方が得!!!













という計算が成り立つ









堂々と500円に

全席を値下げをすればいい。









まぁ









都合よくそうはいかないと思う








1万人来るなら2億出すスポンサーが現れて

ようやくこの経済的に観客「減」である

値下げを受け入れることが可能と言う。



そして必ず500円払える人

1万人集めねばならない,

・・・これだって結構、

ハードルは高い。











さらにスポンサーに撤退されたら

「1500円に戻します……」となれば

一気に観客は減るだろう。











とても経済原理とは

難しいものである。









今は年パスが

「値下げ役」を務めてくれている。






まずはやはり

今の値段で様子を見るのが

賢明かもしれないなぁ・・






にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村


コメント

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 




コチラから




2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 


いつか出会う未来の仲間たちへ


暑苦しく独断と偏見入に満ちた

私の素直な感情を書いています

(笑)

そこに探しているモノの匂い

感じたなら

是非スタジアムに来てください。

いつまでも大歓迎です。



カマタマーレ讃岐サポーター 

がくお








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR