ガイナーレ鳥取観戦記 その13 果てしなき死闘2



カマタマーレという艦は傾き始めた傾斜を復元しつつあった。


そしてガイナーレはここにいたり天羽の守る右サイドへの攻撃に固執しなくなった。



「復元した艦はその速力を落すだろう」という読みか??

この場合、速力とはカウンターの事であり、

何かを捨ててDFシステムを再構築したならそれは間違いなく攻撃のオプションである。

ガイナーレはほぼ自陣のゴールを脅かされることなく攻撃に専念出来ることを確信したのだろう。


そして事実そうなった。


彼らはむしろ力づくで攻め落とせばいいわけで攻撃はシンプルになった。

シンプルな分、力強く、鋭く、危険だ。



ガイナーレの攻撃でここまで脅威となっていたパターンは大きく分けて2つ。

長身で強い13番久保選手が前を向き26番永里選手にラストパスをする場合。

10番実信選手が22番森選手を使い左サイドを突破する場合。

あるいはその複合。


しかし、天羽投入後、その戦略は13番めがけてのパワープレーに一本化されたように感じた。

格上にここまで開き直られると10人のウチは苦しい。

つまり駆け引きや奇襲・経験からくるアドバンテージではなく

サッカー選手としての本能的なスペックで勝負を挑まれている。

力づくでゴールをこじ開けることに徹してくる。

能力が互角としても「ただの10対11の戦い」に引きずり込まれる



ガイナーレはサイドエリアからあるいはセンターサークル過ぎたあたりから

早めにそして執拗にロングボールをけりこんでくる。


野球でいうフライとライナーの中間ぐらいのハーフスピードのボールを

長身のストライカー13番めがけて「ほうりこんで」くる。


制空権を渡せばそのままゴールにたたきこまれる。

天羽が野口が藤井がその都度ジャンプしてクリアーする。

また、そのこぼれ球を拾われてもピンチだ。

岡村や持留が必死に回収しクリアーする。


しかし天羽投入の10分後ついに決定的なチャンスを作られる。


カマタマーレ左翼を突破したガイナーレ右サイドアタッカーが中央にクロスを上げる。

センターで待ち構えていた13番が野口・藤井を撥ね退け

ガイナーレから見た左サイドに流す。

競り勝ったボール回収の為、天羽も中央寄りにポジショニングしていたため

左サイドにぽっかり大きなスペースができる。


そこにやわらかく弾んだ絶好のルーズボール

猛然と突っ込んでワントラップするゼッケン26番永里選手。

その前に立ちはだかるものは何もない。



ゴール裏から見ていても失点の瞬間は分かる

瀬口が大きく手と足を拡げその脇をボールが転がればだいたい次の瞬間ボールはネットを揺らしている

「あ~あ~きゃぁぁぁあああああああ!!!」

ゴール裏に悲鳴が響きわたる。


誰もが失点したと思った。目をつぶりそうになった。


しかし次の瞬間

信じられないことにキーパーの横を通過したボールはカマタマーレDFの足により弾き返されているされている。

(あとでTVで確認するとキーパーの後ろで野口がライン上で防いだようだ)

しかしそのルーズに22番が対応しようとしてボールに合わず、

更にその後ろからは怒涛のごとく迫ってくる13番。

藤井が体を投げ出すようにそのコースをふさぎ13番の自由を奪う

かくしてボールは最も危険なPKエリアを出た。


野口が凄いのかDF陣が決死のプレーなのか神様がそこにボールを転がしてくれたのか?????


ゴール裏では

「あぶねぇねねねえええええ!!!!!(震え声)」

と周りのみんなと顔を見合わせ、胸をなでおろす。



その直後に北野監督は2枚目のカードを切る。

キャプテン西野の投入

下がるのはこれまで最前線ワントップでDFに奮闘してきた木島

西野はFW登録であるが最近はDFで最終ラインを統率する。




どちらだ・・・・??

監督の意図を知りたいと思った

たぶんみんな思った。

そしてそれは投入直後にすぐ分かるものであった。


時間は後半20分になろうとしていた

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村




コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 有難うございました

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

今年もカマタマーレの応援よろしくお願いします。
ブログにコメント頂きありがとうございました。

またお会いできる日を楽しみにしています。
非表示で頂きましたのでお返事内容には触れずにさせて頂きますね。
お返事遅くなり申し訳ありません。

またコメント下さいね
非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017カマタマーレ選手チャント
2017カマタマーレ選手チャント posted by (C)がくお



2017カマタマーレチームチャント
2017カマタマーレチームチャント posted by (C)がくお




ブログサブタイトル 

香川にはカマタマーレとサイコーの週末があります。




カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから




2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 




どうも!!香川県に住んでる社労士です。私は働く人と社長さんの素敵な関係を作るお手伝いしています。


いつも思うのですが香川の若い人は都会に行きたがり、残る人は故郷が好きではないように見えます。大人は割り切ったふりをして、代わりに休日の充実を捜す。そして打ち込むことがないと嘆く人います。


本当はみんな「香川大好き」なんです。「誇り」と思っているのです。


ただ・・どう表現していいいかわからない。だから「地元が嫌い」と錯覚したり、余暇の過ごし方を迷い、打ち込むことが見つからないのです。


対照的に健全に痛快に郷土愛を表現でき、充実した余暇を過ごす人たちがいます。それは香川100万人の中で、たった3,805人です。



・・・ですが確実にいます。



そう、我らカマタマーレ・サポーターです。


サポーターとは応援する怖い人たちの事ではありません。ゴール裏で飛び跳ねる人たちの事でもありません。青色のユニフォーム着ている人たちの事でも、遠く県外まで応援に駆け付ける人の事でもありません。



ただ「香川が好き」「故郷が好き」・・それが心の真ん中にある人たちのことです。その人たちが郷土の誇りとなって闘うサッカーチームを応援した時、サポーターになるのです。




もやもやして毎日を過ごしている方、イライラして会社に行っている方、人生退屈と悟り気味の方、打ち込むことがほしいと渇望している方、


後悔させません。



あなたが香川で探しているものが「ここに」あります。一度見に来てください。そしてちょっとの勇気で私たちに話しかけてくださいね。いつまでもいつまでもお待ちしています。




もちろんサポーターだけがクラブを応援する訳でもありません。ボランティアとして活躍してくれても同じ。何時でも大歓迎です。



あるいは「香川県を盛り上げたい」と願う社長さんは大小さまざまなスポンサードの仕方あります。ぜひ一緒に盛り上げていただけたらと思います。


そのきっかけとなるようこのブログを書きつづります。


すこし暑苦しいかもしれないけど少し独断と偏見入るかもしれないけどその時そこにいた私の素直な感情をつづる事お約束します。

そこに自分の探しているモノ見つけたらその匂い感じたなら是非スタジアムに来てください。


いつまでもお待ちしています。


いつか出会う未来の仲間たちへ


カマタマーレ讃岐 とあるサポーター がくお








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR