FC2ブログ

高田社長と俺らの差

長崎の昇格を見て

極端な話

われら讃岐がJ1に行くにはジャパネットクラスの

責任企業が必要なわけである。











そんな社長の降臨を

宝くじあてるがごとく

祈り願っていても

訪れないと考えた方がいいだろう。









となれば

我らの中から

讃岐背負って戦える人を探す・・・

あるいは作り出さねばならない。










あの人の基本スペック

ジャパネット代表を退いたとはいえ

社長在任時の総売り上げは1500億を

ゆうに超えていたものと思う。

従業員数も数百人











私事で比較するとであるが

社労士で1億売り上げる事など夢のまた夢

その夢かなってもなお1500倍以上の差がある。

社員さんは嫁いれても3人。

これを数年で追いつき高田さん同様に

オーナー社長なるのは

いくら私がカマタマ命の人間でも

・・・不可能ではないのだろうが・・・・

現実的に不可能である。










私のサポ友人でも

1000億を超える商いをする

カマタマ大好きサポは残念ながらいない。










そもそもそんな人

香川にいないかもしれない。(笑)










となればやはり

相当ハイレベルなビジネスチャンスとして

有名企業が讃岐のオーナーなり

提携なりが進む未来を

待たねばならない。









「結局、宝くじか・・・」と

議論が原点に戻る。












しかし

スポンサーだけであれば

わたしレベルのスポンサーが

1500人集まり

例えば@50万のスポンサーとして加われば

経常収入7億5000万確保できる。










これまた途方もない希望であるが

少なくとも実現の可能性を感じる。











そしてこの数字は

今回、高田社長が長崎に投資した総額に

近いものと推察する。









最終クラブ予算規模が

J1昇格予算規模に合致するからである。










もう一つ

入場収入だが

仮に1万人が毎試合来場し

@2000円×1万人×21位試合開催

= 4億2000万円の売り上げ。

グッズ販売等を足し

収入を5億にしても

それだけでJ1を戦える予算にはならない。











むしろ観客増とは

昇格に向けた地元の雰囲気を作り

広告効果を上昇を得て

更なるスポンサーの拡大を促進

行政を後押しする

追い風としての効果の方が

大きいと考える。











つまり2つを足してようやく

J1定着ライン   14億円

J1残留ライン   10億円

の中間の予算規模となる













四国の爺ちゃん氏が

ブログで可視化されている「夢」

「J1の舞台を満員のピカラスタジアムで!!」という、

第一創業期のサポの

究極で共通の夢でもある願が

かなうのである。












という訳で結論











人に頼むのが苦手なので

1500億のビジネスをこれから私は探します(笑)











一方で手分けして

50万のスポンサー1500人見つけてきましょう。











両方叶えば予算20億を超える。

ACL狙えます。

一気に次の夢にワープできます(笑)







その時はこんなスタジアムになります。

IMG_0600.jpg












にほんブログ村




















コメント

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 



IMG_1337.jpg






2020シーズンチャント準備中です。




ブログサブタイトル 

香川にはサイコーの週末があります。




カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから




2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 


いつか出会う未来の仲間たちへ


暑苦しく独断と偏見入に満ちた

私の素直な感情を書いています

(笑)

そこに探しているモノの匂い

感じたなら

是非スタジアムに来てください。

いつまでも大歓迎です。



カマタマーレ讃岐サポーター 

がくお








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR