fc2ブログ

強者供が夢の…



強者供が夢の跡

諫早のビジネスホテルで

9時頃眼を覚ます。

慌てて着替え駅に向かう










そこには昨夜2万人を集めた駅とは

思えない穏やかな人通り








唯一、工事現場に何枚も貼られた

このポスターが

昨日確かにJ1昇格かけた闘いが

あった事を証明している。









これがなければ

まるで別の街にいるような錯覚。

穏やか日常の時間が流れている。




昨日のハーフタイムの花火

演出とはいえ別世界の感覚があった。













多くネットで語られているように

J1昇格はゴールでなく

昨日の熱気、注目、感心

そして郷土愛をいかに長く継続できるか

これが長崎さんの目下のテーマだろう。












毎試合2万人が訪れるスタジアム

夢のようだが

J1リーグでは標準かもしれない。










そして、長崎なら叶うかもしれない。












ジャパネットを率いる

高田社長のインタビューを

電車待ちの時間に読む。





そこには

Jクラブの経営哲学が語られている。











何のためのビジネスか

何を目指したビジネスか











ミッションは

ジャパネットと同じなのだと












大人に元気を与え

子供に夢をあたえ

それが社会に活力を与え

そして人々を幸せする。









サッカーを商品と置き換えれば

Vファーレンもジャパネットも

提供しているものは同じなのだと












商品やサッカー観戦は

その媒体に過ぎないと。












カマタマーレ讃岐は

まだまだ小さい。

J2でビリの観客動員数。

予算規模も歴史もまだまだ












高田社長から

我らはどう映るのだろう。











だが、

彼に助けてほしいとは思わない。

彼に支援してほしいともおもわない。

讃岐は我らの郷里のクラブだ。












ただ彼が経営難に苦しむ

J2下位クラブに残してくれたものがある。

Jクラブの支援はとても意義深い。

財務諸表にはのらないが

あるいは負債と見える事もあるが

企業価値高める

素晴らしきコンテンツであると言う事

日本中に知らしめてくれた。








さぁて

我らもまた歩き出しますか。

いつか彼と

クラブ経営の素晴らしさ

熱く話し合える日を

夢見て。




















にほんブログ村

コメント

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 




コチラから




2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 


いつか出会う未来の仲間たちへ


暑苦しく独断と偏見入に満ちた

私の素直な感情を書いています

(笑)

そこに探しているモノの匂い

感じたなら

是非スタジアムに来てください。

いつまでも大歓迎です。



カマタマーレ讃岐サポーター 

がくお








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR