FC2ブログ

アウェイ長崎戦 観戦記




さよなら長崎。

おめでとう長崎。

一年で帰って来ちゃダメだよ。

そう言い残し多くの讃岐サポは

トラスタを後にした。

ある者は歓喜に沸く長崎のゴール裏へ

大声で叫び。

ある者はボランティアスタッフに

渾身の笑顔と共に












周辺のゴミを拾い手渡す際にわたしも

歓待の礼と共にボランティアに

そう告げる。









讃岐は抵抗した。

必ずボールが転がって来ると信じ

長崎DFラインの裏側を

執拗なまでに付いた。

アレックスが馬場ちゃんが

奮闘する。









先制許した後も

「大丈夫だ、必ずチャンスは来る!!」

「我慢して、シンプルにシンプルに!!」

「大丈夫!出来てる!うちのペースだ」










懸命に選手を励まし

劣勢を感じさせないテンションで

闘いつづけた。










後半、その思い結実させる。

ついにアレックスと馬場ちゃんは

長崎DFラインを突破

あげたドンピシャクロスに

徹也が合わせる。








揺れるゴールネット

歓喜爆発する讃岐ゴール裏。

一通りまわりと抱き合い

ハイタッチ交わすと


長崎ゴール裏に

「見たか!!長崎!!」

と大絶叫。

その瞬間のブレブレ写真














しかし、長崎の昇格にかける思いは

我らの情熱を上回る。












10分後に勝ち越し弾浴びる。











しかし、これで諦める讃岐ではない。

再び追いつく事、

いや、逆転まで信じ

渾身のチャント繰り出し

抵抗続けた讃岐サポ。










いや、一瞬、女神は我らに

微笑みかけたのだ。












同点直後に

更なる猛攻を継続し

長崎を押し込む。











我らに勝利を

勝点3を

残留戦線からの脱出を

女神が自ら手渡そうとした時間

確かにあった。












彼女もまた、今日の結末を

決めかねていたのかもしれない。











ただトラスタに駆けつけた2万2千の

大観衆は女神を引きつけ

彼女の躊躇した

最初のシナリオを

最後まで書き綴る背中押した。

もはやそう思わざる得ないぐらい

長崎のシュートははことごとく

讃岐のゴールを貫いた。








猛攻と防戦












その祝福はほぼ長崎に降り注ぎ

讃岐には試練を課す。












2点のビハインド

それでも1点返せば尚混沌を作り出せる

その混沌が例え1分でも

まだ可能性残せると戦った讃岐サポ


結末は何も変わらなかった。

しかし、何も恥じぬ闘い




それだけは胸張って言える。










トラスタに集いし100数十名の

サポーターの皆さん。

胸張って讃岐に帰ろう。








我らの闘いはまだまだ続くのだから。









おつかれ様でした。






最後に万感の思い込めて


おめでとう長崎。

その瞬間に立ち会えた事

その最後にたちはだかれたこと。

我らはいつまでも誇りに思います。










素晴らしきかなJリーグ。













にほんブログ村

コメント

お疲れさまでした。

2万2千人ですか!
我々の丸亀の5試合分以上ですね。
確か長崎さんも観客動員はかなり悩まれてたと記憶してます。
私の記憶には、濃霧で中止になったJFL時代の無駄足訪問が思い出されます。
さて、長崎さんの話はこのくらいにして、我々は残留死守の最後の大一番で頑張らんとアカンですね。
私は残念ながら最終戦行けませんが、身代わりに70過ぎの元気な母親に行ってもらいます。

無事な帰還を!

がくおさん

昨日は遠路長崎まで行かれた100名近くの讃岐のサポーターの皆様お疲れ様でした。

私は同窓会があったので、同窓生との懇親を楽しみましたが、どうしても讃岐の試合状況が気になって、途中で事情を話し退席しマイカーでPVの会場に向かいました(飲酒はしませんでした、、笑い)

PVの会場に向かう途中に携帯で試合状況を確認すると1-1でしたので、もしかしたら逆転勝ちしてくれるかと期待していましたが
いざPV会場に到着すると歓声が聞こえず静まりかえっていたし、いつもより人数が少なかったのでどうしたのだろうと思っていたら
1-2で長崎が勝ち越していました。

その後、3点目が長崎に入ると徐々にPVにいた方々の少なくなり残念でした。

出来れば、最後まで必死で闘っている選手及び精一杯応援してくれている現地サポーターの為に試合終了まで試合を見届けて欲しかったです。

次節の名古屋戦は今シーズン最後の試合になりますので、讃岐のサポーターは今シーズン精一杯頑張ってくれた選手に感謝をする為に多くの方々にピカスタに来て欲しいです。

昨日、J1昇格を見せられた長崎戦の悔しさは選手もサポーターも絶対に忘れることなく
今度は来シーズンJ2で5年目を迎える讃岐がJ1昇格してくれることを節に望みます!

がくおさんはじめ遠路長崎まで応援に行かれた方々の讃岐への無事な帰還を願っています

馬場ちゃん、キジテツのホットラインで追い付いたときは、行けるって思ったんですけどね...
長崎さんの昇格にかける執念がまさったのかなんて思ったりして。
泣いても笑ってもあとは最終節のみ、どうせなら笑って終われるように頑張りましょう!

Re: お疲れさまでした。

応援から戻り2日経ちました。

まぁ、夢の中の出来事みたいで。
確かに昇格を見送る残念さはありますが
2万を超える観衆の前でカマタマーレが試合をするという事は
ある一つの夢かなった感じも致します。

わたしも霧のかきどまり競技場を思い出しました。
島原競技場も思い出しました。


あのVファーレンさんが立派になりました
うらやましいですが素直に喜びたい

そしてわれらは我らの戦いを続けますか
まずは今週
絶対残留圏内確保ですねぇ~~~


コメントありがとうございました

ではでは・・・

Re: 無事な帰還を!

無事に帰りました

ありがとうございます。



まぁ。。

同窓会を抜けて応援

とてもうれしいです。

同窓生の皆さんにも強烈なインパクト。

いや、カマタマーレの宣伝になったのでないですしょうか。



楽しみにできるもの、熱中できるものがある人は

惹きつけられますし、カマタマーレそのものにも興味持っていただけると思います。



是非その話をブログネタとしてご披露いただけたら

楽しそうですね。


問題なければお願いいたします。


さぁいよいよ最終節

よろしくお願いいたします。




ではでは・・・


Re: 山雅サポ様

いやぁ・・・抵抗したのですが・・・

本当に勝てるかもと思う時間もあり・・・・



しかし、長﨑さんは強かったです。

J1への執念ですね、おっしゃる言葉がぴったりです。



長﨑さんをJ1へお見送りしてきました。



2011年のJFL組はもうみんな立派で・・・

我らは少し置いてきぼり感あります。



金沢さんも1年目は快進撃だし

松本さん長﨑さんはJ1経験クラブになるし・・




我れらも頑張ります

まず今週の自力残留。



その次に松本さん、ヴェルディーさん、徳島さん、そして千葉さん

注目しています。



松本さんに「ご武運」ありますように!!!


ではでは・・・
非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 



IMG_1337.jpg






2020シーズンチャント準備中です。




ブログサブタイトル 

香川にはサイコーの週末があります。




カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから




2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 


いつか出会う未来の仲間たちへ


暑苦しく独断と偏見入に満ちた

私の素直な感情を書いています

(笑)

そこに探しているモノの匂い

感じたなら

是非スタジアムに来てください。

いつまでも大歓迎です。



カマタマーレ讃岐サポーター 

がくお








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR