ガイナーレ鳥取観戦記 その3 試合開始1時間前の風景

スタンバイ

この日の観客は6313人

丸亀よりさらに500人程度多いお客さんの入り。

ごらんのとおりスタグルの前は行列!!


しかも天気崩れそうな予感・・・

それならば装備品も変えねばならず

ゴール裏のお手伝いも増す



う~ん

スタジアムグルメはあきらめた。




奇跡的にも購入できたかーちゃん

購入したものはこれ

「鹿の肉バーガー!!!」

正式名称 いなばのジビエバーガー

スタグルしかバーガー

これは野性味あふれるバーガー!!!

食べておくべきだったか??(笑)



ほかにも遠方在住のベテランサポKさんが

大山がいなバーガーの捕獲に成功

大山ハムが提供する「まさに「がいな(大きい)」サイズのバーガー。

ふっくらジュシーなドイツ風ソーセージは抜群の旨さ!」らしい

写真撮り損ねた(笑)リンクします

これもうまそうだった。



さすがにゲーフラなんかも新型が続々お目見え

これなんかもはや市販品のレベルである。

どおやって作ったかは製作者さん名誉のため書くことはできないが(笑)


ゆにーくなげーふら1


これなんかは愛情あふれますな~

すごいゲーフラ

体を張ったゲーフラはこちら

サンタさんお袋にはJ2の文字が!!!!

ありがとう!!!

さんた

各々がこれまでの思いを込め準備した

まだまだいっぱいあったが私のカメラで納めることができなかった。

みなさん、盛り上げてくれてありがとう!!!

TVでたくさん拝見しましたよ~




入場後荷物を置き選手バスのお出迎え!!とおもったら「すでに到着済み」との連絡がはいる。

少し落胆してゴール裏でたたずんでいると聞きなれたチャントを歌いながら行進してくる集団あり

バスをお出迎えしていたCLさんドラムさんに率いられた先乗り自家用車隊の皆さんだ。


後援会の鬼誠会さんバスツアー2台のメンバーもすでに到着。ゴール裏に入っている

ここでついにカマタマーレ史上空前の大遠征部隊が集結を完了した。


何しろ初めて来たスタジアムだ。

横断幕の設置やメッセージ幕の作成ブルーシート設置など

ゴール裏はハチの巣をつついたような状態が続いていた



しかし応援陣地構築の喧騒の中

大人数の青いサポーターに囲まれた気分は

何とも心地よいものである。


スタンバイ3


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村





コメント

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR