たどり着いた204人 アウェイザスパクサツ戦観記




今節、何が大変って

「現地に駆けつけ背中を押す」という

基本的愛情表現が

死ぬほど大変だった事である。


だいたいお盆休みのど真ん中

高松から群馬を

公共交通機関で往復しようとなる企ては

田舎者の私にとって

増水した川を

泳いで往復する様なものでる。

何があるか想像も出来ない。

スリル満点な旅である。


試合前三時間に私は高崎に到着。

ホッと一息。


その間、食事どころか

水さえ補給できなかった。

単純に駅構内売店は長蛇の列

車内激混みでワゴンサービス無し故の

結果だかこれは想像もしなかった。

開き直り

兵は神速を持って尊ぶと

泳ぐように構内を渡り、

狭い自由席を確保しながら

高崎を目指した。


「やれやれ」

ホッとしてスマホに目を落とす。

WEB上でも続々と

「我、到着」の報せがある。


しかし、

「高速の渋滞で動けない」なる叫びもあり。

:(;゙゚'ω゚'):


いやーこれは極めつけである。

ここまで来て試合が1分も見れないなんて

気の毒過ぎる。

しかし、助けに行くわけには行かないから

無事到着を祈ってあげつつ(笑)

スタジアムを目指した。

(どうにか間に合ったみたい、ホッとした。)

まさにサバイバルである。



各進行ルートの分ドラマがあった。

204人分の冒険の書が作られた。

各々のつぶやきで紹介されている。

こう言うのを眺めるのも

アウェイ遠征の楽しみである。

204名を示すゲートカウンター




その旅路の果てで

みな「勝ち点3」という財宝を手に入れた。

それを各々リュックに詰め込み

誇らしく讃岐に持ち帰れる。

結構、幸せな冒険だったと言える。


幸運な204名の冒険者達は

各々その幸運に感謝の宴を開く。

前橋駅の居酒屋はカマタマーレのサポさんが

あちこちにいたらしい。

地の名物と地酒で賑わったらしい。

私も上州牛の牛タンを頂いた。

楽しい宴だった。




そして今日

各々が来た道を引き返して行く。

いや、いまはその最中だろう。

そして16日に土産話と共に

また、再会する。


みんな気をつけて

無事に帰るまでが「アウェイ遠征」です。

今日の土産は痛まないからゆっくり安全に。



追伸

今、新幹線の中です。
乗車率100%の車内で幸せな疲れのなかにいます。








試合前清掃ボランティア登録はこちらから

下記のアドレスに「からメール」を送信してください。

アドレス  35934711@ra9.jp

案内のwebアドレスがおくられてきます。

そのWEBサイトよりご登録ください。

たくさんお方のご登録よろしくお願いします。

もちろん登録だけしてボラはできる日だけでokです!!!


あくまで試合前任意に1時間程度お掃除をしてくれるボランティアさんの募集です。



カマタマーレ 正式ンティア  設営・1日のお申し込みは別です。

正規ボランティアのお申込みは公式ホームページからお申し込みくださいね。







色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村


コメント

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR