ホーム 水戸戦観戦記 



勝利した際の儀式

シュラシュシュシュ・ラインダンス。

その開始をみんなで待つ。

本日の殊勲賞、先制点を奪った馬場ちゃんを待つ。

彼はインタビューを受けていたので一人遠方にいたのだ。

今日カマタマーレは2月ぶりの勝利を得ていた。


足を引きづりながら輪に加わろうと懸命に走る馬場ちゃん

ああ・・もうそんなに走らなくていいから・・・

ゆっくりでいいから・・・・

そんな思いにとらわれるのは私だけではなかったかもしれない。

そして選手・サポともに勝利のラインダンスを楽しんだ。



私自身は久々のピカスタであったが

観客目線でいろいろ観察してみた。

面白い発見がいっぱいある。

再確認ともいえるが(笑)


やはりスタンドは見やすい。

他スタジアムで多い「ゴール裏観戦」より

ピカスタのバックスタンド観戦は

はるかに試合展開がわかる。

劣勢優勢はっきり時間帯で感じれる。

私のような戦術素人でもとてもわかりやすい。

良くできたスタジアムである。


スタジアムでの飲食・グルメについて

名物のカマッシュを飲んでみる

はじめて飲んだ。(笑)

恥ずかしながら「アルコールあり・なし」があるのを知らず

危なく飲酒運転するところだった(笑)


しかし、スタグル名物として

ネーミングも

見た目も

大人も子供も楽しめる。


もう一つの名物カマコロと

売店が近いので

新規の方にはこの2つはオススメのメニュー

そして常連には定番のスタグルになっている事と思う。


IMG_9908.jpg

空間演出について

アウェイゲートでよく見かけるが

初観戦の方はマッチデープログラムをとても物珍しがる

まるで映画のパンフをもらった様に大切にしてくれる。


今日はそこに一つのメッセージが書いてある。

大きな字で「ココロをひとつに」

これを読んで「おおお・・・・」とこみあげてくるものがある。

新規さんでも同じではなかろうか。


更に入場口にはコレ

IMG_9905.jpg


もはや勝敗を超越したサッカーへの愛情が感じられる。

スタジアムとサッカーへの愛情やワクワクを感じられる弾幕である。



選手入場の際には

「夕日」

「ナイター照明」

「デザイン多彩なゲーフラ・タオルマフラー」

「瀬戸の花嫁の歌声」

素晴らしい空間。

無料配布されたうちわを仰ぎながらその風景を眺める。

もうこのあたりで村井チェアマンの目指す「非日常」がふんだんに演出されている。

IMG_9916.jpg

大いに盛り上がり

今節は勝利して

試合後は歓喜のセレモニー

うん

やっぱりカマタマーレのホスピタリティは向上し

イベントとして成熟してきている

やはり「香川のJ」を絶やさず盛り上げていきたいと思う。



最後に今日の試合展開で

握手し、声をそろえ歌い、選手を後押しした

周りの仲間たちに感謝したい

もちろん今日初めてお会いした人たちばかりである

次節の再会を約してお別れしたが

実はなかなか再び会う事は少ないのだが・・・


その中で私の前に座る小学生男子のサポさんとは

2度抱き合い

何度もハイタッチして大喜びした。

彼は近所に住んでいて

驚くべきことに

いつも一人で応援にきているそうである。

感心してその事に感謝し

帰宅道中の無事を心配しつつ

次節ホームゲームでの再会を約した。



カマタマーレのホームゲーム

イベントもグルメも観戦環境もサポーター達も

大きく強く成長してきている事を感じた


やはりカマタマーレは

もっともっと大きくなる

そのポテンシャルはある。

そして香川県には必要不可欠なものである



その事がわかっただけでも

私はまた裏方で頑張ることできる。



みなさん、これからも大いに楽しみ

そして選手を支えてあげてくださいね

















試合前清掃ボランティア登録はこちらから

下記のアドレスに「からメール」を送信してください。

アドレス  35934711@ra9.jp

案内のwebアドレスがおくられてきます。

そのWEBサイトよりご登録ください。

たくさんお方のご登録よろしくお願いします。

もちろん登録だけしてボラはできる日だけでokです!!!


あくまで試合前任意に1時間程度お掃除をしてくれるボランティアさんの募集です。



カマタマーレ 正式ンティア  設営・1日のお申し込みは別です。

正規ボランティアのお申込みは公式ホームページからお申し込みくださいね。







色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村



コメント

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR