コードブルー

巷の人気ドラマの意味を検索すると

コードブルー宣言とは

院内にいる医師の緊急招集の隠語である。


もちろん緊急事態が発生したために宣言される訳だが

その場合、専門診療科目は関係なく総ての医師に招集をかけるそうである。

なぜ担当医を招集せずその場にいる医師全員を集めるか??

一番の理由は「患部ととその原因が分からないから」だそうです。


専門性ある総ての医師が呼集され

エマージェンシーに立ち向かい患者を救うそうです。



コードブルー



今カマタマーレに起こっていることが信じられない

そして何が原因なのか

私なんぞでは皆目見当がつかない。


サポーターは基本善良で前向き

ボランティアは親切で献身的

運営は休みも取らず最大限取組んでいる。

スポンサーだって増えている事と思う。

行政の支援も年々厚くなっている事と思う。

ユースチームは順調に育っている。

現場戦力はどのクラブもほしがる選手や

J1で活躍したベテランがピッチ・ベンチに揃い

ブラジル人助っ人も実績実力充実。

若手の台頭も感じられる。

監督の戦術も効果的に機能していると私は思っている。

間違っているとは思えない。


それでいて今はまさにクラブの成績は緊急事態である。


一つは「練習環境」

これは間違えないだろう。

練習場を持たないことが

選手の疲労を蓄積し

けが人を作りだし

モチベーションを削っていることは理解できる。

しかし

これはカマタマーレという急患の原因の一つに過ぎないのかも??

・・・・・という恐怖もある。

脳内出血が起こっているが外傷で派手な裂傷や骨折に目が行き

そこを見落としていないか心配である。


練習場だけではないという中心選手のコメントやリリースを目にした。


開幕して5月も立った。

ここまで勝てないのは明らかにおかしい。


カマタマーレ・コードブルー宣言


みんな目を見張り、耳を澄まし、触って、感じて、考えて

今カマタマーレを苦しめているものを探そう。


けっして、誰かにその責任を押し付けたいのではない。

みんなで気が付かない何か恐ろしい原因を

早急に見つけ出そう。

サポには実世界でそれぞれ中心選手として活躍されている方達ばかりと思う。

その専門性を持って何か気が付いたことがあればシェアしてほしい。

「私なんか・・・」と思わず、

今まで生きてきて

見て聴いて

体験したことでこの事象と同じものがあれば教えてほしい。



社労士や人事コンサルとして考えられる事象は・・・・


例えば

商材が優秀で

営業マンも経営陣も優秀

販売戦略も合理的でも

「売れない事」はある。

その原因は

①明らかに組織のコミュニケーション不全

 指揮系統が混乱しているか

 巨大派閥が対立して硬直させているか

 決定的な信頼関係に破たんが生じているケース

②売りたい商品に対する明らかなる知識不足・勉強不足あるいは愛着不足(拒絶反応)

③その両方


大変恐ろしいことであるが

口にしたくないが

それはチーム内で不協和音が大きく

一つにまとまれていない事を示す。


けれどもしそうなら

もはや私達ではどうしようもない

これは当事者の問題で

他者の問題に介入する第3者が

事態をより複雑にしてしまう事は避けたい。


もしそうなら、

残念ながらそう言う病に侵されているなら、

我らは歯を食いしばり見守る。

当事者同士が胸ぐらつかんでもその戦う気持ちと戦略を統一し

お互いを確かめ合ってくれるまで

その場で待ち続ける。

いつまでもいつまでも待ち続ける。


現場のみんながその過酷な坂を上ってくるまで

血の涙流しても座して待ち続けよう。

その結果J3に降格しても受け入れよう。


コードブルー


私以外の見立てもぜひ教えてほしい

今我らは何の病に侵されているのだろう・・・・


私は練習を見に行ったこともなければ

その雰囲気も知らない

とても見当はずれで意味のない

更には害悪な記事を今日も書いてしまったのかもしれない。

その心配が大いにある(汗)

だからいろいろな意見が効きたい

皆さんよろしくよろしくお願いいたします。




少し深刻なブログを・・・・

けど・・だからこそ愛してるよ!!

私はカマタマーレの総てを!!!










試合前清掃ボランティア登録はこちらから

下記のアドレスに「からメール」を送信してください。

アドレス  35934711@ra9.jp

案内のwebアドレスがおくられてきます。

そのWEBサイトよりご登録ください。

たくさんお方のご登録よろしくお願いします。

もちろん登録だけしてボラはできる日だけでokです!!!


あくまで試合前任意に1時間程度お掃除をしてくれるボランティアさんの募集です。



カマタマーレ 正式ンティア  設営・1日のお申し込みは別です。

正規ボランティアのお申込みは公式ホームページからお申し込みくださいね。







色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村


コメント

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR