味スタへ

7位のヴェルディ相手

彼らは熾烈な昇格争いの中にいる

彼らのとって最下位と変わらない讃岐は取りこぼしの許されない相手だろう。

讃岐は4連敗中、ここまでわずか2勝

対するヴェルディは

直近3試合勝なしだが

なんとしてもプレーオフ圏内に踏みとどまりたい。

対讃岐戦は

「勝たねばならない」

「負けること許されない」

となる。


くやしい


讃岐の現有戦力は過去最高だと思う。

8年で作り上げてきたチームは完成の域に達している。

つまり歴代最強のカマタマーレである。

それがカモ扱いされている事

どうにも屈辱的である。


今、われらに希望の光がない。

例年の様に21位に入替戦があれば

そこで踏みとどまることもできよう。

しかし、有無を言わさぬ下位2チーム降格レギュレーションに変更された。

先日敗れた山口に勝ち点差6を

残り19節で追いつき追い越さねばならない。

この際は不確定なJ3の動向は考慮から外す。


先週の敗北に対して修正・対策を施し

スカウティングでヴェルディの弱点をつき

讃岐のストロングポイントをいかす戦略を構築中と思う。

出場停止中の選手も戻ってくるだろう

しかしそれはこれまでも同じで

その努力は称賛に値するが決定的な変化にはなりえない。


新型SBのALXEの投入の情報もない。


自力残留するには

希望に光がまだ差し込んではいないのかもしれない。

もっか山口は連勝中である。


いまは・・我慢だ・・・・


であるから自ら進んで味スタに赴く

希望の光が見えないなら

なおの事、現地で背中を押す。

私の最新の勝ち試合観戦は余裕で1年を超えた

もはや「むかし」である。

しかし、1年以上負け試合を励まし続け、共に戦った日々を誇りに思うね。

私の大事な人生の1ページだ。


もう、ボランティア辞めてホーム観戦

アウェイはダゾーンにして

余暇は別の楽しみ探してしまおうか・・・・


ふん


絶対そんなことするもんか

ボランティアはやめない

フルボランティアで続ける

アウェイボランティアを望まれるならそこで戦う。

アウェイ遠征もやめない

家族や仲間を悲しませない限り

最後の最後まで選手と共に戦う。



お付き合いくださいとは申しません

ただこんなバカがまだいる事をお楽しみください。(笑)


正直、私には「死に至る病」である楽観論が芽生え始めている。

危険だ、とてもとても危険だ。

なに・・こんだけ負けても群馬と山口はそばにいる・・・

いよいよ群馬とウチだけだがJ3で秋田が頑張っている・・・・

チームの状況よりも

この雰囲気が私だけでなくクラブ全体に漂う「こっち」が危険だ。


しばしば最前線から離れた司令部では楽観論が支配する。

現実が駆逐され

真実が見えず、

「このような状況であってほしい」との願望が支配する。

この雰囲気こそ間違えなく「死に至る病」

降格のシグナルである。


今、残留可能性は10~15%

いやもっと低いかもしれない

それを15~18%に引き上げに行く

それが今回の戦いの現実である。


残存艦艇の勇戦期待する事「大」である。

味スタに集結せよ

「まだエネルギーが残る・・・」とは言わない

もうだれしも残量0だろう。

それでも戦う戦列があるなら

私も加わえてほしい。

一緒に戦わせてほしい。

お会いできる事、楽しみにしております。

やむをえず「お留守番」のサポさん達は

不屈のエネルギー送電願います。

どこにいても一緒です。

(=゚ω゚)ノ



IMG_5647.jpg






色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村



試合前清掃ボランティア登録はこちらから

下記のアドレスに「からメール」を送信してください。

アドレス  35934711@ra9.jp

案内のwebアドレスがおくられてきます。

そのWEBサイトよりご登録ください。

たくさんお方のご登録よろしくお願いします。

もちろん登録だけしてボラはできる日だけでokです!!!


あくまで試合前任意に1時間程度お掃除をしてくれるボランティアさんの募集です。



カマタマーレ 正式ンティア  設営・1日のお申し込みは別です。

正規ボランティアのお申込みは公式ホームページからお申し込みくださいね。

コメント

希望を胸に!

がくおさん

先日の千葉戦の誤審は審判委員会で認められましたが、判定は覆らないでしょうし、アウェイでは勝利のない讃岐ですが、まだ今シーズンは19試合残っています。

私もJ1昇格時に14試合勝てなかった時は、さすがに、J2残留を諦めそうになりましたが、奇跡的にJ2残留出来たことを今でも忘れません。

今年はJ2に昇格してもっとも厳しいシーズンになりましたが、私は絶対にJ2残留してくれると信じています!

先日も書き込みしましたが、人生で苦しい時には、宇宙戦艦ヤマトを歌い自分を奮い立たせています。

がくおさんには私達の希望を背負ってイスカンダル(アウェイ)へ旅立って頂き、勝ち点を讃岐に無事持ち帰って下さい!(初老ですが本気です、、、笑い)

今回はDAZNで勝てるように不屈のエネルギーを精一杯お送りします

Re: 希望を胸に!

東京では

頑張りましたが引き分けでした。面目なし。

しかし、点が取れるようになってきました

見ていて楽しい

そしてワクワクします

もう少しです。

しんちゃんさんも楽しんでくださいね
非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR