ああ・・言葉には・・・涙





人間が深い憧憬を抱いていたものを手に入れた時

その感情を言葉にするのは難しい。



俳人芭蕉は「絶景の前では黙して語らず」「松島や、ああ松島や、松島や・・」と詠んだ。

あの言葉の天才ですらその感動を表す言葉を持たなかったと聞いたことがある。


私のような凡人で昨日の感動を文章にするのは難しい。

友人たちに

「この決戦は何回シリーズ??」と

とか嬉しい応援(?)

いや激励をいただく

「年末年始ずーとやって・・・う~ん、20回ぐらいで(笑)!!」

と返したものの書ききる自信はない(笑)



しかし今は昨日見た光景を表す言葉を持たない

いまは当日の写真を紹介するのみで・・・・


その歓喜の直後


抱き合う歴戦のサポさんたち



大型ビジョンが映す試合結果




鳥取の大サポーター軍団

かれらとて郷土の誇りをかけて戦ったのだ





バックスタンドまで満員






落ち着きましたら観戦記など

取り急ぎご報告(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

コメント

J2昇格おめでとうございます!

悲願達成おめでとうございます!!

感動で涙が止まらなかったです(T_T)

来年は「レベスタ」でお会いしましょうと

いつかの約束を果たしてくれましたね。

カマタマーレを愛するすべての皆様

「おめでとうございます!」

来年レベルファイブスタジアムでお会いしましょう!




感動J2昇格!!!!!

昨日は、正直言うとJ2に昇格できるか心配でした
試合は先制したが、退場者がでて、いつ、反撃されるか生きた心地がしませんでした。
しかし、選手とサポーターが一体となって虎の子の1点を守りきり勝利ができました。
試合が終わった直後は、本当に勝ったのか実感が沸きませんでしたが、藤田や西野等の選手の涙を見て私も嬉し涙がこぼれました。
今日の新聞で勝利の実感を再度味わおうと思いましたが、新聞休刊日でしたので、明日の新聞を
楽しみにしています。
祈るJ2昇格→感動J2昇格!!!!!!!!!

福岡サポ11番さんへ

いつか佐賀県でしたお約束を果たせました。
来年は対戦相手としてレベスタに行くことができます。

試合終了後は43歳にして人前で涙したのは初めてです。
こんなことは後にも先にもないかもしれません(笑)

来年からはJ2の1年生
これまでにない厳しい試合が続くと覚悟しています。
ご指導よろしくお願いいたします。

しかし今週はどっぷり昇格の感慨にふけります。
なんどもカマタマーレの試合にお運びいただきありがとうございました。

今節も高橋選手が決めてくれました。
福岡の昇格請負人&レジェンドは讃岐でも伝説になりました。

ありがとうございました。

今度こそ本当に胸を張って
「次年度、レベスタでお会いしましょう!!」

そういえる日が本当に来ました・・(泣)

1年間注目いただきありがとうございました。
アビスパさんと戦える日が今から待ち遠しいです。

ではでは・・

またコメントください

しこくのしんちゃんさんへ

試合展開は決して楽なものではありませんでしたねぇ~
まさにこれまでの成長の歩みをなぞっている様な展開でした。

山あり谷あり

しかしPK直後の悪い流れを帳消しにする先制点。
アンドレア、山本、高橋、そして木島の頑張りで1点をもぎ取る。
若い藤井や堀川、藤田が躍動し
ピンチにはこれまでカマタマーレを長く支えていた
天羽、西野、石田が鬼神の形相で1点を守る。

スコアは1-0で地味かもしれません。
しかし、何とカマタマーレらしいドラマが詰まった展開なのでしょう。

この感動を私も一生忘れないと思います。

実は終了間際
緊張と疲労のさなか
「この瞬間がもっと続けばいいのに・・」
と思う自分もいました。(笑)

来年、J2昇格したので声出しエリアは
バックスタンドに移ります。

これまでと違い声出エリア参加でも試合はよく見れる。
逆に試合を見たい人でも声出しエリアに参加できる。
応援スタイルも新たなステージに入りました。
新しい仲間がどんどん来てくれたらうれしく思います。

そしてしこくのしんちゃんさんをはじめ
この激戦を一緒に戦った仲間と共に
いつまでも仲良くできたら幸せだと思います。

コメントありがとうございました。
遠征お疲れ様でした!!

またコメントくださいね。

ではでは・・・

昇格おめでとうございます

観音寺市出身相模原在住のあられです。
カマタマーレ讃岐さん。J2昇格決定!!おめでとうございますっ!!
試合は見えなかったけど、スコアを見てカマタマーレさんらしく、ディフェンスが素晴らしく頑張ったんだろうなあ〜と(予想です。想像です)。
来年は相模原では闘えないけれど、いつかSC相模原もJ2に行きますので、その時はまた麻溝競技場で応援しましょう!

No title

お疲れでしょうに、早速の記事投稿ありがとうございます

留守番部隊の私はテレビにかじりついておりました
藤田が退場になった後は、鳥取さんの猛攻に心臓バクバク!
後半約50分の長かったこと・・・・

私も試合終了の瞬間、雄叫びを上げたあと
しばらく嬉し涙が止まりませんでしたよ

すんなりJFL1位で自動昇格よりも、
最後の最後でドラマチックなJ2昇格を決めてくれた
我らがカマタマーレ讃岐、最高!!!






追伸 お母様のお姿がNHKの生放送に、しっかり映っておられましたよ(笑)

本当に

昇格本当におめでとうございます。
自宅のPCで速報を固唾を呑んで見ていました。
思えば数ヶ月前知人の関係で、カマタマーレ讃岐をチェックし始め、ソニー仙台との試合があることを知り、11月10日に七ヶ浜スタジアムへ。
喫煙所で貴殿と話すことができ、ゲームとサポーター姿を見て一気にボルテージが上がりました。それから約一ヶ月後、こんなうれしいことが起こるとは・・・・。
本当によかったですね。選手、サポーターが一丸となった結果だと思います。
私も何もできませんが地方の一サポーターとして見守りたいと思います。今後もよろしくお願いします。
また、J2にはモンテディオ山形がいます。山形戦には応援に行きたいと思っていますよ。アウェー山形戦にはどうぞいらっしゃってください。

Re: 本当に

ありがとうございます。
おかげさまで昇格できました。
最後まで苦しい苦しい戦いでした。
鳥取は強かったです。
ほんの少し運がうちに味方しただけ。
そう思います。

その鳥取が最下位なのですからJ2とはとてもレベルが高い。
来年はまた違ったチャレンジをしなければいけません。
頑張ります。

仙台でお会いして以来
カマタマーレをこれほどまで応援いただけるとは本当に感謝です。
おっしゃる通り来年は山形にお邪魔いたします。
もし、山形サポ賛意なっていなければ
ぜひこちら側のスタンドで応援いただければ嬉しいです。

もちろん、山形サイドのサポーターとしてお会いするのもうれしいです。

見守っていただいてありがとうございました。
夢がかないました。

またコメントください
ではでは・・

Re: 昇格おめでとうございます

あられさん
ありがとうございました。
するどい!!
その通り!!
試合開始60分以内に1点取り、それを全力で守りりきる戦いでした。
後半早々にお退場者が出て2点目を取ることが難しくなっのも影響してますが
JFLで鍛えてもらった最後の勝利の方程式発動
死に物狂いで守り切りました。

昇格するとはかくも死闘なのだとしみじみ・・・
1年間声援いただきありがとうございました。

おかげさまで夢がかないました

次は相模原さんとJ2の舞台でお会いできること楽しみにしています。
来年頑張ってJ3で再開にならんよう・・・(汗)

ありがとうございました
夢がかないました

ではでは
またコメントくださいね~

Re: No title

応援お疲れ様でした
現地も生きた心地がしませんでした
しかし幸せな時間でした

43歳にして初めて人前で涙しました
こんなに感動したことはありませんでした。

入れ替え戦は厳しかったけどドラマでしたね
反対の立場はきついけど(笑)

鳥取は寒かったけどあっちのサポさんもフレンドリーで
スタグルもおいしくて素敵なスタジアムで
うらやましいことばかり・・・
さすがなん歩も先行く先輩という感じでした

1年間の冒険が終わりました
来年どんな戦いが待っているのでしょう
楽しみで仕方ありません

来年も一緒に戦いましょう~
1年間お疲れ様でした

また、コメントくださいね~
ではでは・・・


非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR