気づいてますか?

IMG_5002.jpg
2015年 5月 アビスパ戦 勝利直後の風景


21位なのは間違いない

しかし、ここまで

負け試合数だけで競えば

18位相当

得失点差なら

19位相当

得点総数は

18位タイ相当

失点総数も

18位タイ相当

である。


・・・・でそのデータベースで得た勝ちが「1勝と」いう結果(これは間違えなくビリ・・22位)

により順位が21位である。

そして22位との勝ち点差なし。

ほぼ18位相当のトータル実績を思えばやはり多少不運なシーズン序盤であったと思う。

そしてこのペースで得点と失点が続くのなら

総得点40点 総失点54点

もちろんプレーオフにはほど遠いが

降格圏内とは多少差のある

17位相当のシーズンフィニッシュになる。


元凶は「勝ちがない」ことであり

総てが不協和音で機能不全を起こしているわけではない

この得失点であれば当然手に入れているであろう勝ち星を

2つ3つ逃しているだけである。


流れもある

めぐり合わせもある

もちろん受け入れる

かといっていつかは勝つから焦らず・・というつもりはない。

現実は勝ち点10で21位なのだ


現実を見るならまずは負けない事を続けていき

勝ち点を積み上げる。

試合残数は減るが3分けは勝ち点3であり1勝2敗と同じである。

まずは負けないことを維持する。


その中でサポーターは勝利を信じて戦う。

必ずその中で勝ちを拾得るよう応援する。


この戦略にかわりはない。

引き分けだけではもう足らない所にいる事は否定できない。



今週も選手に熱いメッセージを送ろう。

背中を押そう。

勇気を届けよう。




気づいていますか??




最近選手は得点直後

真っ先にサポーター席に駆け寄りガッツポーズしています。

これまでの得点シーンは

圧倒的にベンチに駆け寄ることが多く

そこで抱き合う事が多かった。

2点、3点目(めったにないけど・・笑)でようやくスタンドに駆け寄ることがほとんどだった。

しかし、今は違う

最初のまっさらなスコアーはスタンドに駆けより

大きく手を広げ叫ぶ。

サイドが遠い時は必ず讃岐サポーター席に向かって

2度3度ガッツポーズをする。


みんな!!

待たせてすまない

悔しい思いさせてすまない

いつも一緒に戦ってくれてありがとう

あなたたちに捧げる1点だ

あなた達が取った1点だ


私にはそう聞こえる。



徳島戦

西のトラップミスから大ピンチを迎えそうになった刹那

罵声や悲鳴、野次というネガティブなものでなく

CL統率のもと即座に「ニシ!!ニシ!!ニシ!!」コールを繰り出し

マイナスの雰囲気を祓ったサポさんのコールに感動した。

直後に起こる彼の先制ゴールにはそんなエピソードも加えていいと思う。


サポータースタンドへのガッツポーズ

これはスタジアムに居並ぶ12番目の選手に

最高の祝福だと思う。


おかげで私はまだまだ戦える

そしてふてぶてしく、強く、たくましくなれる。

選手も

サポーターも

クラブも

同じ方向を向いている。


ならば12番目の戦士よ

今節も全力で闘おう。

われらが勝たせる。

非科学的と笑う人は笑えばいい。

ここまで脱落せず戦いつづけた讃岐サポは強い。

驚くほど強いのだから。



選手の皆さんは

自信を持って戦ってほしい

好きなようにやりたいように

もしその結果が望ましくなくても

受け入れる覚悟はこのクラブを愛した時から

とっくにできている。

安心して戦ってほしい。


そして福岡から得点をもぎ取った時は

サイコーの笑顔をゴール裏に届けてほしい

われら、ワクワクしてそれを待っている。



今の現状は「勝てない」・・・ではない

「あとは勝つだけ」である。







カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村



試合前清掃ボランティア登録はこちらから

下記のアドレスに「からメール」を送信してください。

アドレス  35934711@ra9.jp

案内のwebアドレスがおくられてきます。

そのWEBサイトよりご登録ください。

たくさんお方のご登録よろしくお願いします。

もちろん登録だけしてボラはできる日だけでokです!!!


あくまで試合前任意に1時間程度お掃除をしてくれるボランティアさんの募集です。



カマタマーレ 正式 ボランティア  設営・1日のお申し込みは別です。

正規ボランティアのお申込みは公式ホームページからお申し込みくださいね。




コメント

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR