ひるがえる戦旗に思う アウェイ徳島戦観戦記



エルフラッグが風にはためく

併せて個人作成のパイフラが揺れる

テンションあがる光景

ああ・・・讃岐もホントいい景色が作れるのだなぁ・・・と感動。

いつか夢見た光景だ。


そして今節ハイライト。

ビッグフラッグの出現。

いい雰囲気をどんどん加速させ、

この新しいクラシコを盛り上げている。

IMG_9541.jpg


演出だけではない

応援も最後まで力の限り声を出す。

徳島運営さんに讃岐エリアの最終来場者数確認した。

735名とのこと。

前節逆転負け

シーズン順位最下位

ここまで通算1勝。

何もポジれるものはない。

それを承知でポカスタに

よくこれほどのサポさんは集まったものだ。


また、駆け付けたサポ数が素晴らしいだけではない。

戦うスピリットを高い位置でしっかり保っている。


皆さんに背を押された。

先制して

「まだ足りない!!攻めろ!!前半から守るものなんて俺たちはない!!」

同点弾を浴びて

「ただの同点だ!!なにも失っていない。前へ!!ゴールへ!!攻めろ!!」

足が止まりそうな苦しい時間帯には

「徳島だって苦しい!!がんばれ!!がんばれ!!」

試合最後の最後のセットプレー

「まだだ!!終わってない!!今日は勝って帰る!!俺たちと一緒に!!」

皆さんとそう叫びつづけた。


いい応援だ

少なくとも私の周りにネガティブな声はなかった。

最後まで戦いつづけるスタジアムだった。


しかし試合に引き分けたことでまた厳しい状況になった。

応援が素晴らしくても何ら危機的状況は変わらない。


CLさんのいうとおり。

試合後はみんなの自由で

励ます声も厳しい声も「あり」だと思う。

その多様性の存在を認める。

その自由は束縛できないものだと感じている。

であれば

ともすれば「ぬるくお花畑に聞こえてしまう私の激励」も認めてくれたら嬉しい。


激励、反対の厳しい言葉が混在するのがゴール裏であり、

それぞれ雄々しくそこに立てばいいのだ。


もちろん厳しい叱責は

「もっとできるだろう!!なぜだ!?」という愛が根底にあってのことと信じる。

そこにサポーター愛に満ちた力強さの存在を信じる。

うっぷん晴らしや差別的発言は論外だ。

そこははっきり否定的な立場である。


私はデータ上

怒られ続ける保険営業マンと

励げまされ続ける保険営業マンでは

明らかに後者の方が長期的視野では結果を残す。

間違いなく成長する。

優しいのではない、お花畑でもない。

そういう科学的な立証データが確かに存在する。

であれば少なくとも勝利の可能性を上げるため

私はこのスタイルを信じて続けていきたいと思っている。

(もちろん厳しめの発言は苦手・・・したくないという柔らかい部分もあるのだが・・・笑)

自身が苦しい時ほど誰かを励まし前向きにすることで

私自身も救われる

それが積み重なりプラスのスパイラルが動き出す。

そう信じている。


不快な方もいるとは思うがどうかこの価値観を

私の存在ごとゴール裏で認めてほしい。

そう思う次第である

IMG_9525.jpg

最後に

今節讃岐はいい応援した。

そして勝利という結果はまたしても得られなかった。

これからもこの応援を続けてほしい

結果については現場仕事であり

私たちがピッチでボール蹴ったり

選手起用を変えたりはできない。

もはや彼らを信じるほかないだろう。


今まで散々・・・もう我慢できない・・・とかの声があるかもしれない

気持ちはわかる。

しかし、それはわれらが選手たちへの過小評価ではなかろうか??

共に何年も戦ったカマタマーレに

ここで成長を投げ出す選手はいない。

逆に過大評価と言われてもいい。

現場は

必ず

この窮地を脱する為の

結果を出す。「必ず」だ。

私はここはブレない。


次節も、その次も

いつまでも。

その思いが踏まれても

刈り取られても

何度もその根から伸び続けて見せる。


雑草魂


われらがこの4年で得た究極のエネルギー

いや武器である。


IMG_9546.jpg
(試合終了後の一枚)


次は福岡でお会いしましょう。







カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村



試合前清掃ボランティア登録はこちらから

下記のアドレスに「からメール」を送信してください。

アドレス  35934711@ra9.jp

案内のwebアドレスがおくられてきます。

そのWEBサイトよりご登録ください。

たくさんお方のご登録よろしくお願いします。

もちろん登録だけしてボラはできる日だけでokです!!!


あくまで試合前任意に1時間程度お掃除をしてくれるボランティアさんの募集です。



カマタマーレ 正式 ボランティア  設営・1日のお申し込みは別です。

正規ボランティアのお申込みは公式ホームページからお申し込みくださいね。




コメント

今も 聞こえる あのお袋の声

「こらっ徹也 何ばしよっとか!」

福岡サポさんに言わせましょう!

初めまして アビサポです。
博多へいらっしゃるとか 大歓迎です。
原選手のファンです。
活躍して欲しいですが それは困るしσ^_^;

Re: 今も 聞こえる あのお袋の声

やってやるばい!!
(怪しい博多弁・・・笑)
現地でお会いしましょう!!

Re: アビサポさんへ

こんにちは。
コメントありがとうございます。
アビスパサポさんとは2012年讃岐JFL時代の天皇杯が佐賀であった時(相手は浦和)
大勢の福岡サポが援軍に来てくれました。

https://plaza.rakuten.co.jp/gaku1970/diary/201210110001/

それ以来深い親交があります。
その時いつかはレベスタで!!・・・と約束し2年後に夢がかないました。
ですので私は福岡さんがこちらのカテゴリーにいる時は必ずレベスタにお邪魔しております。笑
今節もよろしくお願いいたします。
ラーメン楽しみにしています。
丸亀でもお待ちしていますね~~

ではでは・・・
非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR