入れ替え戦 ガイナーレ鳥取 その3

前半終了時、ゲート付近に戻り

再入場案内に半券が必要なため入場口でメガホンでお知らせ。



前半の死闘を終えたサポーターたちが続々と出てくる。

顔をみれば試合が一進一退であることがわかる。



今日は売店さんがバクスタに出店してくれていてありがたい。

飲み物、食べ物、温かいスープを準備してくれている。


そりゃ、J1のスタグルには劣るかもしれないがその心意気がうれしい。

おにぎりやいなり寿司、みかんも用意してくれている。


そのお店は小学生くらいのお嬢さんと一緒に親子で販売してくれている。

前半の死闘で疲弊したサポーター達は各々好みの食べ物をほおばり

エネルギーを充填している。


売店のあの親子だって一緒に闘ってくれているのだ。


仲間たちが気を遣ってくれて前半の戦況とその感想を交互に教えてくれる。

「押してるよ!!善戦だ!!シュートも枠に飛んでる!!あと少しだ。もうちょっとで・・・」

「0-0だけどこれは鳥取のゲームプラン通りともいえる。彼らはJの強豪相手に常にカウンターで戦ってき

た。今日も虎視眈々こちらが前がかりになり、且つ足が止まる時を狙ってるのかもしれない。

まだわからん・・」


いろいろな戦況分析はあるものだ。

彼らの好意に感謝しつつハイタッチで送り出す。


どうか彼らの声が選手に届きますように・・選手の背中を押しますように・・・・

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



後半開始直後

地鳴りのような歓喜がこだまする

そして少し静寂の時間

あきらかに尋常ではない歓喜

しかし、得点時の「ウィーアー・カマタマーレ・ゲット・ゴール」聞こてこない。

高松市のボランティアさんと

「得点時のチャントが聞こえないのでおそらくビックチャンスがあったが

ものにできなかったのでしょう・・」

とか話していると

「カマタマーレ先制!!!今、場内放送があった!!」

との報告がリーダーのO崎ボラさんからあり


何分か遅れてゲートボラも歓喜



直後サポーター仲間のNちゃんが「得点シーン見れんかったー、みかん買ってて・・(泣)」

とゲートにやってくる。


「・・・気の毒に・・まだまだこれから!!」と慰めて送り出す。


その後、今度はサポ仲間のHさんが「ショックや・・・見れんかった・・・」とゲートへ駈け込んできた

「まだまだこれからですって!!」とこちらも激励して送り出す。


あの二人はどちらかというと錬度の高いベテランサポである。

あの2人が見損ねてしまうくらいなのだ。


いかに昨日が特殊な独特の雰囲気の試合だったかというのを物語る。



そして「得点シーン」一つでもいろいろドラマがあるものである(笑)



しかし直後今度は遠く離れたアウェイ側の観客席から大歓声が上がる

思わず振り向く

この歓声の意味は分かる。

何度もスタに足を運べば本能的にわかる。



しかし、その直後帰ってきたボラのO野さんに聞かずにはいられない

「どうなってます??」

「だめだ・・やられた・・返された・・1-1」

「くずされた??」

「いやわからない・・その瞬間は・・・」



結局この後15分ゲートの仕事をして

後半20分過ぎからバックスタンドで場内警備(笑)

いや正直もう観戦モードでした。



選手が果敢に戦う姿を真剣に応援し

木島や岡村のチャンスに、野口のヘディングに、相手のあわやオウンゴール気味のクリアーに、

声を出さず応援する。

手に汗を握る。




結局試合は動かなかった。

このまま1-1で終了。

J2相手に引き分けた。

しかし相手にアウェイゴールを奪われた。

けれどこんなすごい試合を香川県で見ることができるとは・・・


うちのチャントもよく聞こえていたが

それに負けないくらい鳥取のチャントも聞こえた。

彼らの独特の太鼓の音がカマタマーレサポータ自身も高揚させる。

某掲示板ではその双方のバックスタンドの風景を動員力的に「貧弱」と批判するレスもあるが

そんなことはない。


香川県のサッカー好きが鳥取県のサッカー好きと

史上初めて組織的に応援合戦を繰り広げたのだ

その雰囲気は今までにない一種独特な高揚感があった。

そして、体験したことのない興奮があった

カマタマーレが新しいドアに手をかけている自覚がある。

それくらい未体験の高揚感がスタジアムを包んでいた。

少なくとも私にはそう感じた。






スタジアムの風景

カマタマーレ讃岐と讃岐のタヌキ 昇格戦速報 

に詳しく掲載されています。ちょっと紹介・・・・



試合終了後の風景







にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村




コメント

次、鳥取で!

こんにちは〜。相模原のあられです。
昨日は、スカチャン2で1時から応援してました。見えないっ!と思ってたら、なんと無料放送日でしたっ!も。ラッキーです。
しかし…。
テレビだと、せっかくのサポーターさんの歌が聞こえない〜。アレがとっても聞きたかったのに〜〜〜。
丸亀の競技場はテレビで始めて拝見しました。思ったより(失礼)大きな競技場で、これならJ2でも問題ないじゃん(更に失礼)と勝手に安心してました。
がくおさんはボランティアさんでカマタマーレを支援した試合だったのですね。お疲れさまです。
試合結果は、カマタマーレはあんなにシュート数が多かったのに。前半で点が入らなかったのが残念だったのと、選手交代が遅かったように思いました。
でもまだまだ。アウェー戦がある!応援頑張って下さい。
次はテレビ観戦無理そうです。勝て〜〜っ!と私はキックオフ時間が来たら勝利の応援を飛ばしますね。

No title

昨日はお疲れさまでした!
鳥取に行けるかどうか、かなりギリギリの線ですわ。。。
バスで行きて〜。仕事ぐるじ〜。

次戦は

粘り切りましたね。
スカパーもなく、携帯のインターネットもなく、ただただ、PCの速報を拳を握りしめながら見ていました。
初戦の緊張や重圧が選手に乗っかっていたのでしょうか。
でも、アウェーだけど次戦はやってくれると思います。
また仙台から声は出さずとも、応援します。
小気味の良いカマタマーレサポーターの応援を思い出しながら。

Re: 次、鳥取で!

あられさん
コメントありがとうございます。
スカチャンで応援さらにありがとうございます。(笑)

どうにか入れ替え戦までたどり着き
感激もひとしおで過ごしています。

そうですか・・スカパーではチャントが聞きづらかったのですね。
マイクの位置や集音レベルとかいろいろあるかもしれないし
うちのサポさん達も前半入れ込みすぎて声量が下がったのかもしれませんねぇ

CLさんが次節改善してくると思います。
選手みんなに聞こえるように、スタジアム全体にこだまするように。

スタジアムは自慢のスタです。
3万人収容 バックスタだけで13000人は入れます。
どんなにゆっくり来ても席取する心配はないですねぇ(笑)
その分駐車場が未整備なんですが・・・ショボン・・・
是非帰省されたらお立ち寄りくださいね。

試合は残念なところもありましたが1-1のまま鳥取に行けるのが幸せです。

あとは勝つだけ
とても幸せです。

是非次節もスカパーオンデマンドあたりで応援してくれるとうれしいです
1月料金2500円・・・あれ・・チケより高い(笑)

応援ありがとうございました
またコメントくださいね~

Re: No title

たけちゃん、日曜はお疲れ!!
サポーターエリア来てくれてうれしかったよ!!!
応援も感謝感謝感謝!!!

バスチケットあと4枚残ってるみたいよ!!!
今日の4時まで申し込みOK  

仕事頑張って
一緒にカニ汁食べにいこー!!!


けど無理は禁物よん

またコメントくださいね

Re: 次戦は

応援ありがとうございます
まさか仙台の地から応援いただいているとは!!!
前半は押していたようです。
後半失点してから相手の動きがよくなり押し込まれる場面が増えたようです。
前半優勢、後半不利の1-1
文字通り引き分けですねぇ

次節も力の限り応援します
スカパー見れるマンガ喫茶かなんかでぜひ応援してくださいね
よろしくよろしくお願いいたします。

コメントありがとうございました。
鳥取頑張ってきます

No title

ガイナーレをリスペクトしてくださりありがとうございます。
こちらもJFL上位の讃岐さんをリスペクトして戦っております。

残念ながら初戦は互角の戦いとなってしまいました。

しかし、12/8は決戦です!

とりスタでお待ちしています。

今日現在の天気予報はくもり、気温は最低4度最高12度、降水確率40%です。

暖かい格好でお越し下さい。

今はカニがおいしいですよ!

鳥サポさんへ

コメントありがとうございます。
また、丸亀に大勢のサポーターさんたちが
訪れてくれてありがとうございました。

なにぶん、あんなにいっぱいのアウェイサポさんを見たことがなく
運営に拙い部分がありましたらお詫びしますね。

今、つくづく当日を振り返って見ると
私たちがこれまで体験したことのない経験でした。
ホームサポとほぼ同数のアウェイサポ。
ほぼ同じ声量・・・いや負けていたかも・・・

メインのお客さんも盛り上がり今後の集客に
必ずプラスの効果があると思います。

そう考えると本当に鳥取サポさんは貴重な
スタジアムイベントの1つです

ありがたや、ありがたや・・・・です。

試合は引き分けです。

そして私たちは次節どうしても
1点取らなければならなくなりました。

攻めなければならないアウェイ
守り切りたいホーム
試合の展開が単純でいいですね。

鳥取遠征とても楽しみにしています。
バードスタジアム、カニ・・・
今週は仕事になりませんなぁ・・・
お互いに(笑)

ではでは
日曜よろしくお願いいたします

こちらこそありがとうございました

スタジアム、とても立派で、正直びっくりしました(笑)

とりスタは、讃岐さんほどではなくこじんまりしておりますが、サッカー専用スタジアムで選手との距離がとても近く、選手の息遣いや声も間近に感じることができます。

是非楽しみにお越しください。

ここまで互角なら、両者痛みわけでどちらもJ2にして欲しい・・・なんて内心では思いますが。

お互い、悔いのないよう戦いましょう!


鳥サポさんへ


>>ここまで互角なら、両者痛みわけでどちらもJ2にして欲しい・・・
なんて内心では思いますが

同感です.

サッカーの神様は意地悪なようですね。
われらだけはどのような結果になろうとも
来年は同一リーグにはいられない

やはりサッカーの神様は意地悪ですね(笑)

日曜日よろしくお願いします。
後援会のも含めるとバス4台
自家用車組含めて300~400人程度がお邪魔すると思われます。

鳥取さんお半分以下のアウェイ遠征隊ですが
それでもカマタマーレ史上最大の遠征部隊です(笑)

お互いに悔いの残らない試合になることを
祈ります。

気温や天気予報の情報もありがとうございました。

ではでは・・・
非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR