『能サポ』サッカー本大賞受賞記念祝賀会」開催のお知らせ

上記の詳細をお知らせをいたします。


当日はヴェルディ戦の後です。

みんな揃って合同飲み会みたいな雰囲気も楽しい。

もちろん能町先生を祝うことメインで。


おいしいお酒

楽しい祝賀会だといいなぁ~~~


たくさんご参加よろしくお願いいたします。

サポ・ボラ・後援会の合同開催でございます。


カマタマーレ文学の最高峰と

その日の試合の結果を肴に

最高のひと時を~~~



頑張って企画進めめますので

ぜひ来てくださいね~~~!!!

(=゚ω゚)ノ

(=゚ω゚)ノ

(=゚ω゚)ノ

CELESTE de CORAZON KAMATAMARE SANUKI SUPPORTERS GROUP

http://celeste-de-corazon.com/information/?id=23


以下案内文


IMG_9251.jpg


2017サッカー本大賞(カンゼン主催)において、

「『能町みね子のときめきサッカーうどんサポーター』、略して能サポ」(講談社)が

大賞を受賞しました。

この本はJFL時代のカマタマーレの観戦記を中心に書かれていますが、

今回の受賞を受けてサポーター有志による祝賀会を開催することになりました。


当日は著者の能町みね子先生をお招きして、

当時のお話などを伺いつつ、

サポーター皆でお祝いや感謝の気持ちを伝える会にしたいと思います。


折角の機会ですので、

盛大な会になるよう多くの皆さんの参加をお待ちしております。




日時

5月13日(土) 19:00~21:00 (18:30受付開始)

会場

セント・カテリーナ(宇多津町浜1番丁5-7)

会費

大人5,000円、小学生以下2,500円、3歳以下無料


当日、受付にてお支払いください。

なお、5月7日(日)以降のキャンセルにつきましては、

大変申し訳ありませんが会費をお支払いいただくことになります。



主催

CELESTE de CORAZON、讃岐鬼誠会、カマタマーレ讃岐ボランティア


募集人数  

60名程度(先着)  


参加者数が一定数に達した場合、

以降のお申込みをお断りいたしますので、

予めご了承ください。



申込要領

必ず E-mail か FAXにてお申込みください。
(口頭での参加申込みは受け付けません。)

 申込の締め切りは5月6日(土)です。


【E-mail】

参加者全員の

①氏名

②年齢

③性別

④居住市町村

⑤代表者の電話番号

上記5項目を記載の上、

下記アドレスまで送信してください。


申込みアドレス nousapo0513@yahoo.co.jp


【FAX】 

CELESTE de CORAZONのHPより用紙をダウンロードし、

各項目に記入の上、下記まで送信してください。


FAX申込書はこちら



申込みFAX番号 

087-816-6521(青木社会保険労務士事務所)



その他

服装は自由です。

ユニフォームやコンフィットシャツでも構いません。

会費の一部は、当日の記念品購入費に充てさせていただきます。

ビュッフェ形式の食事を用意しています。

アルコール飲料もございますが、

飲酒運転は絶対にお止めください。

駐車場での仮眠・休憩も固くお断りします。


サインの対応などについては時間を設けてありますが、

人数等の関係で制限させていただく場合もあります。




お問い合わせ

カマタマーレ讃岐ボランティア 泉  090-4784-4273まで





確認

この企画はサポーター・ボランティア・後援会で行っています。

カマタマーレはこの企画に責任関係はございません。

故に対応部署はございません。

必ずここに記載ある問い合わせ窓口にご質問ください。

申込みいただける方は

指定のアドレスまたはFAX番号をご利用ください。

よろしくお願いいたします。









カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村



試合前清掃ボランティア登録はこちらから

下記のアドレスに「からメール」を送信してください。

アドレス  35934711@ra9.jp

案内のwebアドレスがおくられてきます。

そのWEBサイトよりご登録ください。

たくさんお方のご登録よろしくお願いします。

もちろん登録だけしてボラはできる日だけでokです!!!


あくまで試合前任意に1時間程度お掃除をしてくれるボランティアさんの募集です。



カマタマーレ 正式 ボランティア  設営・1日のお申し込みは別です。

正規ボランティアのお申込みは公式ホームページからお申し込みくださいね。



コメント

No title

明日早速FAXで申込みさせていただきます。(メールだと送信エラーが出て申込みできません)

出来ましたら一名確保しておいてくださいませ。

Re: めっとさま

ありがとうございました~~

確認しております~~

よろしくお願いします。感謝感謝感謝。

お疲れ様です!

がくおさん、!

せっかくのお誘いですが参加しませんが、サポーターでいろんな企画をして親睦を図ることは良いことだと思います!(お手伝いも出来ませんが、お手数おかけします)

残念なお知らせをしなければいけないのですが、昨日の岐阜戦は1ー3で負けたことも悔しいですが、試合終了後、サポーターどうしで口喧嘩(罵りあい)があり応援席は騒然となり、子供連れの家族等は怯えていました!(非常に残念です!)

昨日お渡ししたサポーターが一致団結して選手を応援して、選手もサポーターの気持ちを汲み取って貰って頑張って欲しいと言う千羽鶴作成の企画書について、試合前に、スタッフリーダー、コールリーダー、鬼誠会リーダー等にお話してお渡しした後のもめ事で非常に残念です!(がくおさんは私のことを心配して頂いていると思いますが、私の無理しないことでの企画ですので、宜しくお願いします!)

なお、記載しているアドレスでが、stnbujl8828@mc.pikapa.ne.jpは間違いでstnbujl8828@mc.pikara.ne.jpが正解です!

泉さんにもお話しましたが、今する時期?、怪我人の回復祈願?、色はサックスブルー統一等の意見を頂きました!

上記について此処に記載することが妥当か迷いましたが、がくおさんが不適当と思われましたら消して下さい!

今後とも、楽しみに試合の応援に行ったり、チラシ配り等に行きますので宜しくお願いします!



Re: お疲れ様です!

まず・・・
ネガティブな事を拡散する必要はなく
ポジティブな事を多くの方に広めればいいと思います。

真にポジティブならば自然と人は集まります。
そうか否か、今、必要か否かは個々が決めると思います。

楽しんでいただきたいのです。
傷ついてほしくないのです。

この手の企画は小さく生んで大きく育てるべきです。
1人で動くにはいきなり大きすぎる印象を持ちます。
まず数枚の千羽鶴をご自身で作られて
「今日も頑張りましょう!!」とか
「いつもピカスタw盛り上げてくれてありがとう!!」とか羽に書いて
そっとバックスタンドトイレの手洗い場に飾ってみてはいかがでしょうか。

それを見たサポーターは勇気百倍になるでしょう。(たぶんですが・・・)

そこから1年かけてドラマを作り、賛同者を募り
名物にしていって最後に選手に直接・・みたいな・・・
こんな感じでいいのでは。

私ならそうします
老婆心ながら参考までに・・・(笑)

千羽鶴作成について

がくおさん

早速のアドバイス有難う御座いました!

もし、今、私で出来ることであれば、

バックスタンドホーム側入場口に千羽とは難しいですが、私が100羽程度の鶴を作成し、『今日も讃岐の勝利の為に応援頑張りましょう!』のメッセージを添えて掲示する!
(それか、がくおさんの言われるように数羽づづに分けて各トイレにメッセージを添えて飾る)

バックスタンドアウェイ側入場口にはアウェイサポーター歓迎を込めて、鶴ではなく
『よう、おいでませ!』
『暑いきん、めんめであつけせんでいた!』
『うまい、讃岐うどんを腹起きるまで食べて、また、おいでまい!』
のメッセージボードを置かさせて貰うのは難しいでしょうか?

勿論、クラブの了解が必要になるとは思いますが?

いつも、私のことを心配してくれて有り難いのですが、チラシ配り等以外に私の出来ることでチームを応援したいです!(勿論、ポジティブで私も皆さんも楽しんで頂けることが一番です)

また、お手数お掛けしますが、お忙しいところ申し訳ないですが、ご意見頂けないでしょうか?





Re: 千羽鶴作成について

では、少し厳しい事もかきます。
感謝している故書きます。

まずは自己完結できる事が前提。
自分が責任を持てる範囲の見極め必要。

もし、変な追従者が現れ拡大解釈して
政治的・差別的メッセージを書いた折り鶴を
トイレに置いたら間違いなく次節は無観客試合です。

内容は違えど「俺以外もしている」と言い訳します。
そこで私は関係ないは通じないです。
始めた人にも少なからず責任はあります。

私の提案は少し無責任でした。
そこまでの覚悟がいります。

更に誰かが支援してくれる期待があるなら止めた方がいいです
みんないっぱいいっぱいで応援やボランティアしてます。
自分で作り、メッセージを送り、撤収する。
この体制が不可欠。
入場口掲示は難しいとおっしゃる認識は正しいかと思います。


支援者どころか否定的な陰口も気にしないメンタル必要。

これが出来るなら色々される事おとめしません。


アウェイゲートの提案ありがたい気持ちです。
しかし、フル通しボランティア人数は極小です。
ご自身が掲示許可取得から設置、
掲示中の管理を試合見ずに行い、撤収する覚悟いります。
強風や倒れた際の事故を防ぐ管理担当が必要です。
更におもてなし格差があるとやはりホスピタリティ上問題なので
ホーム全試合やって頂く覚悟がいります。
継続も責任に入ります。

ゲートリーダーとしても不安です。
支持者が少ない内は大変だと思うし
仕掛けがデカすぎます。
長年一緒にアウェイゲート専門でボランティアした人が
撤収や掃除、クレーム対応以外にたまには「華やかな事やりたい」
というなら応援するかもしれません。
しかし、いましんちゃんさんに持って来られると戸惑います。
正直、「なんで俺らが?」となり兼ねません。

大変偉そうで申し訳ありません。
しかし、今ボランティアは昼ごはんそこそこで活動し
試合中は全力でプラ柵や看板など撤収してます。
スタッフ並に緊張してギリギリで戦ってます。
ゆとりがない。(笑)

そしてそこまでして
しんちゃんさんがカマタマーレ楽しめるか心配です。
楽しいでしょうか?
その行為が必ず好意的に取られるでしょうか?
そこで傷つくのも心配です。

厳しい事かきましたが下記に記す
こんな感じで如何でしょう?

少し席にゆとりあるエリアに陣取り
座席や手摺に自分で作る千羽鶴を置く
鶴が毎試合増えていく。
「すごい!」
賛同者現れ使ってくれと千羽鶴渡される。
または、カッコよくベルトにくくりつけ
尋ねられたら「勝利のジンクスです。」と答える。
メットさんのメットみたいに名物になる。

これで自分が楽しめるならok

絶対何事もストレスフルな修行にはされませんよう。
楽しんで笑ってムーブメント広がれば
素敵だと思うのです。

それがチームを応援する事になるのではないでしょうか。

いつもたくさんカマタマーレを愛して頂きありがとうございます。
いまは駆けつけ声をあげて応援し、楽しむ。
これが一番選手を勇気づけるのかもしれませんねぇ。

がく

(=゚ω゚)ノ

千羽鶴について

がくおさん!
お忙しいところ、アドレス頂き有難う御座いました!
がくおさんのおっしゃる通り、先ずは、自分が楽しんで、また、責任を持ってやれることから、ボチボチとやってみます!
今後も、家内とピカスタや近隣の試合の応援やチラシ配り等に行かして頂き讃岐を応援します!
がくおさんも清掃ボランティアやゲートスタッフリーダーとして大変だと思いますが頑張って下さい!
今後とも宜しくお願いします!
非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR