アウェイ 名古屋グランパス戦観戦記

IMG_9181.jpg
(試合終了後引き上げてくる選手)


勇敢だった。

ファイトしたと思う。



サポも選手も

90分集中した戦いだった。

被弾はもう「ゴラッソ!!」と言うべき衝撃的なもの。

正直、遠くの反対サイドで繰り広げられた失点シーンは

「え・・今のはいっちゃたの!?」と言う感じ。

押されて押されて「あぁぁあああああ~~~~」ではない。


それに対して今日の讃岐はセカンドボールもよく拾えた。

選手との距離感もいいのだろう。

きわどいシュートを前半何本も浴びせることに成功している。

気持ちで押している。

故に劣勢のストレスを感じない。


まぁ、ある程度はファールで止めざる得ない。

純然たる技量に差がある。

故に侵攻を食い止め、決定機を阻止するに効果的である。


プロフェッショナル・ファール

この辺りに議論もあるし、

正直、サポとしては申し訳なくも思う。

しかし

「讃岐も必死に闘っていますし、厳しいファールは起こりうることです。

その相手に対し前半は気持ちで押されていました。」

という復帰初戦のグランパス田口選手のコメントに救われる。

やはり名門が育んできた

戦いの中で培ってきた魂に畏敬の念を抱く。

私が同じことを逆の立場で受け入れれるかどうか・・・

そう言い切れるメンタル。

怪我から復帰したばかりの

グランパスの選手の心意気に脱帽である。


讃岐が得た結果は

積み上げた勝ち点0。

順位は後退。

それではいけないのはわかっている。

けれども悔しそうに引き上げてくる選手の顔を見ると

今日の私はこれで悔いはない。

晴れ晴れとしている。

グランパスと渡り合ったという実績と自信。

これを収穫として納得できる。

ここまで来たことに満足できる。

IMG_9186.jpg


何よりも楽しかったのだ

みんなで・・・あの大サポーターと戦えた事に。

あの大声援にかこまれて歌った讃岐のチャントに。

CLの統制のもと

前半キックオフの瞬間、堰を切ったように

食い気味に

名古屋倒すぞ!!!ウォ~~と言う雰囲気がみんなに伝わって

ビリビリしてもう酸欠で苦しくなった

最初の10分の経験に。(笑)



前半の充実感が

後半の失点で暗転した時も

折れそうになる心をみんなで補い、

「時間あるぞ!!!まだまだこれからだ!!」

「セットでやられただけだ!!崩されちゃいない!!!」

「むしろ押してる!!このままこのまま!!!」

ありきたりで陳腐と思われるかもしれないセリフ。

だけどみんなで「その言葉」を本気で信じた。

また声を枯らした。



懸命の応援。

精一杯の歌声の先に

同点弾。

狂気の讃岐エリア。

あのグランパスから同点!!!

もう・・・何が何だか!!!!

「西!!!西!!!!西!!!!!」何度も叫ぶ。

「ウィーアー・カマターマーレ

ウィーアー・カマタマーレ・ゲットゴール!!」

繰返される歓喜の狂気を帯びたチャント。


地域リーグから歌い続けた

このゴールシーン限定のチャントが

ついに名古屋グランパス相手に

瑞穂のスタジアムで響く。

突き上げる無数の拳の隙間から

沈黙している名古屋ゴール裏が見える。


また一つ夢がかなう。

恐らくこのスタジアムをわれらが訪れることは

来年ないだろう。

そしてしばらくないと思う。

名古屋の強さはそんなことを思わせる。

強烈なゴラッソを浴びた。

少なくとも我らのエリアからではそう映った。

しかし

1年だけの

1回だけの時間だったとしても

色々なことが感じられた。

素晴らしいスタジアム。

素晴らしいグランパスの応援。

素晴らしいグランパスの戦士とその精神。


ああ幸せだ。

この満開の桜のように

とてもとてもあの日の心は満ち足りていた。

さぁ、また立ちあがり前を向いて胸を張ろう。

剣を持ち戦おう。


今週は奴らがやって来る。



IMG_9131.jpg





カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村



試合前清掃ボランティア登録はこちらから

下記のアドレスに「からメール」を送信してください。

アドレス  35934711@ra9.jp

案内のwebアドレスがおくられてきます。

そのWEBサイトよりご登録ください。

たくさんお方のご登録よろしくお願いします。

もちろん登録だけしてボラはできる日だけでokです!!!


あくまで試合前任意に1時間程度お掃除をしてくれるボランティアさんの募集です。



カマタマーレ 正式 ボランティア  設営・1日のお申し込みは別です。

正規ボランティアのお申込みは公式ホームページからお申し込みくださいね。



コメント

No title

カマタマーレ讃岐の選手及びサポーターはDAZNで録画を見ましたが、強敵名古屋に互角以上に闘って、結果は残念ですが敗けはしましたが、今後の躍進に期待を持てる試合だったと思います!

ただ、掲示板には、本当かどうか判りませんが、讃岐のサポーターが名古屋のマスコットを蹴ったサポーターがいると書き込みがあり、本当であれば讃岐のサポーター全員が悪く見られて残念です!

私も2chでは知的障害者と書き込みがありあり、チラシ配りをするなと非難されており、精神的にまいっていますが、今後も、体調がだいぶ良くなった家内とスタジアムに応援にいったり、チラシ配りを楽しみに続けたいと思っています!

私は讃岐の選手もサポーターも大好きですので楽しみに応援に行きたいです!

讃岐の応援に行かなくなったら、何の楽しみも無くなってしまいます!

Re: しんちゃんへ

無理をせず

出来る範囲で

そして自分が楽しむことを決して忘れずに。
非公開コメント

プロフィール

がくお 

Author:がくお 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR