反撃、反攻、反転攻勢 

全軍に

カマタマーレを愛するすべてのサポーターに


4月2日をもってわが軍は反転攻勢に出る。

全てのサポは速やかにピカラスタジアムに集結せよ。

全力でこの状況を打破すべし。

未勝利状態を突破すべし。


今節はお誘い活動はいったん停止しても可。

かりそめの動員でなく

歴戦の精鋭で

ありとあらゆるエネルギーを結集し

選手を支えるべし。

間断なく勇気を供給すべし。



今回はいつも一緒に戦う家族や仲間たちと

言葉少なでスタンドに陣取り、

がっちりと握手を交わし

うなずき合えばのOK。


スタグルは楽しいイベントでなくていい。

90分戦いぬくためのガソリンである。

無言でほおばり、

あるいはしゃにむに掻き込むのでいい。


その光景が新規さんには何よりの刺激になる。

団結した歌声

鬼気迫る歓声

これこそが本当のカマタマーレの観戦です。

普段は羊の皮をかぶった狼たちの咆哮が

最高のホスピタリティです。


そして歓喜の輪を作る

鬨の声を挙げる


これぞ極上、至福。

こんな痺れる光景めったにない。

これを見逃すのはもったいないですよ。

来場を迷うご新規さん(笑)


では皆々様ピカスタでお会いしましょう。

ボランティア部隊も気合入れて頑張ります。



「おのおのぬかりなく!!!!」


IMG_8375.jpg


追伸

もちろん外から見れば楽しいイベントのように見えてしかるべき

いつも通りお楽しみください。

心の中のお話です。(笑)






カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村



ボランティア登録はこちらから

下記のアドレスに「からメール」を送信してください。

アドレス  35934711@ra9.jp

案内のwebアドレスがおくられてきます。

そのWEBサイトよりご登録ください。

たくさんお方のご登録よろしくお願いします。

もちろん登録だけしてボラはできる日だけでokです!!!


コメント

昨日、少し時間があったので、今日更新した記事と明日更新する記事を書きました。

すると…なんだか、明日更新する記事は、この記事のアンサー記事みたいになってます(笑)。

オレたちの想いは一つ!

ですね。やってやりましょう!

胸騒ぎの腰つき!

ゴール奪え 馬場賢治!
よしやさん行って、掃除部隊から行きます。

Re: GAMEさま


この記事はみなさんの最新ブログを拝読してから書きました。

おそらくGAMEさんのブログのテイストが
印象に強く残っていたのではないかと思います。

そういう意味ではこの記事は
GAMEさんブログのスピンオフです。
いや続編、番外編です。

いやもうあの日は、どう書けばいいか・・・
私もわからなかったのですが
GAMEさんブログで答えをいただきました。

想いは一つと言うより
「その意気、のった~~!!」と言う感じです。(笑)


最良の結果でまずは一安心

試合前のお掃除もありがとうございました。

名古屋からダービーまで激戦の回廊ですが

よろしくお願いいたしますね~~


ではでは

Re: 胸騒ぎの腰つき!

昨日はお疲れ様でした。

最良の結果で何より

やっと勝ち点3が来ましたねぇ~~

引き続きよろしくお願いいたします。

お掃除ありがとうございました!!!
非公開コメント

プロフィール

がくお 

Author:がくお 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR