アウェイ山口戦観戦記

IMG_9052.jpg


奇妙な天候だった

前日の天気予報では「晴れるが気温は低い」とのこと。

最低4度

最高でも13度の予想。

当然防寒対策をしていく。

前日夜までは晴れ予想だったと思う。

故に私の装備に雨合羽はなかった。

しかし当日には修正予報でも出たのか

サポさんの中には「少し降る予報」

と発言する人もちらほら。


結果

スタジアム到着時は晴天、春全開の陽気。

いや、想像以上に温かい。

今思えば「妖気」か。


その後の天候は

 晴れ-曇り--雨―晴れ

 温かい-寒い-温かい

 微風-強風-強風-微風


めまぐるしく変わる

サポさんも戦闘状態の半そでになったかと思えば

待機モードで厚着にならないほど寒かったりした。

山口の天気に

讃岐からの遠征軍団は落ち着かない。

そんな混乱の中にいる試合前。


時系列的には

ピッチ内練習あたりから

天候は急激に荒れだした印象がある。


強風で寒い


寒いはいい。

しかし強風は厄介である。

アウェイゴールは風下。

当然このままでは風上に向かって攻める事になる。

山口のパスサッカーをより活発にさせる追い風

讃岐としては風下では奪いどころが安定しない。


「サイド・・変えてくるかな・・・」


先週の山形戦の例もある。

かの地はまさに今も冬である(四国の人間的には)

私のつぶやきに隣のMちゃんが答える

「そうですね・・・風下やし、先週うまくいってますから・・・」


しかしそんな私たちの期待はかなわずサイドは動かない。

そして讃岐はキックオフを得る。

・・・どうやらコイントスに敗れたらしい。


今に思えばこのコイントスの結果は

その先の未来を大きく分けた結果に思う。

今となっては結果論だが

もしコイントスに勝利していたら

もし前半コートチェンジしていたら

前半に猛攻をかけていたら

そんなことを思うアウェイ維新スタジアムの戦いだった。


「我慢やね。前半は」

そうつぶやきながらも今年の攻撃陣には自信がある

悪条件下に先制すればより後半は有利に展開する。

いや、0-0でしのぎさえすれば後半は風が味方してくれる。

この45分どう我慢し、

その中でも有効な攻撃を構築できるかが

最初のハードルと思った。


「ここ空いてますか??」

不意に青年に声をかけられる。

「もちろん!!」私の右側は3席空きがある

ここはCLさんに向かい右側3列目

絶好の応援ポジション

コア・エリア真ん中。

どんどん集まってほしい。

かるく挨拶して二言三言話す。

どうやら兄弟で車で来場したらしい。

キックオフまえに握手がっちり。



飛び込んできた彼の背中越しに

アウェイスタジアムを眺める。

讃岐サポ総勢200~250人くらい。

讃岐応援エリアが水色で染まりつつある。

アウェイ遠征隊の充実ぶりは年々すごい。

「真ん中にあつまってください~~」的な要望に

手招きで呼応する。

しずしずと中に集結してくれるサポさん達。

奥ゆかしいが気持ちは一つである。


ピッチ内練習あとの静寂

通常はイベント時間でコールを自粛するのだが

特に今日は何も催されない

CLさんが「静かなのはいやなんで・・・」とフレンドリーに呼びかける。


そして Brand new K のコール

(オーラララーラ) 俺たちがカマタマーレ

オーラララーラ  オーオ ** オーオ **

逆風をついて

スタジアムの寒気を引き裂いて響き渡る。

メインスタンドの屋根に跳ね返りいい感じ。

昨年はこの突き抜けるようなチャントに

相手側のメインスタンドでも拍手があった。

今年は悠然と沈黙を続ける。

相手ゴール裏を眺める。

同じく沈黙。

これは感心してポカーンではない。

意に介さず、そんな感じ

戦う前のオーラを感じる。


山口サポも1年間、激戦を生き残ってきたのだ。

彼らのふてぶてしさは

昇格直後の初々しさを喪失し、

生粋の戦闘集団への変貌の証明である。



ならば我らも小なりと言えど大音量を響かせ

このスタジアムをジャックし

現場へ最大の援護を敢行するのみ。



試合前の静寂・気候・コールのつばぜり合い。


いいね


ここは維新100年記念陸上競技場

1敗3分 VS 1分3敗 

通算成績2敗vs2勝

J2リーグの片隅で下位どうしの

生き残りをかけた激突

意地と意地がもうすぐぶつかる。


IMG_9069.jpg


選手が出てくる

緊張が高まる。



下関の巌流島

そこで行われた決闘は1612年の4月13日だそうである。

その時もこんな天候、こんな雰囲気だったのだろうか・・・

ふとそんなことを思う。






カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村



ボランティア登録はこちらから

下記のアドレスに「からメール」を送信してください。

アドレス  35934711@ra9.jp

案内のwebアドレスがおくられてきます。

そのWEBサイトよりご登録ください。

たくさんお方のご登録よろしくお願いします。

もちろん登録だけしてボラはできる日だけでokです!!!






コメント

非公開コメント

プロフィール

がくお 

Author:がくお 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR