山口へいこう!!

自分が行くときは誘いまくる

私ははた迷惑な人間ですがご容赦ください。(笑)

いやしかし山形に集結した讃岐28戦士(写真で確認した人数に限る)には

感激と感謝の念が絶えません。

お疲れ様でした。ありがとうございました。

しっかりとした歌声が響いておりました。



さてさて

今週もアウェイ

長州の山口

我らは昨シーズン2敗した新鋭の天敵

元カマタマーレ戦士のレノファGM・石原氏が手塩にかけ作り上げたか。

何とも素晴らしい好チームである。

IMG_7281.jpg



昨シーズン

0-1(アウェイ戦)

0-2(ホーム戦)

ホント・・見事に敗れている。


完全に相性が悪い。

そもそも「オレンジ色」は相性悪いのである。

みかんさんも・・パルちゃんも・・・・

そこに加わる厄介な新型。それが山口である。


かつて飯塚亮や秀雄さんが在籍していた。

それだけではないが、好感や感謝の念をもちろん持っている。


今シーズンできれば絶好調で相対したかった

しかし、早々都合よくは行かないものだ

カマタマーレは現在1敗3分


宇宙戦艦ヤマトでいえば

補助エンジンのみで飛行している

波動エンジンにはまだ火が入ってない

ワープ航法もできなければ

波動砲の試射もまだである。


すべて航海しながら試みねばならない。

そんな状況下、

イスカンダルまで往復勝点65点で帰還せねばならない(笑)

そんなところか。



という訳で今節も甚だ苦しい状況で難敵と対峙。

私も遠征隊に名を連ね

応援に駆け付けたいと思う。

そして多くの仲間と応援をしたいと思う。

まだ躊躇している人もいるだろう

そうした人向けに昨年の観戦から得た情報の共有など・・・

が今日のブログ。




維新スタジアムの素晴らしい所

まずはアクセス

JR利用であれば

新幹線の駅「新山口」から最寄駅「大歳」まで15分

最寄りの大歳駅からスタジアムまで徒歩15分

これは快適である。

子どもさんでも十分歩ける。


また駅からスタジアムまでの徒歩道中に

ジョイフル(山口朝田店)やらココス(大歳店)やらがある。

試合前にコ-ヒー飲んで、まったりする場所がある。

雨風の場合は快適にしのげる。

割り切ればここで昼食でもいいと思う。

小さい子は落ち着いてゆっくり快適に食べれる。


まずはアクセスと飲食のインフラが好条件である。

IMG_7272.jpg



次に

サッカー熱が熱い地域である。

あの盛り上がりは松本に似ている。

夢パス申し込むブースに大勢の親子が列をなし並ぶ。

不運にも「得ることができなかった」と嘆く親子に出会う。

香川では

「全県下で全員分、担任からホームルームの時間に配られるのだ」と伝えると

心からうらやましがられた。


いやいや・・・うらやましかったのはこっちである(笑)

とあるカマサポ少年は

終業式、クラスの女の子に

「クラス別れる前に・・これ・・」とそっと差し出されたのが夢パスだったとか  ( ノД`)

各地で悲劇が頻発している。

IMG_7315.jpg

それくらい山口人は熱い。

しかし基本人なっっこい様である。

ホームピカスタでも山口からの遠征サポさんは

相当フレンドリーだったと聞く。
(その日はわたし、アウェイゲートボラを仕事欠席で・・スンマソン)


IMG_7295.jpg


維新はスタグルがいろいろある。

今年は「コフグのから揚げ」(!?)・・・・なるものがあるらしい。

これは食してみたい。

名物「ふぐ」のスタグル版!!

う~ん考えたものである。

どうやらわれらがスタグルのエース「カマコロ」も出店するらしいい。

IMG_7300.jpg



昨年はアウェイサポはお土産頂く。


これが絶品!!!

おにぎりがとんでもなくうまくなる!!!

IMG_7339.jpg

IMG_7288.jpg


最後にスタジアムの形状がうちの応援にマッチしてるようである。

ゴール裏からのチャントが

いい具合にメインスタジアムの屋根に反響する。

その歌声が増幅される。

結構しびれる。

かなりいい感じだ。


もちろんあの日の遠征隊には

飛び切り声の大きい精鋭が

多く参加していたのかもしれないが

こだました歌声は昨シーズンの中では

長崎戦と並び素晴らしいものだったと思う。





昨年、われらは「J2昇格後のホーム初勝利」を

山口に与えてしまった。

正直悔しい思いいっぱいで

遠征サポは讃岐に帰還した。

別にリベンジとかそういうのではないが・・・

あの日置き忘れたものをみんなで取りに行こう。



私は今シーズンのカマタマーレの強さに

確信と自信持っている。

結果は必ずついてくると思っている。

ネガティブにはならない。

心配していない。


もし賛同してくれる人がいるなら。

同じ思いの人がいるなら

それが正解であることを確認しに行こう。

万が一にも選手がひるむなら

その背中を押しに行こう!!!!



どんなメンタルで望めばいいかって!?

もちろん吉田松陰先生の言葉を胸にのぞめばいい。



総ての幕末の志士たちを奮い立たせた言葉。


「諸君、狂いたまえ」


IMG_7292.jpg

(今まで見た横断幕で一番しびれました。)




カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村



ボランティア登録はこちらから

下記のアドレスに「からメール」を送信してください。

アドレス  35934711@ra9.jp

案内のwebアドレスがおくられてきます。

そのWEBサイトよりご登録ください。

たくさんお方のご登録よろしくお願いします。

もちろん登録だけしてボラはできる日だけでokです!!!











コメント

お待ちしています

2度目のコメントです。

維新公園競技場にお越しとの事。私も観戦に行き
たいのですが、当時は仕事の用事で、福岡に
行かねばなりません。カマタマとレノフの
試合を、
一度生で見てみたいという願いは、今年もかなわず(泣)。

「カマコロ」を食べてみたかった……。あ、「カマコロ」に対抗して、
「レノコロ」なるものも出るそうですので、話のタネに
1つお召しになってみては(笑)。

レノファも、今季1分3敗と調子が上がりません。
お互い勝ち点3が絶対欲しいところですね。よい
試合をしましょう。

レノファとカマタマの試合を見られないので、4月に
北九州の本城である天皇杯1回戦、福岡県代表と
香川県代表の試合を見に行こうかと計画中です。
香川代表の
アルヴェリオには、カマタマ草創期の選手もいますし。

ともあれ、維新公園に気を付けてお越し下さい。
お待ちしています(私はいませんが(笑))。

第五出動。

発 ka一家分隊
宛 釜玉前線指揮所

前前日ヨリ長州ヘ出撃シ、
前日午前中ヨリ432部隊へ合流後、
蒸気機関車中ニテ索敵開始。
当日午前中ニハ本隊へ合流予定。
以上。

Re: 第五出動。

発釜玉前線指揮所 
宛 ka一家分隊

貴隊ノ健闘ト航海ノ安全ヲ祈ル
本隊トノ合流時刻 一二:00
合流場所 維新スタジアム アウェイゴール裏

諸君、狂イタマヘ

Re: お待ちしています

ご無沙汰しております。

また、年度末、月末のばたばたでお返事遅くなり申し訳ありません。


明後日はお仕事とのこと。

残念です。

次の機会を待つこととします。


レノコロ!!これは楽しみ。食べ比べてみますね。


讃岐は3分1敗

いい試合をしていますが失点を見る限りまだDFが不安定というところでしょうか。

しかし、点は取れているので例年になく讃岐サポは盛り上がれます。

しかし、おっしゃる通り「結果」がのどから手が出るほどほしい

これが偽らざる心境です。


恐らく双方の意地がぶつかる激戦・死闘の維新スタジアムになると思います。

200~300人はこちらからお邪魔すると思いますのでよろしくお願いいたします。(笑)


アルヴェリオは私も気になってます。

おっしゃるとおり創世記のカマタマ戦士がいるので気になります。

もしカマタマーレが立派になって誰の助けも必要なくなっったら

カマタマは卒業して

古参サポさんと今度は彼らを応援してみようかな

またJFL目指して闘うのも楽しいですね。


まずは風邪でも引かない限りそちらにお邪魔しますね。

お会いできないのは残念ですが

今からとても山口で試合見れるのが楽しみです。

またコメントくださいね


お仕事気を付けて

ではでは・・








非公開コメント

プロフィール

がくお 

Author:がくお 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR