ホーム開幕戦体験記 試合前お掃除編



居並ぶ掃除ボランティアの面々

総てがサポーター(いや一部は初参加のボランティアさんだけど・・汗)

カマタマ職員さんでもアルバイト君でもない

間違いなくこの後、

選手と共にこの戦場で戦うカマタマーレサポーター軍団である。


彼らの

開幕戦にかける意気込み

今シーズンの観客増に並々ならぬ決意の表れ

たくさんのお客様の前で試合させてあげたいという「愛」

金曜日のビラ配りに飛び入りで参加してくれた選手たちへの恩返し


様々な思いを胸に集いし掃除ボランティア=サポーター有志

お掃除勇士36名


彼らが掃除したスタジアムには

本日初来場の新規様がたくさん座った

快適な観戦環境でストレスなく楽しんでくれたことと間違いない。


もちろん今日のスリリングな試合展開は

多くのリピーターを呼ぶだろう。

それぐらい今年のカマタマーレは強く、魅力的なのは疑いようがない。

昨日の勝ち点1は

耐えて、耐えて0-0のドローの試合ではない。

先制されたが追いつき、ついには逆転。

しかし、最後の最後の1プレーで同点にされてしまう悲運。


これはサポーターとしては残念なことである。

しかし得点機は2度。

1点目は渾身の同点弾

2点目は執念の逆転弾

悲運の同点劇も

「次は俺たちが勝たせる!!」と言う意気込みがサポさんにスパイスされる。

新規客様にも「次こそは」「また応援したい」と言う想いが

確実に芽生えたと思う。


昨日の盛り上がりがいかほどのものだったか。

WEB上の様々な感想は

ほとんどが(一定の)満足と更なる期待が綴られている

そのように感じる。

アウェイゲート業務しながら戦況に聞き耳立てていた我らにはわかる。

ホーム側の歓声とどよめきが絶えない。昨年とは比較にならない。



その人たちが興奮して楽しんでくれる下地はこの36名の勇者が作った。

彼らの渾身の舞台装置である。

IMG_8967.jpg


彼ら彼女らが磨いた座席が

モップ掛けしたデッキが

掃き掃除した階段が

例え、誰にも知られることがなくても讃岐の応援を強く熱く大きくする。

間違いない。

「盛りあげる会」の呼びかけに応じていただきました皆さん

本当に、本当にありがとうございました。


清掃用具の寄贈などと言う厚かましいお願いにまで応えていただき

本当にありがとうございました。

。゚(゚´Д`゚)゚。感動。


4800人のお客様

この人たちが今週どれだけ来るか・・・・

楽しみでなりません。

素晴らしい答えが用意されている事、願ってやみません。

しかし、またしても2800人だとしても

昨日の4800人に素晴らしい興奮を体験していた事実は変わりません

2年後3年後のカマタマーレの成長に大きなインパクトを残したはずです。

自信持っていきましょう


これからもどぞよろしくお願いします。

いつか満員のピカスタでみんなと応援できる日を

私は夢見ています。

その夢は必ず叶います。皆さんがいてくれる限り。

その献身的な愛がある限り。



皆さんありがとう。そしてお疲れ様でした。





追伸

もちろん町田は強かった

私たちが2011年から追いかけ続けた精鋭クラブである。

町田ゼルビアの今シーズンの健闘をお祈りします。

次回対戦まで壮健なれ。








カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村



コメント

No title

昨日の試合後半15分ごろから見てました。
元徳島戦士のヨンジがおりますので...

1点ビハインドの状況でした。
CKからの混戦のなかヨンジのスーパーな
ボレーがバーをたたきます。
テレビの前でのけぞりましたね。
決まればダゾーンのベストゴールもんでした。
その後の仲間君?のこれまた豪快なミドル。
もう押せ押せですね。
とどめは馬場君のゴール。
勝ち点3ゲット...だったハズなのに

うーーん惜しい惜しすぎる
みんな精一杯やったのに悔しいなぁ
でも今年のカマタマさんは強いです
ヨンジを可愛がってやってください。

ではでは

Re: 徳島さぽ様へ

徳島サポ様ご無沙汰してます。
今年もよろしくお願いします。

いやぁぁぁああああああ~~~~すごい!!!ヨンジすごい!!!
もう相当うちのサポは虜になってます。
体張る、フィジカル強い。そして何よりツイッターでつぶやく一言一言が
もうサポさんにの心に刺さりまくりで
本当にいい選手、いい人、素晴らし好いプレーヤーですねぇ
今シーズン彼の戦いぶりが楽しみです。

今年は得点も多く讃岐の試合はドキドキします。
まぁ、失点はご愛嬌かな・・まだこれからよくなると思ってます。

徳島さんとの対戦よろしくお願いします。
恐ろしく徳島が強いと・・・開幕そちらに行った讃岐人からうかがっております~~

ではでは・・・
非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR