讃岐のイノベーション

イノベーションとは革新的な技術だけではない。

需要と供給の変化にいち早く対応した時に起こる爆発的な成功事象だと思う。

しかしこの機会は得てして見落とされがち

むしろ気が付いても「イレギュラー」や「異常事態」として否定し

切っ掛けをふいにしてしまう事がある。

場合によっては忌避し、避ける。


しかし、能や歌舞伎を海外にジャパンクールとして発信するより

マンガやアニメ、ゲームを発信する方が受け入れられたのも事実である。

マンガやアニメにも日本人の素晴らしい文化で思想・風土が内在している。

意図しなかったマンガやアニメのムーブメントを

一時的なイレギュラーととらえず、

「低俗なサブカルチャーは日本の文化とは違う」などと否定せず

逆手にとって全面に打ち出し、観光目玉とした広報戦略はお見事である。

そしてそこから能や歌舞伎といった伝統芸能への関心も高まる傾向にある。

逆にワンピースをするスーパー歌舞伎まで現れた。

まさに一石二鳥。


カマタマーレにかかわる私たちはそこに着目したい

イノベーションの種となる事象を

絶対見落としたり、否定したり、恐れてはいけない。


今シーズン初めて沖縄で行われたキャンプ

キャンプを終え帰県したカマタマーレを

空港に出迎えたサポーターがたくさんいたと聞く。


これは紛れもなく何かイノベーションのサインである。

他にも

① ボランティアが一定数必ず確保されている。更にアテンド力が高い
② 試合前清掃するサポーターが必ず一定数確保され、その人たちの意識と成果が高い
③ サポーターのアウェイ参戦率が高い。近場であればホーム観戦客2500名中30~40%が参加する
④ イベント参加率が高い。空港お迎えの他、ファン感や最終練習も盛り上がる
⑤ 頼んでないのに高松高校生が書道パフォーマンスに取り上げてくれた。
⑥ Jリーグ芸人が増えてきている

意図しない成功は数えきれないぐらいあるのだ。

この事象を分析して観客動員の革新的な成功方法を探したい。

それは黙っていてもお客が津波のようにやって来るシステムの事である。

そしてカマタマーレのスタッフが発見するのではなく

サポーターやボランティア、その他カマタマーレにかかわる大勢の人々の

気づきや行動力、経験のシェアが作り出す事のような気がする。


チラシを配るのも大切

ポスターを張るのも大切である。

けれどそれが苦手な方はそれを見つけ出すことで

2017年のカマタマーレサポの居場所としてほしい。


手始めとして

瀬戸大橋ダービーではみんな「鬼」のコスプレして来場するのはどうだろう

ヘビーでもライトでもいい。

節分のお面でもいい

ラムちゃんでもいい

鬼奴ねーさんのメイクでも

イケメンさんはAUの鬼ちゃんでもいい

鬼誠会の皆さんが「鬼」フラッグ作ってくれても面白い

書道教室開催してテーマ「鬼」でもいい

かわいいのやかっこいいのでいい

楽しんでいただけるのが絶対一番である。


イベント好きな讃岐サポーターが喜んで参加してくれて

楽しんでもらえる。

その楽しそうな雰囲気が伝わる。

周りに広がる。

マスコミが取り上げる

芸人がネタにできると喜ぶ

書道部さんが発表の場ができる。

もはや瀬戸大橋ダービーというタイトルが

「新・鬼が島」に変わっても楽しい。



ただいきなり大きく始めると幾何学的に手間と準備と予算が増え

トラブルも起きる

いつでも修正できるように小さく生んで「こそこそ・・」っと楽しむところから始めれば

失敗しても修正できるし致命傷にならない。

もちろんこの手のイベントが苦手な方は参加してはいけない

自分が楽しいのが一番である。


けど面白がれる人は

みんなでそーっと・・・笑

ゲリラ的に楽しめば長く継続した楽しみが一つ増えるのではないかな



本日は私の妄想ブログ(笑)





昨年好評でした。少年のウェルカムボード


20160327123614c4c.jpeg


20160327123546753.jpeg


追伸

もう鬼でなく「つの」でもいい。

名物サポのめっと師が

トレードマークの蒼ヘルに角をつけて頂けたら

ダービーバージョンとなるわけで・・・・・・(*・`ω´・)ゞ


いやもうシャアザクの角でも可(笑)

ええいもう、グフのコスプレでもOK!!!

DSC00087.jpg



カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村

コメント

No title

ネタ振りされちゃったぁ。
そうとなったらなんか仕込んでみましょう。

ブログ村界隈でインフルエンザのように妄想を撒き散らしてるGAMEです(笑)。お疲れさまです。

5年前から比べれば、ビックリするくらいの進歩ではありますが、讃岐の応援に決定的に欠けているものがあると思うのです。

それが「笑い」じゃないでしょうか。
Twitterで柏の新しいチャントを聴きました。
榊原郁恵の「夏のお嬢さん」チャント

♪俺たちは柏さ 黄色がとっても似合うよ
♪刺激的さ クラクラしちゃう
♪チュウ チュウ チュチュ

これをヤケクソ気味に歌ってました。

松本の「かまたまよりソバ」しかり。

サポーターとは、選手の背中を押すものだと思ってますが、応援そのものを楽しむことで、ハードルを下げることもできるのかなーと。

そういう意味ではコスプレ企画は面白いなぁと思いました!

あと…ホーム開幕戦の前日って、土曜日でしたよね?有志でスタジアム清掃ってできないですか?
噂では鳥の糞でどエライことになってる…なんて聞こえてきてますし。
やるんだったら、是非参戦したいです!

鬼のコスプレ面白そう❗️みんなでやれば怖くない✌️
岡山戦に備えて検討価値ありだと思います😊

まずは行動力!

お迎えに日時は、キャンプ最終日当日か翌日か分からなかったので、会社スタッフに電話して確認し、2chに書き込みしたところ、沢山のサポーターが高松空港に来てくれました!
選手もびっくりしたと思いますし、疲れていたと思いますが、サインや写真撮影に応じてくれました!
私は、もっとサポーターが増えて、ピカスタに来て応援して欲しいですし、選手との垣根を取り除き、チームの目標である6位を目指して本気で応援していきたいです!
ポスター貼りやチラシ配り以外にも応援できることがあると思いますので、サポーターが知恵を出しあって、まずは実践することが大切だと思います!
失敗することもあることもあるし、サポーターによっては得意不得意があると思いますが挑戦していきたいと思います!
今年は、ピカスタの平均観客数5000人を目指して、いつかは、J1昇格と満員のピカスタで応援したいです!

Re: めっとさま

強制的にご出演させてしまい申訳ありません。
けど何かパフォーマンスするにあたり、
めっとさんの「メット」が最初に頭に浮かびました
鬼バージョンは別にしてこれからも楽しいパフォをよろしくお願いします。
いつも素敵です。
感謝感謝感謝です~~~~

Re: GAMEさま

私もそのインフルエンザに罹患したようで(笑)妄想が膨らみます。
多くのカマタマサポーターの中「ものを書く」ことが好きで、
いろいろな視点のブロガーが集まる讃岐ブログ村もイノベーションの種だと思います。
本文中の追加⑦だと思うのです。

そこから発信される情報がカマタマーレを前に進めるなら素晴らしいし
新しい価値を創造する。そして観戦の輪が広がるのもうれしい。
年末のアウォーズにJリーグ文学賞なるものができれば
讃岐はブログ村の存在で圧倒的に有利です。
最後は芥川賞取るブロガーが現れるかもしれません。
その作品が動員を飛躍的に伸ばすかもしれません(笑)
ブログ村が讃岐を大きくしていきます。

そんな環境を熟成する一環として
妄想シリーズがスピンオフしていくのは面白いです。
私も書いてみようかな・・・と(笑)



話題変わりまして・・・

そうなんです。笑がほしい。
いや、私はアウェイ遠征しかスタンドの雰囲気は知らないのですが・・・
アウェイ遠征では少人数だし、
まとまりがいいのでCLさんが飛ばすジョークは行きわたる。
そしてジョークは秀逸です。
IAIスタでも長良川でもフクアリ、アルウィンすべてで楽しく面白かった。アットホーム。
しかしピカスタではたくさんの人がいるので
もっと笑あってもいい・・と言うかもっとあれば楽しい・・・という事だと思います。
そこはCLさんをはじめ少人数で頑張るより、全員の自主的なものであればストレスが少なく
継続できると考えます。

なので個々でできる鬼のコスプレを例として挙げました。笑
別に鬼でなくてもOKなのです。(極端な話)
最終的にはそのムーブメントが笑える名物チャントを作るきっかけになればいいのかなと思います。
ご賛同いただきありがとうございます。
うれしいです。


掃除の件・・・う~~~ん
それは大変
何か考えてみますね。
情報ありがとうございました。


またコメントください
ではでは・・・

Re: やぎちゃんさま

おお!!ご賛同感謝感謝感謝~~
ぜひ、自分が楽しめる面白い奴お願いします~~~

Re: まずは行動力!

何と!!!
電話で確認して拡散したのですか!!
いや~~これは驚き。

サポさんも選手も好意的なイベントになったことは大きな発見です。
この事象をイレギュラーととらえたり否定的な見解を持つ人が現れるかもしれませんが
それは想定の範囲です。イノベーションが起こるときの自然な拒絶リアクションです。
ご自身の行動は誇っていただきたいです。
素晴らしい「気づき」をありがとうございました。

ただしんちゃんさんに不利益が発生するといけないので
ご自身の主張がある程度保護、あるいは修正できる
ブログやツイッターで拡散した方が安心かもしれません。
カマタマーレ側の了承も得ていることも添えられて拡散されたら
サポ仲間としては安心なところがあります。

けれど提案から行動に移すまでには
相当なエネルギーが必要という条件の中、
お出迎えを提案拡散されたことは尊敬に値します。
ありがとうございました。

けれど絶対無理はしないでください
仲間が傷つくのは自分がそうなるより何倍もつらい事なのです。
たぶんみんなも同じだとお思いますよ~~~

コメントありがとうございました。
またコメントください。
ではでは・・






非公開コメント

プロフィール

がくお 

Author:がくお 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR