ババチャント(?)公募です。

201601101202136ad.jpeg


コアサポーターさんすげぇ!!

馬場ちゃんのブログ「お返事です」の発信に応えて

馬場ちゃんのチャントを募集するそうである。

http://celeste-de-corazon.com/information/?id=12

くだんのブログ拝読すると

①今のチャントを作ってくれている事に感謝している。そして盛り上がっている。嬉しい。完全に拒むものではない。
②「変えてくれ!!」ではなく変える機会あるなら変えてほしいとも思う・・・のが正直な本音
③後はサポさんお任せ。今のままでもうれしいし、変えてくれるならどんなになるか楽しみ。

この発信を受けてコアサポーターさんが動く

公式に募集するそうである。


まずはこの迅速な対応ができるコアサポさん達に敬意を表する。

コアサポさん達がプレーヤーファーストである証しである。

そして、柔軟な思考、迅速なフットワークを持っている。

頼もしい。

彼らの考え方と行動を心から支持する。


基本私は何でも歌う。

昨年の「ババ・ゴ~~~ル!!」も大好きである。

100%好感を持っていた。


これまで、すべてのチャントも

厳選され、いろいろ思い悩み、

サポさん自身の時間を使って生み出された応援の魂である。

全部大好きだ。

故に「これを歌おう」と言われたなら

それを疑いなく、感謝をこめて全力で歌う。


もちろん誹謗中層・差別的なチャントは拒否するが

我らの中心にいる人々はそんな物を作るサポーターではない。


これからもコアサポーターさんの選んだ曲を無条件に支持する。

結果、この公募が昨年のチャントに落ち着いてもOK!!

もちろん新しく決まるならそれを大声で歌う。



ただ、選手のブログにいち早くアクションをおこし

またサポーター全員から意見を聞くメインサポーターさん達が誇らしい。

私はあなたたちが大好きだ。

様々な意見を聞き

自信をもって選曲してほしい。

皆さんが決めた歌なら

私はたとえ一人になってもその曲を歌う

力の限り

のどがかれるまで

太鼓の音が止まるまで

歌い続ける。

その歌と共に選手に寄り添う。



リリース文中の最後に結ばれた言葉。

「皆で最高のチャントを創りましょう。」

しびれた。

少し、ぐっと来た(笑)

あなた達と今シーズンを一緒に戦うことができて

私は誇りに思う。

いつもありがとう。




IMG_5246.jpg



IMG_4916.jpg

追伸

この盛り上がりはみなさんが作った芸術である。








カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村

コメント

チャント

馬場選手のブログの質問コーナーに私の他にも沢山の質問が有りましたが、厳しい沖縄キャンプ中にもかかわらず、快く回答を頂き感動しました!

選手全員のチャントを考えるのは大変ですが、選手にとっては嬉しくて、サポーター及びチームの勝利の為に頑張ろうと思いますよね!

開幕までに間に合わないかもわかりませんが、出来れば、全選手のチャントが出来たらと思います!(出来たチャントをピカスタ及びアウェイに響きわたします!)

馬場選手の最後には、讃岐の漢、馬場を入れて欲しいです!

開幕までに1ヶ月を切り、選手もトレーニングのピッチを揚げていますが、私達サポーターも出きることで頑張らなければと思っています!(ポスター貼り、チラシ配り等)

Re: チャント

いつも活動ありがとうございます。
チャントについてはどんな選曲でも私はサポさんを支持します。
ただ選手とコミュニケーションが取れている(?)事に感動をしました。
プレーヤー1stの気持ちみたいなものに。

私は作詞作曲のセンスがないのでよくわからないのですが
しんちゃんさんの想いが届くといいですねぇ~~

これからもよろしくお願いいたします。
非公開コメント

プロフィール

がくお 

Author:がくお 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR