ホーム開幕戦は

昨年のホーム開幕戦

今年と同じくシーズン第2戦が開幕戦だった。



結果は観客数2858人



他会場の開幕ゲームが1万人近い数字比べ驚くべき数字。

第一戦のシーズン開幕戦を勝利したにもかかわらずこの数字。

更に驚くべきは第2戦も勝利し2連勝で迎えた第3戦のホームゲーム

2452人

さらに400人ダウン・・・


これは危機感を持っていなければならない。

そして当事者意識を持ちたい。

何があっても来てくれるお客さんは2500程度なのだ。


原因は3週前にさかのぼる

2月14日は鹿島アントラーズとのプレシーズンマッチ

ここを起爆剤としてカマタマーレの認知度を上げ

その勢いそのままにシーズン開幕を迎えたかった。

つまりアントラーズとのシーズンマッチに広報のエネルギーを割いた。

アントラーズと戦うカマタマーレの姿に県民の関心を呼び

それが開幕の動員の切り札となるはずだった。


結果、アントラーズ戦で動員が伸びず

開幕戦に向けた県下への告知が大きく不足した。

3週間では新たな対策は効果が上がらず。

結果「ぶっちぎり」の開幕動員数ビリである。


せっかく大失敗したのだから得たものを大事にしよう。

我らは開幕前に大型イベントを企画するのは時期尚早なのかもしれない。

極端な話

「アントラーズ見に行ったから開幕は行かない」・・・・となる。

総て全力をホーム開幕に向けるのが正解だろう。


であれば今年はプレシーズンは行わない

順調に開幕までの準備ができる。

恐らく2015年の開幕戦観客4198人がベース。

ここにいくら上積みがあるかが我らの勝負である。


だからやみくもに心配する必要はない。

全力で開幕を準備するカマタマーレスタッフが4200人前後は必ず確保してくれる。

さらにサポーター・ボランティアがその熱を伝えることで足りる。

いやいや、無理に卑屈に「お願い!!お願い!!お願いします!!」でなくていい

「開幕戦なんだ。お祭りだから来てよ!!!」

と楽しそうに押し付ければいいのである。



サポルト曰く

「押し付けるぐらいじゃないと

その熱や愛は伝わらない」のだそうである。

そして以外に押し付けられるのを待っている

香川県民は多いのである。




今まではボランティアする自身では誘った方をアテンドできないので

少々腰が引けていた。

しかし、監督、スタッフが10倍頑張るなら

私もできる限りの力を使おう。



全力でこの素晴らしいイベントを押しつけたい。

私は本気でプレーオフを目指す。

私は本気でJ1侵攻をもくろむ。



お付き合いいただける方

お力添えいただける方

ぜひぜひよろしくお願いいたします。(=゚ω゚)ノ





もう一度見たいこの風景
C大阪戦 11,376人の来場者。
IMG_8090.jpg








カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!


にほんブログ村







コメント

非公開コメント

プロフィール

がくお 

Author:がくお 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR