サポルト

年末帰省した弟が

「兄貴これ・・・」とおいて行ってくれたマンガ

サポルト 木更津女子サポ応援記

サッカーサポーターまんが

IMG_8820.jpg


ストーリーは

平凡で都会にあこがれる田舎の女子高生が

学校の問題児少女に連れられてJ2リーグのゴール裏でサッカー初観戦。

更には地元がないことにコンプレックスを抱える帰国子女も仲間に加わり

地元Jクラブの試合を

初観戦

初敗戦

連敗

そしてダービーを経験し

スタジアムの熱気

選手やサポーター仲間のやさしさにふれて

サッカー愛・クラブ愛・地元愛に目覚めるお話し。


べたべたでこてこてのサポーター・ストーリーが

何と軽快に熱くさわやかに描かれている事か。

お正月は何回も読み返しました。

ダービー・エピソードでは

あの日のマリンライナーの車内を思い出し

涙がほほを伝いました。(笑)



IMG_8819.jpg




カマタマロスのみなさま

開幕までのひと時をこの漫画で埋めてみてはいかが??

なんと単行本帯の推薦文は村井満Jリーグチェアマン!!!!


追伸

高松高校書道部の皆さんに「お礼」として差し上げたい・・・・。(。-_-。)

そしたらまたパフォしてくれるかもしれん(笑)

ひょっとしたらサポになってくれるかもしれん(=∀=)

危ないおっさんのつぶやき・・・ぶつぶつ・・・・







カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村





コメント

No title

おお、読まれましたかサポルト。描かれてるシーンをいちいち我らカマタマ&カマサポと脳内変換しては何とも言えない気持ちになります。

この作者が描くクラブのモデルがどこか分かりませんが内容が刺さるって事は他所のクラブとサポも大なり小なり我々と同じような体験や心境を持ってるんでしょうね。

Re: めっと様」

いやぁ~~想像を超えてよかったです。
テーマが難しいから「べたべたの話」かもしれないと思い
興味はありつつ遠巻きに見ていたのですが
思わぬ身内の差し入れで拝読しました。

確かに脳内変換しまくりです。
とくにプロビンチャたる事を成長の基本とするクラブサポには
もう感涙の涙かもしれません。(笑)

そしておそらくファジさんでも千葉さんでも松本さんでも同じような思いがあるのでしょうねぇ。
いいマンガでした。

3巻が楽しみ(笑)

コメントありがとうございました。


非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR