分析??心配??

昨年のリーグ戦成績で実力序列ベスト5を並べる

名古屋

湘南

福岡

松本

京都


この最後に「讃岐」をたす・・・・



今年の年末に目指すイメージはこんな感じ。

ここは本来なら岡山さんが入るわけだが

入れ替わるには岡山さん並みの成績が必要である。


勝ち点65

勝利 17 引き分け 14  敗戦11  のシーズンスコア

総得点数 58 総失点数 44   得失点差+14


讃岐は

勝ち点43

勝利 10  引き分け 13   敗戦19 

総得点 43 総失点 62   得失点差 -19

勝ち点の差はなんと22ポイント!!


しかし讃岐は2016シーズンより

レギュラークラスがほぼ残留

新FWの加入もあり、

得点力の上積みは+16。

航大 小澤の移籍による喪失得点は3点については

新加入選手で埋まればOK。

得点力59・・・昨年の岡山さんほどになる計算である。

後は20点前後、昨年より失点を減らさねばならない

ここがどのように計算していいのかはわからないが

2試合トータルにつき1点減らすイメージか??

そう思えばハードルは高すぎない。

手持ちカードは希望と期待にあふれている。


まぁ、J1最大得点でもJ2降格したクラブを見たのであくまでバランスが大事

予定通りいかないのも常ではある。

ただサポとして心がけたいのは戦い方は変わらないはずである。

それが書きたくて苦手な数字を並べてみた。


「プレーオフをめざすなら」と

どこまでも「勝利」を求める事は正直不安を覚える。

勝てない事のみ嘆き、悲しみ、最後には諦めてしまう展開はうちには似合わない。

まず評価することは例年通り「負けない事」。

これを評価できる讃岐サポは他クラブにはない武器である。


負けなければ勝ち点が積み上がり、

相手に与える勝ち点は最大でも「1」である。



岡山さんの勝ち試合の割合は40%

引き分け数は33%である

引き分け・勝ち・引き分け・負け・勝ち

このペースで65点到達する。



うちはざっくり

勝ち・負け・負け・引き分け のペース。

つまりは4節単位で 一つの引き分けを勝ちにすれば

65に近くになるペースだ。

具体的には2016シーズン

11試合あった1点差負けゲームを6試合引き分けに変え

13試合あった引き分けゲームを7試合勝ちに替えることができたなら

17勝12分13敗 勝ち点 63

その他イレギュラーな事もあるので十分プレーオフ戦線に乱入が期待できる。


その土台としてまず負けない事

結果0-0を評価していい。

△△○△●は月間1勝でもプレーオフペースである。




なぜこんなことを書くかと言うと過去J3降格したクラブは

その悲劇のシーズン前はむしろ高評価であった

ガイナーレさんもカターレさんもトリニータさんもギラヴァンツさんも

過去最高戦力で開幕を迎えている。

J1を目指すと宣言していたクラブも多数。

しかしながら最悪の結果を得てしまった。

色々原因はあるだろうが

サポが極端に「勝利」を渇望し

その結果と現実に焦り

さらにはシーズン中にそのテンション修正ができなかった。

こんな悲劇もあったのではなかろうか。

鶏・卵の理論ではあるがサポの混乱・分裂は選手に伝わりよくない影響があると思う。


カマサポはプレーオフを目指す。

これは紛れもない素敵な事である。

しかし、その方向は過去磨き上げた戦術がより進化したものだと思う。

前半15分0-0経過

サポ心情は「よしよし」

前半終了0-0

「しめしめ・・・・」

後半立ち上がりの猛攻と終了前15分の総攻撃。

もちろん現場の意図した戦術が通年これでないのもうれしいが

そうでないからといって慌てることはけっしてない。


私たちはゆるぎない過去3年の経験の上に新しい歴史を積み上げるのである。

いつもと変わらず、試合展開にドキドキし

いつもと同じ愛情を注ぎ

いつものように全力で選手の背中を押す。


その熱量のギアを上げる。

このことが今年の挑戦だと思う。



そしてそれが数多の降格クラブの悲劇から

讃岐を遠ざける対策だと思う。



もちろんこれは私の私見であり

いろいろな考えはあるべきだと思う。


ただみんなで同じ夢をみていたいのである。

笑ってシーズンを終えたいのである。


IMG_5282.jpg


追伸

なになに・・・当たり前で浮かれているのはお前だけとな!!!

う~~~~ん

そうかもしれんです(笑)





カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村


コメント

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017カマタマーレ選手チャント
2017カマタマーレ選手チャント posted by (C)がくお



2017カマタマーレチームチャント
2017カマタマーレチームチャント posted by (C)がくお




ブログサブタイトル 

香川にはカマタマーレとサイコーの週末があります。




カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから




2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 




どうも!!香川県に住んでる社労士です。私は働く人と社長さんの素敵な関係を作るお手伝いしています。


いつも思うのですが香川の若い人は都会に行きたがり、残る人は故郷が好きではないように見えます。大人は割り切ったふりをして、代わりに休日の充実を捜す。そして打ち込むことがないと嘆く人います。


本当はみんな「香川大好き」なんです。「誇り」と思っているのです。


ただ・・どう表現していいいかわからない。だから「地元が嫌い」と錯覚したり、余暇の過ごし方を迷い、打ち込むことが見つからないのです。


対照的に健全に痛快に郷土愛を表現でき、充実した余暇を過ごす人たちがいます。それは香川100万人の中で、たった3,805人です。



・・・ですが確実にいます。



そう、我らカマタマーレ・サポーターです。


サポーターとは応援する怖い人たちの事ではありません。ゴール裏で飛び跳ねる人たちの事でもありません。青色のユニフォーム着ている人たちの事でも、遠く県外まで応援に駆け付ける人の事でもありません。



ただ「香川が好き」「故郷が好き」・・それが心の真ん中にある人たちのことです。その人たちが郷土の誇りとなって闘うサッカーチームを応援した時、サポーターになるのです。




もやもやして毎日を過ごしている方、イライラして会社に行っている方、人生退屈と悟り気味の方、打ち込むことがほしいと渇望している方、


後悔させません。



あなたが香川で探しているものが「ここに」あります。一度見に来てください。そしてちょっとの勇気で私たちに話しかけてくださいね。いつまでもいつまでもお待ちしています。




もちろんサポーターだけがクラブを応援する訳でもありません。ボランティアとして活躍してくれても同じ。何時でも大歓迎です。



あるいは「香川県を盛り上げたい」と願う社長さんは大小さまざまなスポンサードの仕方あります。ぜひ一緒に盛り上げていただけたらと思います。


そのきっかけとなるようこのブログを書きつづります。


すこし暑苦しいかもしれないけど少し独断と偏見入るかもしれないけどその時そこにいた私の素直な感情をつづる事お約束します。

そこに自分の探しているモノ見つけたらその匂い感じたなら是非スタジアムに来てください。


いつまでもお待ちしています。


いつか出会う未来の仲間たちへ


カマタマーレ讃岐 とあるサポーター がくお








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR