サポーターとして  2017

本日、最後の未契約であった山本選手の更新情報がリリースされる。

うれしい。

愛してやまないJFL時代からの戦友が無事讃岐に帰還した。

また練習日程、キャンプ情報などカマタマーレ始動の情報があふれる。

ほぼ今年の讃岐丸の全容が明らかになり

船出の準備が着々と進む。


2017シーズンの戦いは始まった。

いまから11月末まで、サッカーの神様のご加護がたくさんありますように。


さて我らサポーターも準備を始めねばならない。

まずはサポーターとして昨年感心したツイートを紹介したい。



2016年プレーオフに臨む松本山雅サポさんが仲間に向けたつぶやき
(無断で紹介ご容赦・・・)


yamaga


私は生まれながらに讃岐サポーターではない(あたり前だが・・・)

偶然手に入れた招待券で観戦して

その素晴らしさに触れて今でもサポーターである。

そのすばらしさとは選手や試合やスタジアムではない。


当時はまだ少ないサポーターだったが40~50人はいたとおもう。

なんと古参サポがそこにいる一人一人と試合前に握手を始めたのだ。

勿論面識などなかった。

初めて観戦した私を

感謝の言葉と共にこれから過酷に戦う仲間として固く握手してくれたのである。

少し照れ臭かったが

その人と握手をすることで

「私もサポーターでいいいのだ・・・いやサポーターなのだ!!」

と感動したものである。

「ここにいていいのだ!!」

とうれしくなったものである。

あの人にまた会いたい。

もっとサポーターとして認めてほしい。

そう思ったものだ。


選手に触れたりイベントを楽しむことも楽しい。、

しかし、

あの人は今日もスタジアムに駆け付け

選手と共に戦っている。

そう思うと熱く痺れるような衝動が駆け抜ける。

素敵なサポーターさんの手伝いがしたい。

一緒に飛び跳ね、喜びを分かち合いたい。

これほど焼けつくような昂揚感と興奮はない。



・・・・・・・・・・・・

お気づきだろうか・・・・

もうみなさんは

あの時、私が感動した

握手してくれた古参サポさんである。


ぜひ皆さんが周りにその熱を伝えてほしい

あなたは

あなたと共に応援したい・役に立ちたい・認めてほしい

と思われるサポーターである。

そのことを自覚してほしい。


実はこれが一番仲間を増やすには大切な事だとおもう。

今日も「あの人たちと応援したい」

この感情がカマタマーレ愛の発芽なのである。


今のわたしはそこまでのサポーターではないかもしれない。

しかし、今シーズンは積極的にいろいろな人に声をかけたい。

できればタオルを貸してあげたい。

ユニも貸してあげたい。

握手はできるだけ試合前に周りの人としているが

意外に顔見知りであった。

これからは面識なくても積極的に触れ合おうと思う。


今年は多くの新しい仲間が増えるだろう。

彼ら、彼女らががあの場所をすてきだと思い

そこに集いたいと思う小さな芽を必ず大輪の花にしよう。

みんながそうしたいと思えば絶対そうなる。


これはお金がかからない

これは誰のでもできる。

挨拶が苦手なら会釈でいい

はじめてだろうがベテランだろうが

年は関係ないし、男女も関係ない。

カマタマーレが好きなら

俺たちは仲間なのだから。



201601101202136ad.jpeg

(Mちゃんまたこの写真使わせてもらいました。(=゚ω゚)ノ












カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村



コメント

No title

あけましておめでとうございます。
今年も、がくお様のブログが読める時期が来たんだなぁと今から興奮気味です(笑)

めっと様や他のブログ主様によるとDAZN、毎試合中継は無理じゃね?って声が上がっています。

どうなるのかは解りませんが、そんな時でも、讃岐には”とあるサポーターの追憶”があって、生で観て肌で感じたことを私達に教えてくれる、とてもありがたいブログが存在します。やっぱり生の迫力を、その目で見た、肌で感じた人には敵いません。今年もそんなやつお願いします!

本年もよろしくお願いします。

Re: ウルトラライトSの父さま

明けましておめでとうございます。
早速のコメントとてもうれしいです。ありがとうございます。
いよいよ始動ですね。今シーズンもよろしくお願いいたします。
DAZNとか視聴環境に戸惑いもありますが新しい刺激もある前向きに考えてます。
最近はウルトラライトSの父さんをはじめたくさんのブログ作者がいてくれるので安心です。
私もみなさんの観戦記をとても楽しみにしています。
今シーズンもよろしくお願いしますね。
もちろん私も独断と偏見に満ちた(?)取り乱した暑苦しい記事をいっぱい書きたいと思います(笑)

では旅を始めましょうか。
今年もよろしくお願いします。

コメントありがとうございました。

ではでは・・・

No title

何度でも使ってもらってかまんでー。(=゚ω゚)ノ
ことしも暑苦しいブログを楽しみにしてますー。(=゚ω゚)ノ

Re: Mちゃん様

ありがとうー
感謝感謝感謝。

この写真とてもとても気に入ってます。
みんなが映ってとても楽しそうで

今年もよろしくお願いいたします。
(=゚ω゚)ノ
非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR