2017

明けましておめでとうございます。

今年も私のつたないブログに「付き合ってやろ~」的な奇特な皆様、

皆様にとって素晴らしい一年でありますように。(=゚ω゚)ノ


いや、本当の正月は開幕戦は2月26日なのでしょう。

サッカーにかかわるすべての人達の開幕=正月に向けて

色々これから準備が始まる。

それが今なのだと思います。


くしくも開幕日は日本の歴史的政変が起こった日と同じ。

何か起こりそうな今シーズンの開幕日「2・2・6」

今年はサイコーにワクワクシーズンの予感がします。

そんな予感にふさわしい「開幕日」の響きです。


今シーズンは何と言っても

スカパーからDAZNへの変更元年。

完全に同時中継のスカパーTV観戦から

インターネット観戦へ。

視聴タイミングがリアル世界と1分少々誤差があるようですが

それでも純然たるTVと違い、

試合時間や開催日を制約(チャンネル回線数)する必要がありません。

より自由な開催日で試合を催すことができます。

いままで放送枠により制約されていた土曜日やナイターは開催頻度は多くできます。

これにより観戦が不可であった層・・

例えば

日中試合のあるサッカー少年・学生部活動選手

日が出ている間の観戦不可な仕事人、

あるいは日曜は観戦不可というようなお仕事の人

今年は例年より多くスタジアムに足を運べるかもしれません。


高額な放映権分配も魅力ですが

そういう観客増につながるいいムーブメントを期待してしまいます。

なによりDAZNの魅力(J3の完全中継・データ配信や同時観戦など)を

存分に味わってみたいと思います。


J2リーグを取り巻く環境は

自動降格が1.5枠から2枠へ拡大。

J3リーグの充実がその背後にあると思いますが

いままではビリにならなければ何とか自力残留の可能性が開けました。
(21位でも入れ替え戦で自力残留が復活)

22分の1チームのみ有無を言わさず降格。

少なくとも21位は最後にワンチャンスあった。

特に入替戦を2回勝ちぬいた我らは

下位に沈んだシーズン中で希望を紡げたわけです。

しかし、今年からは違います。

何が何でも、最悪でも20位を

下から3番目以上を確保しなければ

下のカテゴリーに転落してしまします。

下位2チームが有無を言わさず降格。

J3から自動昇格2チーム。

これが今年からのルールです。

J3リーグではとても過酷な試練が待ち受けている。

そのことを考えれば降格は何としても避けたい。

しかし前年7位のチームが2年連続で降格していることも事実。

相当な決意と共に過ごすシーズンとなるでしょう。


降格枠が1増えたのではない。

降格の危険性が2倍になったと考えるのが正しい認識かと思います。


さらにおそるべきは今シーズンのライバルたち

オリジナル10の名門「名古屋グランパス」を筆頭に

「J1クラス」と言われる施設と予算をもつクラブがいくつも存在します。

その巨大クラブを相手に勝ち点を奪わねばなりません。

選手とサポさんもボラさんが力を合わせて戦わなければなりません。



震えます

そう

ワクワクしすぎて震えます。



いまは港で錨をおろしたたずむ

冒険の船をうっとり眺めています(笑)

いや、撃沈されるまで戦いつづける宿命の艦だとしても

それに乗り込むことができる幸せにあふれています。



さぁ 2017年 が始りました。

航海の準備を

戦いの準備を

意地と誇りを積み忘れずに

みんなと共に


その船の名はカマタマーレ讃岐

我らが青春のアルカディア


20141016133902.jpg



追伸

ああ・・・今年も暑苦しさ・・・アニオタ臭・・・全開!!!!!


よろしくお願いいたします。





カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村



コメント

御無沙汰です

咋年5月の試合終了後に駅前で立ち話して以来になってしまいましたね、御無沙汰です(>_<)今年も時折コメントさせて頂きます。

しつこい様ですが敢えてツッコミます、サブタイトルつけないのですか?(^_^;)

Re: 御無沙汰です

55さま
今年もよろしくお願いします。

もうそんなになりますか~~
またお会いできる日を楽しみにしています。

サブタイトルは宇宙戦艦ヤマト2202製作を祝して
「とあるサポーターへの追憶 2017・愛の戦士達」
にしようかと思いましたが暑苦しいのでやめました~~(笑)

今年はこのままか、付け足すかはスローガンとか見て考えます~~

コメントありがとうございました
ではでは

明けましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします。

饂飩戦艦サヌキ 愛の戦士達
で、どうでしょうか~?

歌も考えてみます~(笑)
「我らの~ 愛する~  サッカークラブは~
饂飩~ 戦艦~  サヌキ~」

Re: 明けましておめでとうございます

めでたく

「とあるサポーターへの追憶 2017 J1侵攻編」となりました(笑)

あのこーが振っていた水色~~のタオマフ~~

以下略


カマタマーレ讃岐 2017 青の戦士達

これでもいいなぁ・・・笑
非公開コメント

プロフィール

がくお 

Author:がくお 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR