アウェイゲート体験記 清水エスパルス戦  スタジアム清掃になんと・・

IMG_8653.jpg

今回は有名ビッククラブとのマッチと言う事で

県民の関心が高く、

観客数も通常より多いと予想されていた。


もちろん、その中には来場初の方も多くいらっしゃる。

次節以降のリターン客から熱心なサポーターにおなりいただけるよう

全方位的に各部署が奮戦努力をする。


試合は白熱する展開だと聞いた。

現場も頑張ってくれた。

後半30分切り取れば勝っている・・・・。

この追い上げる展開は試合には敗れても

「次こそは」との観戦動機を呼び起こすそうである。

つまり「次もこよう!!」・・・となる。


その他、HTイベントやカマタマーレ広場では

大学生がいろいろ趣向を凝らした

おもてなしを試みてくれている。


我らボランティア・サポーターにできることは

何よりも「掃除」。

快適なスタジアムで

清潔な観戦

そしてサッカー観戦という非日常を存分に楽しみ頂けるよう

今回も清掃に励む。


するとなんと!!!

丸亀競技場のネーミングライツ

「ピカラ」を運営するSTネット様より

「一度、挨拶したい」とのお申し出を受ける。


おおおおおお

おおおおおお

おおおおおお

Σ(゚□゚(゚□゚*)


私たちは「カマタマーレの観戦環境の向上」を目指し、

また「新しい仲間を増やそう!!」との想いから

この活動を始めた訳である。

おかげさまで2F席はピカピカになり

ここで観戦する人も徐々に増えていると聞く。


しかし、

それ以外に

ピカラスタジアムがきれいに美しく維持されていることは

そのまま「ピカラブランドが・・・ひいてはSTネット様が

ユーザーに好意的にとらえられ

そのブランドの構築に貢献している」

・・・・のだそうである。

だから一言「お礼の言葉を伝えたい」のだそうである。




感動・・・・・

それが上記の写真。





正直、自衛的にカマタマーレの支援活動として取り組んできた。

それがスポンサー様のイメージ向上に寄与するなどとは思ってもみなかった。

まさに望外の喜びである。




更にそのことに関する「お礼の品」を届けてくださる。

IMG_8663.jpg


サックスブルーに彩れれたシャツ

胸には白抜きで「ピカラスタジアム」の文字

このシャツは販売促進用であるから通常は「ピカラ」のみ記載されている

が・・・今回は掃除に奮戦するボランティアサポーターのために

「ピカラ+スタジアム」と印字した特別バージョンでお持ちいただいたそうである。


これまでの清掃絵への感謝、

チームに対して力強い応援、

そしてこれからもこのスタジアムをよろしくお願いしますとの思いが込められている。


ありがとうございます。


誰かが言う

『これをお揃いのシャツにして次回からお掃除しようか??いつも汗びっしょりで風邪ひきそうだから・笑』

なるほど・・・いいねぇ・・


近い将来、お掃除ボランティア統一のユニフォームが誕生するかもしれない。

カマタマーレとそのホームスタジアムを守る心強いボランティ

守護神たちのお揃いのユニフォームが・・・

こうご期待です!!!笑

IMG_8652.jpg


今回も大事な試合前にかかわらず

たくさんのサポーターが清掃に駆け付けてくださいました。

ありがとうございました。

またしても2F席は隅から隅まで

文字どおり「ピカピカ」になりました。

初めて来た方も清水からのお客様も

快適に試合観戦できたと思います。

おそらく、どなたも「直接」は感謝されないと思いますが

必ずこの清掃が多くの観客を生み出す事になるでしょう。


そして丸亀サッカー少年団のご父兄の方も

たくさん参加いただきありがとうございました。

少年団のご父兄の方々には掃除だけでなく

この後の観客アテンドもご協力いただきました

誠にありがとうございました。

いつか今度はお子さんとお客さんで見に来てくださいね。

よろしくよろしくお願いいたします。











カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村




コメント

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR