アウェイゲート体験記 清水エスパルス戦 来場御礼



623名

これがアウェイゲートのカウンターが記録した数字である。

隣県の岡山、徳島を除けば

間違いなくトップクラスの遠征人数である。

さらに上記の上の写真。

たのしい小キャラクターの演出あり。

この小さなお客様は入場後、手すりの上に飾られ、

サポーターさんを励ますがごとく

仁王立ちでピッチに向かって立っていた。

その写真を撮ればよかった・・

・・と今更ながらに後悔。

微笑ましい光景であった。



・・・・こんなエピソードがポンポンかけるくらい

皆さんノリがいい。

今回はアウェイゲート業務担当の

ボランティアTOTOさんが

「あの人形さん、いつもはさらに

吹き出しとかついてるよ~~~」とのこと  笑



ううううう~~~ん

面白い!!!




ゲート寄せ書きはこの通り!!!

これは間違いなく本年度1番の寄せ書き数です!!!!

IMG_8669.jpg


「おお!!!これはいいなぁ!!!待機列に回しておくわ~~~!!!!!」

え!!??そんなに喜んでくれるのですか??・・驚くアウェイゲートボランティア一同。

すると本当に入場前の待機列で

このウェルカムボードとペンが人の手から手へと回り始める。

ボードの空白がみるみる埋まる。


最後の方に返却をしてもらいこのボードを所定の位置に戻す。

すると入場したサポさんがやってきて

「今度はスタジアムで回しとくわ~~~~」とスタジアム内に持って行ってくださり

さらにどっさりと寄せ書きが書かれて戻ってきた!!!


(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)

清水サポ・・・恐るべし・・・・笑



更に

いつも控えめにインスタントカメラを置いているが

他のチームは恐る恐る触る程度。

しかし

このオリジナル10のクラブサポーターは好奇心旺盛

手に取り、みんなで写真を撮り

笑顔でボードに張り付け始める・・・・


一連の流れを見て驚愕した私は

恐る恐る尋ねる。

「みなさん・・・来年来ることはないと思いますので・・・

そんなにいっぱい・・・ありがたいんですけど・・・いいんですか??」

すると

「来年こない!??・・・さぁ~~~わからんでぇ~~~笑」

との返事。

だが余裕で顔には真逆の事が書いてある。

「来年来ないから今のおもてなしを楽しむ!!」

と自信いっぱいに顔に書いてある。笑

このノリ・・・!!


う~~~~~ん~~~~

これがうわさに聞いたエスパルスののノリ・・・・

そして仲がいい。

驚くほどに・・・・笑


感心することはほかにもある。

なんと入場前に中心メンバーが集まり

何やら打ち合わせを入念に行っている。

今までこんなに綿密に打ち合わせてから入場するクラブサポーター集団はいなかった。

いや、入場後や試合前はしているのかもしれないが

この時間から入念に真剣に

応援方法を打ち合わせしていることに

感嘆する。


なんかJ1の応援の片りんを垣間見た感じだ。


サポーターグループが複数存在する故の

統一ミーティングなのだろうか??

かなり長時間真剣に話し合っていた。


IMG_8665.jpg


やはりJ1クラブはいろいろ勉強になる。

Jリーグ創世期から存在して

栄光も苦労も分かち合ってきた

長い歴戦と経験が

このような観戦文化を育むのだろうか??

それともサッカー王国の風土がそうさせるのか??


我らと彼らはまるで違う。

生い立ちも道のりも歴史も。

故にその答えはわからない。


同じく完成したサポーター文化でも

ジュビロさんが来た時とはやはり何かが違う。

今節ご来場の皆様は

その「チームカラー」を

そのまま実体化したような

明るい太陽の、ラテンのノリである。


どちらが優れているという訳でなく

面白いくらいのコントラストが存在している。


さて、すべて終わって

彼らが得た結果は、松本山雅と同じく、

残留戦線佳境なわが讃岐から

遠慮なく勝ち点3を奪い取り

凱旋の帰路におつきになる。

私はまだ、試合は見ていないが

きっと迷惑千万な強さだったのだろう。笑

おかげで順位がまたひつと後退した…泣


しかし、はじめて接したエスパルスの気質、

何か新鮮な感じがした。

いつか彼らに追いつく事が出きるだろうか・・・

いや必ず胸張ってもう一度戦いたい。

そんなことを思う今回のアウェイゲート体験記でした。


清水エスパルスサポーターの皆様

たくさんのご来場誠にありがとうございました。

またいつかお会いしましょう。

その時まで壮健なれ。

あと2戦のご武運、お祈りしています。

ウチも頑張ります!!!









カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村

コメント

キャラクターの主です

はじめまして。エスパルスサポの仲間よりこちらの記事を紹介してもらいました。
早速ですが
エスパルスの小キャラクターはパペットパルちゃんを略して
「パペパル」
と言います。一昨年の等々力での奇跡の逆転の時に初めて持参、それ以来ホームはもちろんアウェイも含めほぼ全試合参戦しています。もっとも私は昨年北海道に転勤となり7割程度しか観戦できていませんので、今回のように行けない試合には仲間に託しています。

今回はパペパルを取り上げていただき嬉しく思いコメントさせてもらいました。どうもありがとうございます。
とても面白い記事で楽しく読ませてもらいました。

初めまして。
ツイッターのシェアからきました
なかなかスタジアムには行けませんが
清水サポ…のつもりです

母方の実家が四国 高知なんですが
でも四国には変わらないので
昨日の試合は少し複雑でした

素晴らしく愛のあるブログ

清水サポです!!
素晴らしいブログ、ありがとうございます!!!

自信になります!
相手へのリスペクト、謙虚な姿勢、学ぶ意識、改めて初心に帰る感じがします。

お互い頑張りましょう!

Enjoy the football!!

後方支援!

がくおさん

アウェイの現地応援、ホームのボランティアスタッフお疲れ様です!

掲示板及び2chの書き込みで、スタッフやサポーターの方々に迷惑を掛けているようですので、今後は、スカパーでの応援と、チラシ配り等で後方支援で精一杯讃岐を応援したいと思っています!

J2残留争いは残り2試合で決まりますが、絶対に残留してくれると信じて応援します!!!

本来であれば、スタッフ及びサポーターの方々に直接お礼を言わなければいけませんが、もし、私のことを聞かれたら宜しくお伝え下さい!

今後もがくおさんのブログを楽しみに拝見し、迷惑でなければ、返事をさせて下さい!

頑張れカマタマーレ讃岐!、J2残留カマタマーレ讃岐!

ありがとうございます!

清水サポのS-JPと申します。
仲間よりこちらの記事が紹介されていたので
楽しく読ませていただきました。
讃岐サポさんから
こうした記事を書いていただけるなんて
すごく嬉しかったです。
試合中は敵同士ですが
一歩出ればサッカーが好きな同士ですから♪

これからもお互い頑張りましょう!

香川の清水サポです

はじめまして。
ツイッターからリツイートされまくってましたので拝見させていただきました。
リスペクトされまくりで恐縮してます。
試合内容に関しては迷惑千万な強さどころか、かなり苦戦しましたよ。
一つ間違ってたら結果は真逆でした。

自分は清水サポでありながら香川人でもあります。
そう云う意味でも讃岐には残留して頂きたいので、残り2試合お互いに勝ちを収めて笑顔でシーズンを終えましょう!
次戦うのはJ1であることを信じて‥。

讃岐戦行かせて頂きました清水サポーターです。

アウェイである私たちを本当に温かく迎えてくれて有難うございました。天気もよく、スタグルも最高でした。

メッセージボードも見て感激し、入場前の待機列に並んでいる人にまわしたり、入場後も中で書いてもらおうと持っていったのは私です。おかげで空白なく埋めれました。

清水サポーターはみんな仲良しです。応援団に登録している団体20以上あり、それに全国観戦にくるコアサポーターが混じっております。私は応援団の代表をしています。地元の静岡から4割、関東から4割残り2割は他府県から来る構成です。ちなみに私は東京から全試合応援しに行ってます。

試合前の打ち合わせは、館内の注意事項を確認した後、座席の席決めをしております。前の日までに各団体の参加人数、旗の本数を連絡を入れ、各団体の応援位置決めをしています。しかも開場前のシート張りまで管理をしていますので、揉めること、喧嘩は全くないです。応援団どうしの打ち合わせは、並んでいる清水サポーター全員に、告知連携しますので、安心して並んでいます。
J1にいた時よりも今の方が、清水サポーター団結力が強くなりました。昨年、降格が決まった時、「アウェイ遠くなるから気が引けるな、」とほとんどの方が言ってたのですが、行き出すと、それぞれのホームのサポーターや、おもてなしや、スタグルが良すぎて、アウェイに来る清水サポーターがどんどん増えて来ました。



Re: キャラクターの主です

コメントありがとうございます。
そうですか、パぺパルさんの生みの親さんでしたか!!
ゲートボラから見てもあのパぺパルさんは本当に清水のみなさんに愛されているのがわかりました。
清水サポさんのシンボル・守り神の様でした。
皆さんが大事にしているのが伝わりました。

ゲートボランティアが配置についたときには
もう写真の位置で鎮座されてまして
続々来る清水サポさんを導いているようでもありました。

残念ながら讃岐には公式マスコットが存在せず
非公式なものも現状はないのでとてもうらやましい。
みんなで愛でるマスコットはサッカーの応援に欠かせないものだと改めて思いました。

また、いつかパぺパルちゃんに会えるようカマタマーレも頑張りますね。

今回はたくさんの方のご来場
誠にありがとうございました。
残り2戦のご武運をお祈りしております。

ではでは・・・

Re: みほ様へ

コメントありがとうございました。
いえいえ・・わたくしも同じです。
スタジアムにいますが応援はしていません。
アウェイも2回に1回ぐらいが限界です。

けれど私は厚かましいので「讃岐サポ」を名乗っております。笑

そうですか!!
高知の方でしたか!!同じ四国人ですね!!
親近感がわきます。
同じ四国のカマタマーレを
気にかけていただきありがとうございます。

お優しいので複雑な気持ちになられたのだと思います。
わたくしたちの現状を慮ってのことだと思います。

けれど我らは大丈夫です~~!!!
今シーズンだいぶ追いつめられてはいますが
ココが我らにとって一番輝く場所なのです。
残留争いの世界を生き残ることを楽しみ
みんなで力を合わせて戦ってます。

これで結構幸せなのです。
そもそも夢に見たJリーグでですから・・笑

けれどいつかJ1の舞台でお会いしたいですね。
その時はよろしくお願いいたしますね。

コメントありがとうございました。
またお会いしましょう。

Re: 素晴らしく愛のあるブログ

いえいえ
清水サポさん達にはすばらしい応援とスピリッツをお見せいただきました。
それを素直な気持ちで文章に残させていただいただけなので
素晴らしいのは清水からいらっしゃった遠征サポさんです。
私は少しだけその世話をさせていただいたにすぎません(笑)

そして讃岐のボランティア・サポーターは歴史が浅いので
なんでもサッカーの観戦スタイルについて興味津々、好奇心も強いです。
特に伝統に裏付けられた見事な応援なんか見ると本当に感動そして感嘆してしまいます。

謙虚でもリスペクトでもなく
ただただ憧れ追いつきたいという闘志とか目標への憧憬なんでしょうね。

手前味噌ですが意外にこの気質を気に入っていたりします。笑
なのでお褒めいただきとてもうれしいです。

いつかまたお会いできたら
今より応援人数もクラブの強さも成長していたいです。
その時はよろしくお願いいたします。

大勢のサポーターさんのご来場、誠にありがとうございました。
あと2戦私たちも頑張ります。
清水さんに「幸」多からんことをお祈りします!!!

ではでは・・・

Re: 後方支援!

後方支援ありがとうございます。

今はみんなで力を合わせるとき、後方支援も大事な援軍です。
ありがとうございました。

事情は理解しました。
ご自身で決めたのであれば
アウェイで同席できないのは残念ですが尊重いたします。

だけど
どこにいても一緒ですし、同じく戦ってくれていると理解いたします。
これからもよろしくお願いいたします。
他のみなさんにも必ずお伝えいたします。


あと2戦
いよいよ正念場・・
みんなで笑顔で最後終われることを信じて
最後まで全力で行きましょうね。

これからもよろしくです!!
ではでは・・・


追伸
気が向いたら来てくださいね・・応援だけでもいいので(笑)


Re: ありがとうございます!

コメントありがとうございました。

いえいえ、こちらこそ素晴らしい応援を拝見できました。
また試合前の団結や応援スタイルの真摯さなど
もうびっくりするくらい感動しました。
これは何十年もJリーグで、それも高いステージで戦いつづけた歴史がそうさせるのだろうなぁ…
・・・とか思うととてもうらやましい。
いつかその他髪に我らもたどり着きたい
・・・そんなことを考えました。

またいつかお会いしたい
今年はIAIスタジアムにお邪魔しました。素晴らしいスタジアムでした。
あの大雨でピッチに水たまりがない!!笑。どんだけ芝が素晴らしいんだろう!?って。
エコパには行ったことがありません。

いつか来る「その時」を楽しみに
今はこのカテゴリーで私たちは戦いますね。

その日を楽しみにしています。
残り2戦、ご武運をお祈りしております。

ではでは・・・

Re: 香川の清水サポです

コメントありがとうございました。
思いのほか清水サポさんにお読みいただきまして恐縮です。
我らからすれば驚異の応援、高度な団結、素敵な仲間意識だと思います。
しかし清水サポさんからすればこれで「常識」「通常」というお考えなのでしょうか・・・笑
J2昇格して間もない我らにとっては相当高い「お手本」でした。

普段どうりの応援で「讃岐ボラに褒められました」的なツイートがたくさんあって
「自信になりました」「ありがとう」と言うコメントが多くいただいて・・・
こちらが恐縮いたします。

またチームをお褒めいただきありがとうございます。
伝統あるクラブから「強かった」といっていただけるのが何より励みになります。
まだまだ初めての経験や苦戦することも多いので本当に救いになります。

香川出身とのこと
それはうれしい。
帰省した際にお時間あればぜひゴール裏に援軍来てくださいね。
恐らく来年はカテゴリーがお互いに「いい意味で」違うと思いますので・・笑

そしてまた日本平に私たちも行きたいです。
その時まで清水サポさん達、熱く元気でいて下さいね。

ではでは

残り2戦、ご武運をお祈りしています。

Re: 清水サポーター さま

コメントありがとうございます。

なんと!!・・・・サポーター代表の方!!!!
・・・・これも驚きです。
今までも他チームサポさんからコメントをいただきましたが
代表の方がコメントを寄せていただいたことはありません。
なんか緊張します。笑
ありがとうございます。

この度はスタジアム運営とその安全のために
たくさんの清水サポーター様に尽力いただきました。
誠にありがとうございました。
ボランティアのアテンドや応援エリアのホスピタリティ、スタジアムグルメ等
ご不便・ご不満もおありだったと思いますがみなさん何一つ不満をおっしゃらず、
レギュレーションをお守りいただきました。
この事に誠にありがたく思っていたところでした。

また我がゲートの少年ボランティアが作りましたウェルカムボードに
たくさんの寄せ書きありがとうございました。
少年が一つ一つ楽しそうに指で追いながら読んでいました。
とても喜んでおりました。
彼は今回、出店いただいたエスパルスグッズブースに赴き
なけなしのおこずかいでエスパルスグッズを購入してました。
よほどうれしかったのだと思います。
少年になりかわり寄せ書きをお回しいただきましたことに
お礼申し上げます。

そうですか・・・皆さんが清水からいらしたのではなく東京からも4割が・・・
いやいや、感嘆する事実です。
讃岐も東京在住組が援軍にきてくれます。
うれしいし頼もしいのですがそれが4割になることはありません。驚きです。
ご自身もそうであるとのこと。
さらに皆勤・・・いやいや・・・恐れ入りました。

応援前にあれほど入念な準備をされるのであのように美しい応援シーンが作れるのですね。
うちの応援は少人数ゆえ、相当個々の声量は大きい地震があるのです。
これは他サポ賛意も褒められたことがあります。
それが全く色あせる清水の応援だった・・・
・・・とメインスタンド観戦者からの報告がありました。

わたしはスタンド裏からしか拝聴していませんが
讃岐在住のメインスタンドサポからはそう映ったようです。
いい応援おお手本を見せていただきました。

あと2戦・・・
清水さんのご武運をお祈りしています。
そしてまたいつか成長した讃岐のチームとサポーターで
日本平におしかけますのでその時はよろしくお願いいたします。
その時はボラ少年も立派なうちの「ユース」になっていると思います。笑
もちろんその舞台は「天皇杯」ではなく「J1」で!!!
今からその時が楽しみです。

ではでは・・・


感謝!

がくおさん

ご返事ありがとう御座いました!

私は、今でもカマタマーレ讃岐への気持ちは誰にも負けないと思っています!

讃岐は、今年も厳しい残留争いをしていますが、私のようにスタジアムに行きませんが、多くの方がJ2残留を願っていると思います!

職場でも、親戚や散髪屋さんに行っても、私の会話はカマタマーレ讃岐の話題ばかりですので、試合の結果等について、声を掛けて頂くことに感謝しています!

今後も、私の楽しみはカマタマーレ讃岐の躍進や、がくおさんのブログを拝見させて頂くことです!

また、家内と応援に行くかも知れませんが、その節は、声を掛けさせて下さい!

先ずは、残り2試合で絶対J2残留して欲しいですね!

スタッフ及び現地サポーターの方はスタジアムで、私は家内と一緒にスカパーで応援していますので、一緒に頑張りましょう!

今年も、鳥取や長野との残留争いで勝った時の嬉し涙を流したいです(年ですかね・笑)

がくおさんはじめスタッフ及びサポーターの方々には、体調に気を付けて頑張って下さい!





非公開コメント

プロフィール

がくお 

Author:がくお 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR