お留守番はしんどい・・・・笑

今日のブログは私がTV見て感じただけの

内容は超薄~~~~~~い記事ですから・・・

パスが正解かもしれません(笑)




日曜正午に思った事。

お留守番は

体に

精神に悪い。

改めて実感した。

今回のアウェイ隊には名を連ねず

スカパー観戦の今節である。



・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・


同じ見れないのでも

まだボランティアをずっとやってる方が精神衛生的にはいい。

いざ何かあったなら

すぐゲートから駆け上がって戦況を確認できる。

声を出して応援もしようと思えばできる
(ボランティア中はもちろんしてはいけないけど・・・笑)



スカパー観戦は試合関係の情報が瞬時に手に入る

先発メンバー、

前節の結果、

過去の対戦成績、

今シーズンここまでの過程などなど・・・

溢れんばかりの情報がモニターから提供される。

現場にいるならぼんやり試合前練習を眺めるか

スタジアムグルメを少し食べてまったりしている時間。

モニターから溢れんばかりに有利・不利なデータが

お構いなしに観戦者の脳インプットされる。

それも寝転がりながら。笑


おかげでテンションが

極度のどきどき・はらはらモードである。

誠に心臓に悪い。


「みんな・・頼む・・・選手を支えて・・・・」

最後はここに戻る。

応援する人を応援している(笑)

うちのサポーターには少なからずこのノリが存在する。



という訳で、昼食後はスカパーにかじりついていた。

昼から夕方まで個人的なJ2残留戦祭りだ。

金沢ー徳島 13:00 キックオフ

北九州ー岐阜 14:00 キックオフ

町田ー讃岐  15:00 キックオフ

残留戦線主役の4クラブが時差をつけて

交戦状態に突入。

2つは直接対決。

各スタジアムの戦局を睨みつつの讃岐大本営の心境。


まずは金沢ー徳島の試合が13:00から始まる。

残留ライバルの金沢相手に隣県の徳島先輩が奮戦。


おお!!!徳島のキーパーさん、PKとめたぁぁああああ!!!!!

私、ガッツポーズ!!!

「いいなぁ・・・シミケンさん唯一PKだけは恵まれないのよね・・・幸運に・・・」

とか感慨にふける・・・・


しかし後で讃岐に

とんでもないことが起きることは

この時はまだ知る由もなかった。


14時からは 北九州ー岐阜が始まる

双方のチャンネルをサーフィン

しかし、乗りかかった試合の金沢ー徳島の占有率多め。

恐らく北九州ー岐阜は決着がつく

いずれかが勝ち点3を得てしまう。

下位2チームのいづれかが勝ち点「36」か「37」になる

その際に讃岐が降格圏内になるか否かは

現時点の20位、「金沢」しだいである。

大いに関心がある。



結果、金沢ー徳島は引き分け

「うううううう・・・古田には悪いが・・・

うちにとってはまずまずか・・・徳島さんありがとう・・・」


この間、北九州が先制し、のち岐阜が追いつくとの試合経過も

中継中にアナウンサーに報告される。

もうそちらの結果は気にしてもしゃあない。

讃岐が会敵して交戦モードに入った。

ここからは全力で讃岐応援モード。



試合が始まる

前半は叫び、吠え、頭を抱え、転がりまわる。


前半10分

試合が動く。

徹也が抜け出し先制!!!

ほしくてほしくてたまらない先制点!!!

私は叫び、吠え、駆け回り、「壊れる」


すばらしい!!!

そして、ぜひあと1点。追加点ほしい。

セーフティリードがほしい。

何としてもほしい。

PKでもオウンでもなんでもいい

神様・・・何とかお願いします。



願いむなしく前半終了

あわてて北九州ー岐阜にチャンネルチェンジ

ビハインドの岐阜。

時計は89分前後。

最後の猛攻中。

しかし、岐阜は善戦むなしくタイムアップ!!

晴れやかな顔の北九州イレブン。

対照的に座り込む岐阜のプレーヤー。

北九州は勝ち点3を手にし、最下位を脱出。

当然、最下位は岐阜となる。



残留ライバルの3チームの結果はでた。

最下位が3点を積み増し最下位脱出。

21位は今節得るものなく最下位に後退。

20位が勝ち点1を得て現状1つ順位を上げている。


しかし、最後の主要キャスト

讃岐は野津田で1点リード。

このまま試合を終わらせれば

勝ち点3を積み上げることができる。

間違いなく一歩残留に前進できる。


祈る、祈る、祈る・・・・・・

どうか、どうか、どうか・・・・


しかしその願いを神様は残酷に裏切る



後半再開

いきなり決定機を与える。

GKと1対1の決定機を作られる

貯まらず前に出でシミケンさん渾身のセーブ!!!!

しかしそのプレーはボールに触れることができず

町田のアタッカー・仲川の足を引っかけてしまう。

後半5分、痛恨のPK献上ぉぉおおおおおお!!!!!!!



ああ・・・・

今日もだめか・・・

・・・・・・・いやいや・・・

まだ同点・・・決められても同点・・・・・

ひょっとしてシミケンさんが初PKセーブもありうる。


祈る!!祈る!!祈る!!

止めろ、止めろ、止めろ!!!

外せ、外せ、外せ!!!!!


更に手を合わせながら意味不明な呪文をつぶやきながら祈る。

しかし、願いむなしく町田のストライカー仲川が蹴り出したボールの軌道は

清水が飛んだ方向とは逆!!

「あ、あ、あぁぁぁぁぁぁぁあぁあぁあああ」(0コンマ0001秒間の心の叫び)

しかし、次の瞬間、ガァアン!!!と言う衝撃音。

ポストにはじかれボールがピッチ外に流れてい行く。

束の間の静寂・・・讃岐サイドの歓喜!!


私は一瞬呆けて・・・気を取り直す・・・・・

た、た、たすかった・・・・・

清水がGK定位置になってから

初めてしのいだPKシーンか??


金沢が2時間前に外した。

町田が今、PKを外す。

今・・・・間違いない!!

今日はツキが、残留戦線の流れがこちらにある!!!

この時点で「勝ち点3」はまだわれらの手中にある。

そこからムリくり奮い立たせた心。


しかしその5分後

あああああ・・・・・・隼斗・・・・・・・

いやしかし、先に引っ張ってるのは町田のDFで●×▼■▽●!!!!!!!(自主規制)

仲間、本日2枚目のイエロー

合わせ技レッドで退場・・・・の非常事態発生

残りはまだ35分もある・・・・・・・

ああああああ・・・・・・・・



現状1点リード。

一人少ない以上前半の様な効果的な攻撃はもうできないだろう。

同数でもやや押され気味の印象だったのだから。。。。。。。

もはやこのリードのみを虎の子の1点として守り切るしかない。

それは強力な攻撃陣を擁する町田相手に30分以上耐えねばならぬことを意味する。


ながい・・・・ながい・・・・・長すぎる・・・・・守り切るには長すぎる・・・・・・・


そこからは30秒おきに時計を見る

本当にグリニッジ天文台の標準時間の秒針が進んでるのか???

秒針は遅遅として、まったく進んでいる気配がない・・・・

生きた心地がしない。

何とか半狂乱寸前になりながら最後の理性を携えて過ごす。

あと30分

あと20分

あと10分

あと5分

おおおおおおおお・・・・・・

あと少し時間だ!!!

あとはロスタイムだ!!!!それだけだ!!!

ななななあああああああ・・・・なにぃぃぃいいいいい!!!

アディショナルタイム5分!?

5分もあるの!??


な、な、な、なげえ、なげえ、なげえええええええええええええ!!!!!

そんなにあるわけないだろう●×▼■△●×!!!!(自主規制)


しかし、

しかし、

しかし

永遠に感じたATを何とか何とか讃岐は守り切った!!!

この30数分間、

何度も何度も決定機を防ぎ

幾度もボールをかき出し

ポストやバーに直撃の猛攻を浴びながら

最後の一線を越えさせずしのぎ切る

被シュート16本浴び

こちらが放ったシュートは前半のわずか2本・・・・・

まさしく大防御戦である。


私は自室で点をあおぎ渾身のガッツポーズ

映画の「プラトーン」のような魂のガッツポーズ



響き渡る讃岐サポーターの歓声

歓喜に満ちた「シュラシュシュシュ」


ああ・・・・我らは勝った。

残留戦線で

J2クラブであり続ける為の戦いで

胸を張って前を向いた。


現地組の笑顔

ああ・・・誇らしい・・・・・





カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村



コメント

おめでとうございます‼

残留に向けて大きな大きな1勝、おめでとうございます。何が何でも来年もJ2でお願いします。
ウチが昇格出来たら、来年J2は釜玉さん応援出来ますので。

昨日の勝利!本当に嬉しかったです。
試合開始から選手達の気迫が伝わってきました。
自然とみんな声も大きくなっていったと思います。
次節参戦出来ませんが東京から讃岐の勝利を祈ってます。現地での応援、宜しくお願いします。

町田に勝つ喜び。

残留に望みをつなげたのもそうですが、JFLから何度も対戦して全く勝ち点奪えなかった町田に初勝利ですからね。私は仕事があったので、ネットで後で結果知ったのですが、リアルタイムで見たら心臓バクバクものですね。仲間選手は退場になるわ、PK取られるわで。町田がPKはずしてくれてラッキーでしたね(相手がPK失敗したことで勝利につながったといえば、天皇杯鳥栖戦思い出しました。あれで決められたらと思うとぞっとします)。しかもAT5分って、リードしてる側からは長く感じますよね。向こうのシュートのほうが圧倒的に多かったですし、まさに「背水の陣」ですか。

No title

夜行バスはしんどい・・・(苦笑)

朝7時に上野で降りて、マルイの裏辺りに沢山あるネカフェでタオル・石鹸つきの30分350円シャワーを浴びてフレッシュな気分でそのまま朝マック、そして結局「ゴッホとゴーギャン展(モネ、は誤りでした)」をここまで来たらやっぱり見なアカンやろ、と試合開始から逆算して凡そ一時間の超強行鑑賞時間で全展示を見てリッチな気分になるも、集合写真や監督インタビューを撮るサブカメラがそこで故障、復旧不可というアクシデントにみまわれました。
しかし一緒に行った川崎の連れから娘さんの一眼レフについているレンズを借りるという助け舟を得て、2時過ぎに野津田とうちゃくするも、予定より遅れたため昼飯は思い描いたつばめグリルとはいかず、カロリーメイトでしのぎました。
とはいえその程度のことでは撮影に支障は出ないくらい、サッカーを撮る+地元クラブを応援する、というこれまでの体験は私をタフにさせてくれていて、目の前でテツヤの歓喜を押さえ、#8がユニフォーム引っ張ってるシーンやらシミケンのスーパーセーブやらも撮り、最低限の範囲でのオツトメは果たしてきました。
いつもなら一人で帰るところですが、新宿での夜会は友人たちも一緒になって祝宴にしてもらい、香川では食べることの出来ない肉厚の牛タンに舌鼓をうって忘れられない一日になりました。

とはいえ、まだ何も決まっていない、のも事実。
勝って兜の緒を締めよ。
でもでも、束の間ではありますが、勝利のヨロコビ、わかちあいましょうね。

Re: おめでとうございます‼

応援ありがとうございました。
生き残れましたら是非近隣開催の際は援軍に来てくださいね。
私たちも岡山さんと松本さんのJ1をCスタで見たいです。
いや、関東開催重なったらハシゴしたいかなぁ(笑)

松本さんの健闘をお祈りしています。

Re: カマタマーレ八王子

野津田でカマタマチャントは確かに聞こえました
気持ちの入った声で選手を鼓舞していたのがはっきりわかりました。
今シーズン一番お結束との声も聴きました。選手も心強かったと思います。
だからあの奮闘ぶりがあったのだと思います。
ああ・・・私は其処に参加できなかったことが悔しいです。

いいなぁ・・・・笑

さて、私は次節弾丸ツアーで臨みます。
まさか「手負いのコンサドーレ」が相手となるは・・・むしろ望むところです!!!
野津田組に負けないように声出してきますね~~

コメントありがとうございました。
今シーズン参戦・援軍ありがとうございました。
後はスカパーで応援よろしく願いしますね~~~

ではでは・・・

Re: 町田に勝つ喜び。

いやいや・・もう生きた心地が・・・
これがリアルタイム観戦の感想です。笑

ようやく勝利し
それまで町田さんは負け続けた記憶が馬灯のように思い出され・・・
全く歯が立たずボコボコニされた2011年。おまけに昇格の瞬間を拝見する羽目になるし
2013の再会は気負ってJFLリーグで苦しむ町田さんから「今度こそ!!」と思えば
ホーム&アウェイで2敗
このあたりから相性わるしとの感想・・・
今年はいきなり先制奪われてそのまま何も起こらず90分終了。0-1敗戦。

本当にこのラスト5戦で再会するには最悪の相手でした。
しかしスポーツは平等で公正なものなのですねぇ。
負け続けることがいつまでも続くわけではないようです。
今回は「勝ちたい」と言う気持ちが0コンマ0001程度讃岐が上回った。
故に先制できて、PKを防いで、1人少ない状況で16本のシュートを浴びながら
40分近くにわたり0封できたのかもしれないですねぇ・・

今節、確信しました。
何も始まる前から諦めたりする必要はない。
この思い、自信からが確信へ。

まだまだ背水の陣続きますが自信湧きます。
楽しんでいきましょうね~~~

コメントありがとうございました。

ではでは・・・

Re: 讃岐のタヌキのおとうと

なんと機材故障!!!それは大変でしたねぇ!!!
そしていつもありがとうございます。
そうですかぁ・・せっかくゴッホとゴーギャン見れたのに大変でしたねぇ・・
しかしお友達の娘から機材借りれる気転、強運をお持ちで素晴らしい・・・笑。
スタグルは残念でしたがお仕事の完遂、誠にありがとうございます。
多分カマタマーレにふりおかかる厄災
すべて引き受けてくれたからあの魂の防御戦で陥落せづにすんだのだと思います(笑)

写真がアップされるのが楽しみです。

新宿!!牛タン!!厚切り!!いいなぁぁああああ!!!

さてさてあと4節となりました。祝勝ムードはおっしゃる通り切り替えていかねばならないですね。
まだどこのクラブも死んでない。
サバイバルはますます激しさを増してきましたねぇ~~
望むところです。笑

謙虚に自身を持ってわたくしは頑張ろうと思っています。
コメントありがとうございました。
ではでは・・・


非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR