のこり6つ

降格制度が発動した年が2012年

そこからの降格クラブの勝ち点と

入替戦対象クラブの勝ち点を比較してみる。

過去4年、自動降格したクラブ最終勝点 

2012年 32点

2013年 31点

2014年 23点

2015年 35点 


現時点で35点を得ている我らは

これから1点でも積み重ねつづければ

それだけ最も恐れる強制降格からは離れることができる。



次に入替戦対象の21位クラブの勝点を比較する。

2012年  35点

2013年  37点

2014年  33点

2015年  38点

現時点では6試合残しで35点のカマタマーレ

過去最も高い2015年の「38点」を早く超えたい。


それには

1勝1分け4敗

あるいは

4分2敗

・・・・という数字が導き出される。


しかし、今年度は

降格対象になるクラブの勝ち点が高い。

少し現実的な修正を加える。

最下位に沈んだクラブの

36節から42節までの勝点伸び幅の平均(切り上げ)は「4」

同じく入れ替え戦のクラブ平均伸び幅は「5」


現時点の最下位クラブの勝ち点は33点

同じく入替戦対象クラブの勝ち点も33点

今年の最下位クラブの到達勝点は37点(±1)

今年の入れ替え対象クラブの勝ち点は38点(±1)

現時点では22位、21位クラブより勝ち点で上回っているのだから

この勝ち点以上を残り6節で確保したいところだ。


これが今年の降格及び入れ替え戦ラインと思われる。


結果

現時点の降格 or 入替戦対象クラブの勢い、

わがクラブの戦力充実度(現時点でのけが人状況)を考えるに

やはり安全圏内、且つ到達可能勝ち点は40と想像する。

あと5ポイント

1勝2分3敗(5分1敗)



いや・・・もう単純に

ひたすら引き分けを狙いつつ

どこかで1回勝つ

どこかで2回引き分けを得る。


満身創痍のチームと共に戦う

我らの置かれた現状で

実現可能なギリギリの数字。

最もシンプルで実現可能な数字。


1回勝つ

2回引き分ける

残された6回ある戦いのうちに・・・・・



現次点では引き分けの勝ち点1は貴重。

点が取れなくても点を失わねば

勝ち点「1」が拾える。


しかし、残り試合が少なくなるにつれ

プレッシャーからも、確率論からも実現可能性が遠のく。

ラスト3戦を1勝2分なる現実は奇跡に近い。

つまり今6戦残されている「ここ」から

1戦1戦すべて「負けない戦い」を継続する必要がある。

トーナメントの様な覚悟とは少し違う。

それは引き分けすら許されない。

「専守防衛」まさに「J2にしがみつく」作戦でどうだろう。


私の残り6節のテーマは決まった。

守り勝つ

守備陣を守護神を

J2クラブである続けるという事実を

死守する。

なればこそ

満身創痍のDFラインを

なんとか支え続けるべく声援を送る。



今年はしびれる。

胃がヒリヒリする。

またもや「生存」をかけて戦わねばならない。


しかし、みんなに教えられた。

この現実は

「カマタマーレを愛した時から覚悟していたはずだ」と。

そのとおりである。

この言葉は雷のように私をうつ。

われらの声援が祈りが力が必要なのだ。


そもそもそんなに難しいか??

1勝2分3敗の目標??

・・・・・・そんなことはない!!!!

カマタマーレなら必ず能う!!!!!!!!

心配するのもばかばかしい。

俺たちは戦える。

武器も力も気迫も充分に蓄えられている。

何も底をついてはいない。


まだまだ戦える。

今シーズン最後のワンセット、

残り6戦。

まずは今週のホームスタジアムでの熊本戦。

集まれ!!!ピカスタへ!!!!

俺たちがカマタマーレ讃岐、

ありったけの不屈の精神と

両手いっぱいの郷土愛を抱えて

サックスブルーの旗のもとに集おう!!


俺たちはカマタマーレ讃岐のサポーターだ!!!!!


IMG_6335.jpg




追伸

暑苦しいブログですいません



カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村




コメント

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017カマタマーレ選手チャント
2017カマタマーレ選手チャント posted by (C)がくお



2017カマタマーレチームチャント
2017カマタマーレチームチャント posted by (C)がくお




ブログサブタイトル 

香川にはカマタマーレとサイコーの週末があります。




カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから




2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 




どうも!!香川県に住んでる社労士です。私は働く人と社長さんの素敵な関係を作るお手伝いしています。


いつも思うのですが香川の若い人は都会に行きたがり、残る人は故郷が好きではないように見えます。大人は割り切ったふりをして、代わりに休日の充実を捜す。そして打ち込むことがないと嘆く人います。


本当はみんな「香川大好き」なんです。「誇り」と思っているのです。


ただ・・どう表現していいいかわからない。だから「地元が嫌い」と錯覚したり、余暇の過ごし方を迷い、打ち込むことが見つからないのです。


対照的に健全に痛快に郷土愛を表現でき、充実した余暇を過ごす人たちがいます。それは香川100万人の中で、たった3,805人です。



・・・ですが確実にいます。



そう、我らカマタマーレ・サポーターです。


サポーターとは応援する怖い人たちの事ではありません。ゴール裏で飛び跳ねる人たちの事でもありません。青色のユニフォーム着ている人たちの事でも、遠く県外まで応援に駆け付ける人の事でもありません。



ただ「香川が好き」「故郷が好き」・・それが心の真ん中にある人たちのことです。その人たちが郷土の誇りとなって闘うサッカーチームを応援した時、サポーターになるのです。




もやもやして毎日を過ごしている方、イライラして会社に行っている方、人生退屈と悟り気味の方、打ち込むことがほしいと渇望している方、


後悔させません。



あなたが香川で探しているものが「ここに」あります。一度見に来てください。そしてちょっとの勇気で私たちに話しかけてくださいね。いつまでもいつまでもお待ちしています。




もちろんサポーターだけがクラブを応援する訳でもありません。ボランティアとして活躍してくれても同じ。何時でも大歓迎です。



あるいは「香川県を盛り上げたい」と願う社長さんは大小さまざまなスポンサードの仕方あります。ぜひ一緒に盛り上げていただけたらと思います。


そのきっかけとなるようこのブログを書きつづります。


すこし暑苦しいかもしれないけど少し独断と偏見入るかもしれないけどその時そこにいた私の素直な感情をつづる事お約束します。

そこに自分の探しているモノ見つけたらその匂い感じたなら是非スタジアムに来てください。


いつまでもお待ちしています。


いつか出会う未来の仲間たちへ


カマタマーレ讃岐 とあるサポーター がくお








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR