ビッグフラッグ

まぁ、ヤマトの波動砲のようなもので

効果絶大、素晴らしい応援になるが

いかんせんエネルギー充電までが大変である(笑)。

今回はそんなビッグフラッグ出現までの

準備を紹介。



こういうシーン…

この瞬間が私は大すきである。

ピッチに現れる選手、

そのバックにはためく

チームビッグフラッグ



ああ、今から大きな戦いがあるなぁー

とかテンションがあがります。



しかし、裏方は意外に地味。

けど楽しいのですがね。(笑)


いつも選手入場前にお手伝いの募集してくれます。

「ビッグフラッグ出現に

お手伝いいただけませんかぁー」って。

可能な限り混ぜていただいてます。

沢山お手伝いのなり手がいる時は

「頼もしいなー」と眺めて

パンパン演出にまわります。(笑)


いつもいろいろ考えてくれるコアサポさんに

とても感謝です。



全部広がるとこんな感じですが

昨日は風が強くまくられ気味で大変でした。




それでも楽しい経験です。

興味ある方は今度準備ご一緒しましょう。

\(^ω^)/


長細く棒状に丸めた

長い長いロールされたフラッグを

みんなで階段から持ち込みます。




みんなで「危ないー」「足元きをつけてー」

とかワーワー言いながらもちこみます。

そしてスタジアム最上部まで

運び込みます。

ここまできてスタンバイok

しばらく待機

その時を待ちます。




そして選手入場に合わせて

ビッグフラッグ出現アクションスタート!!


こんな感じの演出になります。

やっぱり、

ダービーやらクラシコやら

決戦系の気合が必要な戦いは

この旗に覆われるとぐっと盛り上がります。

ビシッとひきしまります。



しかし昨日は風で跳ねて跳ねて

あー大変。( ̄◇ ̄;)


しかし、選手に何か伝わればいいですねー

いや、伝わったに違いない。

監督インタビューの冒頭が

「ホームの様な雰囲気を作ってくれた

サポーターに勝ち点3を届けられず残念」

との事でしたから。




声援の大きさや力強さ

ビッグフラッグなどの演出。

試合後の前向きでひたむきな光景

エルゴラのMOMとまで言われました。


讃岐サポーターは

この残留戦線を全力にて奮闘中です。

どうかもっとたくさんの方々

力を貸して下さい。






追伸

しかし、後片付けも大変である。

また全て広げてからたたみ直します。

今度、是非御一緒にー!!\(^ω^)/














カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村

コメント

ビッグフラッグ

この間は見ず知らずの私のコメントに返信いただきありがとうございます、また訪問しました。

徳島戦お疲れ様でした
残り試合も少なくなってきたとはいえまだまだ厳しい戦いが続きそうですね。なるべく早く残留が決定してみんなでハイテンションでハイタッチ出来ることを毎日願っています

ビッグフラッグ初めて見ました
感動しました。準備は大変だと思いますが、出来れば残りの試合でもこの鮮やかな水色のビッグフラッグを掲げてほしいなと思います。

Re: ビッグフラッグ

コメントありがとうございます。

同じ讃岐サポーターではないですか~~~
コメントいただけばお返事いたします。
すでに「見ず知らず」ではございません。
皆さん仲間です。

今節エルゴらさんから
「マン・オブ・ザ・マッチ」をいただいた讃岐サポーター。
皆さん全員、「その中の一人」です~~!!!

おそらく激しい残留争いが続くと思われます。
うちも含めて復調ぎみのライバルたちと戦わねばなりません。
昨年の様にどこか「おかしい」という
ライバルチームがないので
最後までサバイバルは続きそうです。

故にまた力かしてください。
あのビックフラッグのもとにみんなで集いましょう!!!

またコメントくださいね
ではでは・・・

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR