土曜日はポカスタへいこう!!



ポカスタのアウェイゴール裏から見える風景は

こんな感じである。

丸亀ピカスタのコアエリアが

側面から応援しているのに対し

ほぼゴール裏である。

故に奥行きが深い観戦になる。

其処は好みが分かれるが

私は気に入っている。

いわゆる本当に「ゴール裏のホットゾーン」である。


前半は手前が讃岐のゴールである可能性が高い。

叫ぶ声は自然と讃岐DFと守護神に届く。

要は「防御戦」の応援がダイレクトにできるわけである。

その中からカウンター気味に飛び出していくアタッカーたちの

背中を押す感じになる。


讃岐の戦術として前半を0封して

後半勝負の展開を狙っているなら

声援タイミングの仕様が

戦術とマッチする。

効果的である。

後半はまさにこちらのゴールに殺到してくる讃岐ストライカーと対峙する感あり。

それは大迫力であり

このスタジアムでの観戦においての醍醐味である。

アウェイエリアの位置は気に入っている。

IMG_5225.jpg

恐らくクラシコであるなら

「ビックフラッグ」が投入されるだろう。

これもクラシコの楽しみである。


アウェイエリアは「こじんまり」した限定エリア。

おそらくそのフラッグにエリアの80%程度が覆われます。

これもまた楽し。

中で飛び跳ねて「パンパン」してください

*・・・フラッグが波打つような視覚効果をもたらす様に中の人間が跳ねて揺らす行為

是非サポーターが自力で製作したビッグフラッグに包まれて

元気に盛り上がっていただきたいです。


IMG_5247.jpg

ポカスタ(徳島ヴォルティス・ホームスタジアム)は高松市から64キロの行程。

岡山のCスタが84キロであり

愛媛のニンスタは157キロ

間違なく「どこよりも近い」アウェイスタジアムである。

高速を使えば車で1時間半あれば到着するだろう。

関西圏に車で移動する人には行きなれた道である。

一般道でも香川県民には行きなれた土地である。


なじみの「おいしいお店」は

皆さんの方が詳しいのではないかと思われます。

名物の

徳島ラーメンでも

鯛めしでも

お刺身でも

シラスでもわかめでも

存分に堪能して

そこに勝利の美酒が加わわれば

最高の週末が待っているという訳である。

IMG_5182.jpg


バスツアーの方たちは

工夫を凝らした社内イベントや

嬉しいオリジナルプレゼント今年もあるかも??
(バスツアーの申し込みはすでに終了済み)

去年、私は参加した。

とてもお得なツアーと思いました。

IMG_5192.jpg

アウェイ観戦とは

サッカーの応援だけでなく

その土地のいろいろな文化に触れることができ

3連休初めのイベントには最適です。



最高の笑顔で

最高のお土産と

楽しい思い出をたずさえて帰宅できる。

3連休極上のイベント。

みなさん是非ご一緒しましょう。


サッカーツーリズム

これはドバイやリオやヨーロッパに行くことだけではないのです。
(それはそれで素晴らしい経験できるしうらやましいと思いますが)

100キロ以内に新しい世界あります。

ピカスタとは違う趣のスタジアム。

いつもと違う応援風景。

アウェイ独特の雰囲気。


新鮮な興奮と高揚感・・・


私だけ知っているのはもったいない。

みんなで楽しみたいんです。


あつまれ!!!

鳴門に!!

ポカスタに!!!




ポカリスエットスタジアムのアクセスマップ

スタジアム観戦ガイド

徳島県鳴門総合運動公園陸上競技場






カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村






コメント

東四国クラシコへ行きます!

25年前に、高松から鳴門の本四公団に通っていましたが、当時は高速道路が無かった為、2時間弱も掛かっていましたが、今は高速道路が片側1車線で開通し、スタジアム迄、1時間程度で行けると思います!

但し、車で行かれる方は自動取り締まりや覆面パトカーが見張っていますので気をつけて、時間に余裕を持って行かれたら良いと思います!

昨年も行きましたが、ビジター自由席はゴール斜め裏で狭いですが、サポーターの声援が選手を後押し出来て良かったですね!

がくおさん、今年も行きますが、東四国クラシコに勝利して、次々節の北九州戦の弾みになるように精一杯応援しますのでよろしくお願いします!


No title

しんちゃんさんが仰るように高松道は覆面PC少なくない路線です。車種はクラウン率高いですが、数年前には他の車種も。オッサン二名乗車のセダンは要注意です。

ツーリズム、ってことで徳ラー大好きにつきご紹介。
試合前なら開店前に「王王軒」に並ぶかあるいは「ふく利 北島本店」。
もしくは、試合終了後ゆっくり「金屋」に行くか。
徳島市内まで遠征して「やまきょう」もイイですよ。
それぞれ個性的で、この4軒ならだれにでもオススメです。
「金屋」だけは一般的な徳島ラーメンとは一線を画している点はご愛嬌ですが、肉が旨いので。

サッカーの試合と同じくらい、禁断症状が出ている私の代わりに代参してくださいませ。

今年は、ポカスタ行きます‼️去年は、残念ながら仕事でした💦友達も土曜日で参戦しやすかったみたいで、一緒に行きます✨✨
とにかく勝ち点を積み上げてもらえるように、私達も頑張って応援します‼️久しぶりに参戦してくれる友達!是非ともアウェーの地でラインダンスしたいですね〜♫

Re: 東四国クラシコへ行きます!

明日、現地でお会いしましょう。

道中気を付けて。
徳島ラーメン食べて元気満々でお会いしましょう。

勝利の美酒は鳴門の漁師料理と共にいただきましょう。

パトカーに別の勝ち点取られてはいけません。
安全運転で行きましょう。

ゴール裏は恐らく狭いですが
声を合わせるには最適なスペースです。
みんなで肩寄せ合い力を合わせて戦いましょう。

まずはこの戦・・・全力でみなで当たりますか。
その先はその後でみんなで考えましょう。

最高のアウェイ遠征に
最大のアウェイ遠征になりますように・・・

ではでは
明日スタジアムで。

コメントありがとうございました。

Re: さぬきのタヌキのおとうと さま

おお・・・いいですね~~ラーメン屋さん情報。!!
みんなが読んで、またそこからシェアしてくれたらいいですねぇ・・・

試合前にラーメン屋さんで同じユニ来たメンバーが偶然合流すると
超盛り上がります。初めて会う人でも。
この店のどこかでそんな風景があるかもしれませんねぇ・・・

免許証の勝ち点を奪われたらまずいですねぇ・・
実生活で出場停止になりかねません。
これは「安全運転」に細心の注意を払って鳴門に向かいたいですね。

代参かしこまりました。

ラーメンも
応援も
そして・・・必ずや!!!

コメントありがとうございました。
行ってきます!!!


Re: やぎちゃん様

明日、現地でお会いしましょう。
ポカスタは昨年大勢でつめかけて
善戦していいイメージが残るスタジアムです。

あのエリアに讃岐サポが集うと盛り上がるんですよ。
サイズがジャストで
声も反響して増幅されて
いい感じの応援位なります。
我らにぴったりの環境です。笑

お友達にもよろしくお伝えください。
みんなで歓喜の輪を作りましょう。

では明日、現地で!!!

コメントありがとうございました。

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR