試合後のお風呂とご飯は割安である。



いつか触れねばと思っていたが

オフィシャルスポンサー株式会社創裕様は

「丸亀ぽかぽか温泉」にて

カマタマーレ讃岐 応援キャンペーンを実施してくれている。

つまり

「試合で汗かいてると思うし、疲れてると思し、安くお風呂入って行ってね」

という趣旨のキャンペーンである。

入浴の料金が試合がある日は割安なわけである。

もちろんユニかシャツ(あるいは類似のグッズ)を着て行かねばならないが

基本試合後は絶対着てるのでハードルは低い。笑


対戦相手のサポーターさんも同様に割引価格でご利用いただるそうである。

さっぱりしてご帰宅することが双方のチームで可能である。


よくアウェイに行くが「温泉割引」なるものは見たことがない。

そして試合終了後にはお風呂に入りたい心情がある事

間違いない。

いつも汗だくだくのシャツで車を運転して帰る。

風邪ひきそうになったこともあるし、

帰りにご飯屋さんに立ち寄ることもはばかられる。

大変ありがたい企画である。

しかも今シーズン最終戦まで継続していただけるとのこと。

感謝感謝感謝である。

「丸亀ぽかぽか温泉」にてカマタマーレ讃岐 応援キャンペーン

一度行ってみようと思っている。

たくさんのサポさんがみんなでお風呂に入って帰る・・

この風景も楽しい名物になるかもしれない。


お風呂に入れば

次は自然とお腹がすく。

そこでもう一つのスポンサーキャンペーンがある。

帰り道のご飯も割引が効くわけである。

これもカマタマーレに観戦したからこそ割引が効く。

オフィシャルスポンサー株式会社エヌプラス様が運営する

「丸亀山北食堂・浜街道丸亀食堂」にて

カマタマーレ讃岐応援キャンペーンが後期スケジュール中も展開中である。

こちらも同じくユニかグッズを身にまとえばよい。

半券チケット持っていったり、何か印鑑で証明する訳でもない。

応援スタイルのままふらっと立ち寄ればいいのである。


「丸亀山北食堂・浜街道丸亀食堂」にてカマタマーレ讃岐応援キャンペーン


まぁ、行きたいお店は個人個人であると思う。

お風呂はおうちで入りたい方もいると思う。

けど僕は一度試してみたい。

それからいろいろ選択するのがいいと思っている。

いや、ノリがいいスポンサーさんだと思うので

こちらもそのノリにのって楽しみたいと思うのである。



私もまだ行けていない

JFL時代、

偶然立ち寄った浜街道丸亀店さんが

何も言わないのにキャンペーン価格に値引きしてくれて

嬉しかったことが記憶にある。



遅まきながら楽しませていただくとしよう。

片づけやボランティア業務が伸びないことを祈る・・・・笑


そしてそれは意外に試合告知にもなる。

みんな・・・試合の後のひと活躍・・・いかが??

「ああ。。。今日試合あったんだ!!!なんかみんなで楽しそう・・・・・」

そう思ってくれる人が増えるのも

意外に効果的でクラブにはありがたいのである。






IMG_5311.jpg





カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村







コメント

銭湯マニアの山雅サポとして思う事

時々記事読ませてもらっております。
当方関東在住の山雅サポです。銭湯マニア故長々とした文章になってしまいますが、勘弁して下さい。明日の試合は、東京都内のサポートショップでのスカパー観戦を決め込んでいます。
山雅サポでお馴染みなスーパー銭湯があります。ただ、場所柄自家用車やバイク等での来訪が想定できる所なので、駅からシャトルバスを使われる方やアウェイツアーで来られた方は利用が難しいかもしれません。市内の温泉は郊外が多く、1泊しないと利用が難しいかもしれませんね。
またご飯については試合後に街で・・・という意識が余り無いと言うか、日曜に試合だと街に出ようとしても営業している店が少ない現状もあり、昨年FC東京との試合後街に出ようとした僕は完全に居酒屋難民となりました。結果的に大分離れたお店に入れましたけど。アウェイサポーターの方にとってはどう写っているのかいるのか、気になる所は多々ありますね。
ちなみに普通の銭湯だったら松本駅から徒歩10分以内に2軒ほどあります。どちらもおススメできる銭湯です。

Re: 銭湯マニアの山雅サポとして思う事

コメントありがとうございます。

サポートショップの観戦ありがとうございました。
私たちは試合を見ていないのですが
うちのサポさんが「山雅・・・強い」とこぼしてました。
昨日は強烈な印象の様でした。(笑)

いつかおすすめいただいた銭湯に行ってみたいです。
真田丸で今は信州は大賑わいなのでしょうか・・・
実は今年のアルウィンでのアウェイ戦は
是非松本に一泊したかったのですが、諸事情で叶わず・・・
涼しい避暑地の温泉は憧れます。

それとびっくり!!
いや~~試合後の「ご飯」は松本の市街地で盛り上がっているのかと思いました。
まさか居酒屋難民??が発生するとは・・・
松本の皆さんは試合後、家庭で楽しむ気質なのかな??
あれだけの熱狂なので駅前にも伝播して町全体がにぎやかになる・・
そう思ってました。

けどそれもいいですね。
自宅で食べたりするのは家族連れ・所帯持ちの方には優しい考え方ですねぇ。

しかし・・・

松本さんに駅前・街中スタジアムができるとどうなるのでしょうねぇ・・・
そんな想像が働き今から楽しみです。

これからも松本さんの活躍には注目しています。
皆さんは地方クラブの希望です。

今シーズンの健闘をお祈りいたします。
そしてJ1へお戻りください。

コメントありがとうございました。
ではでは・・・


非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR