持ち株会 再度お願いで~す。 ~まだ間に合います!!!~



Jリーグチェアマンのヒアリング(ようは面接みたいなもんか??)が終わりました。

浜田 恵造 香川県知事をはじめ、

大西 秀人 高松市長、

梶 正治  丸亀市長

大西 大介 代表取締役会長

熊野 實  代表取締役社長 などなどカマタマーレの舵取りを担うお歴々が

東京に乗り込み、Jリーグチェアマン(この場合はJの会長??あるいはJ最高経営責任者??)

のヒアリングを受けました。



結果は下記のような「厳しい(??)」内容 Σ(゚д゚lll)ガーン

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



【大東和美チェアマン会見コメント】

本日、Jリーグの入会審査ということで、カマタマーレ讃岐についてヒアリングを行いました。


率直な感想として、香川県・高松市・丸亀からのクラブに対する熱心なサポートについては、

他には見られないことで、心から感謝申し上げます。


一方、クラブにつきましては、三つのことをお願いいたしました。



(これは従来から言っていることではありますが・・・・)

一つ目は、来期の広告収入が一億円を上回ること、

それから今年については債務超過でないこと。

また、来期J2を安定して戦えるだけの財政基盤を整えることを話させていただきました。




こういったことについてクラブが取り組んでいることを総合的に見て、

11月19日の理事会に申上げ判断を仰ぎたいと思います。



とのことでした。

率直にチェアマンが感じていることは「お金・・・大丈夫??」

だと思う・・・・うん・・・・たぶんみなさんが受ける印象も同じだと思う・・・。



昨年「町田さん」が4億集めてもJ2で苦戦

来年から始まるJ3でもすでに3億円予算があるチームがあるとか・・・・

現在うちはそれほどの収入見込みはないので「もっと心配・・・」がJの本音の様です。


相模原戦直後の写真

成績は確実に昇格圏内!!!



にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村




わたしたちができることはやはり持ち株会への参加

持ち株会のお金はそのまま債務超過の解消に使われ

来期の運営費に使うことができ

残りはチームの経済的安定の証になる。


お金の話はもっとも言いにくく

また、お願いできる立場ではないと思いますが・・・・

もし迷われている方がいらっしゃったら、

香川県でJチームができるサポートをお願いしたい。


そしてチームの成長を見守り、ともに喜び、泣き

郷土に誇りを持ち豊かな人生を過ごしたい


そうお考えの方は是非今からでもご参加ください

できればJの理事会(カマタマーレの昇格承認を決める会)が開かれる3日ぐらい前

11月15日までにお申し込みいただければ「強力な」援護射撃になります。


よろしくよろしく・・・・御一考のほどを・・・・


追伸

うえの「写真」は

持ち株会案内の情報発信として「かまたま」で紹介するための収録風景です。

持ち株会の理事、監事でサポーターに近い人、
(持ち株会理事というより・・どっからどう見てもカマタマーレ病重症患者3名が・・笑・・サポからの「お願い」っていうかんじかなぁ・・・一肌脱いで・・出演?!)

それと本田さんを交えて収録しました。

わたしは「カチ・コチ」でしたが○ムラさんやMっんさんはかなり楽しいこと言ってましたので


笑える!!!!!

こうご期待!!!!



できたらこれ見て新しく持株会参加してくれる人ができたらいいなぁ・・・・・

ではでは・・・・



僭越ながら歴戦のコアサポのお二人と出演しました。

見習いレベルの私が選ばれたのは大変恐縮で恐れ多いことですが

なんかカマタマーレの役に立てればと思い頑張りました

歴戦のサポーターの皆さん・・・ご容赦いただければ幸いです。(笑)

ヾ(゚д゚;) スッ、スマソ







にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

かっちゃnさんへ

まずはカマタマーレの後援会にご入会いただきありがとうございます。
三豊がお父様のゆかりの地とのこと。
ぜひ香川に遊びに来てくださいね。

野球のことはよくわかりませんがカマタマーレの試合より「高松商業VS尽誠学園」のほうが
翌日、喫茶店で話題になってるのは事実です(笑)
居酒屋でカマタマーレの話しててもおっさんたちはいつの間にか高校野球の話になる(笑)

まぁ、高校野球は70年の歴史
カマタマーレは高々2~3年です。
これから時間をかけてかわってくれたらな・・・と思います。

育成型チームへの変貌は私も賛成。
しかし悲しいかな創設間もないのでようやく
「育成型」のチームをめざし動き始めたばかりです。

EQはおっしゃる通り
平均すれば高くないです。
しかし、EQが高い人が増えてきています。
まだ企業側、スポンサー側には表れていませんがいつか必ずそういう人が現れるといいなぁ・・
と思っています。

コメントありがとうございました。
ではでは・・・
非公開コメント

プロフィール

がくお 

Author:がくお 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR