アウェイ東京ヴェルディ戦観戦記



ロスタイム突入。

ゴール裏は誰も降伏せず

サッカーの神様に抗い続ける。


航大がまたヘッドで必ずボールを押し込む。

良輔が絶対に決めてくれる。

ミゲルか、馬場ちゃんが、和正が

祈る相手は違えど

誰一人としてそれを疑わない。


歌声は枯れ果て

絶叫が辛うじてメロディをなぞり

息をするのも苦しい。


しかし、何かがゴール裏の住民を突き動かす。

それは

「最後までピッチの選手とともに戦う。」

この一念のみ。


本日のゴール裏は

見事に全員枕を並べて玉砕した。

討ち死にした。

全滅した。


しかし、

最後の瞬間まで全員、

前を向いて、胸を張り

前のめりに倒れた。


背中を見せ倒れた者はいない。


味フィ西の戦いで眼下の敵に破れ

結果、

16シーズンは讃岐を完全に残留戦に飲み込む。


しかし、この戦いで玉砕したサポさんは

何度でも蘇り、

再び戦うだろう。

より強く、より逞しく。



それぐらい見事な応援ぶり

素晴らしい諦めの悪さ

狂信的な執念。



お見事。



今日、味フィ西での事実を記す。

記憶が消えてしまわない内に。

何かに上書きされる前に。



この人達がいる限り

讃岐はどこまでも戦える。









カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村

コメント

昨日はお疲れ様でした。みんな良く声も出ていたし、選手も精一杯頑張ってくれました。結果は残念でした。次こそは勝ち点3を勝ち取ってくれると信じています。次回参戦はアウェイ町田戦です。その時、チームはどのような状態になっているか分かりませんが、昨日と同様に選手の後押しをしたいと思います。

今カマタマに言いたいこと

カマタマーレの選手、スタッフ、サポーターすべての人に言います

絶対残留します。来年もJ2で戦えます
最後まであきらめない心を持ってください

私はカマタマがどんな状況でも毎週のように遠くから通ってる仲良し女子や若いカップルや子供たちがいることを知っています。そんな子たちがいることをカマタマーレは忘れないでほしい。はっきりいってものすごく貴重なサポーターです

昨日は嫁と共にゴール裏参戦しました。
残念ながらがくおさんは見つけられませんでしたが、それも思っていたより人が多かったから(一度声をかけたのですが人違いでした。。)。
私服の方も多かったですし在京讃岐サポも結構いるのだなと思いました。

さて、試合内容に関して色々気になったことはあるのですが、ミゲルが遅まきながらフィットしてきてますね。元徳島、現清水の長谷川悠にちかいタイプと思うので1,5列めで起用すればいい感じに散らしていってくれそうな印象をもちました。
トップのキジテツもミゲルと同じく割と動いてしまいますので二列目の選手がうまくスペースに入ってあげれば…!
まぁなんていうか、つまりは大剛頑張れということです(笑)

相変わらず雰囲気のよいサポーターゾーンで負けはしたものの満足度の高いものでしたしまた行きますね!
引き続き応援しています。

Re: カマタマーレ八王子 さま

日曜日は援軍ありがとうございました。
讃岐の応援陣地からは大きな声も出ていたし、
最後までネガティブにならず応援できたことはとてもうれしかったです。
これも援軍に来てくれた関東サポさんのおおかげ・・・
本当にたくさんの方たちが駆けつけてくれました。
感謝感謝感謝
次に何かがつながったでしょう!!
そう思いたいです(笑)

次節は町田戦
負けられない戦いが続きます。
ぜひまた合流して戦いましょうね。
本当に関東組の援軍が頼もしく、ありがたいのです。
讃岐から発進できる数は多く有りません。
それは家族や仕事を大切にしている事なのでいいことだと思うのです。
(いやアウェイに来ているてる人たちももちろん立派です笑)
だから関東在住組さんがありがたいのです。
ぜひよろしくお願いいたします。

今年は苦しいですがこの経験がいづれ花咲くと信じて
みんなで戦いましょうね~~~

息子さん風邪ひかないでくださいね
今こちらは台風の大雨です(笑)
ではでは・・・


Re: 今カマタマに言いたいこと

応援ありがとうございます。
また励ましの言葉が心に沁みます。
もちろん最後まで前を向いて戦います。
大丈夫!!
みんな「私たちの選手」を信じています。誇りに思っています。
そして讃岐を支える人々の底力を信じています。

毎週のように通い戦う大勢の人達。
本当にありがたいです。
彼らが選手に力を与えているのだと私もお思います。
そんな人たちがもっと増えるよう頑張りますね。

さぁ、最後の戦い
残り10試合

みんなで全力で行きます
応援引き続きよろしくお願いいたします~~~

またコメントくださいね
ではでは・・・

Re: 宮サポさま

おお!!!
おいでいただき誠にありがとうございます!!
感謝感謝感謝!!!
本当に関東組の援軍はまことに心強い~~~!!

今回も
八王子さんや北千住さんや柏さん、サブCLさん達を含め
関東組ほぼ全軍でのご来場でした。
宮サポさんの合流も心待ちにしておりまして
とてもありがたかったです。

私は「デビュー戦のサブCLさんが仕切るエリアの増援」という事で
ピッチに向かって右側(出口側)のブロックで陣取っていました。
みんなで頑張って声出してました。
(声かけていただいたのはひょっとして「弟」のほかも??笑)

そうですねぇ。私の叔父もそうなのですが
関東組さんのためにアウェイでもグッズ売り場があればいいですねぇ・・・
多分私服の人もタオマフはほしかったんじゃないかと・・・笑

戦術も我慢のかいありフィットし始めているという感触はあります。
まだ確信ではないですし細かい所ではいろいろあるのですが
我慢の甲斐いはありました。

昨年と今年のハイブリットが完成した時
我らは新しい剣を手に入れるのだとお思います。
その時まで地下組織を作り抵抗します(笑)

そしてその宝刀の最後に届いたパーツが「大剛」だと思ってますから

今はしっかり怪我直してほしいです。
いや、怪我がかどうかはリリースないのですが・・・笑

サポエリアをお褒めいただきありがとうございます。
幸か不幸かあまり勝てないのでふるいにかけられたか・・笑
屈強なメンタルと底抜けにポジティブな面々がそろっております。
ぜひまたお加わりくださいね。
小粒ですがそれゆえの心地よさはあるのだと自負しております。

またコメントもください
よろしくお願いいたします。
この節は本当にありがとうございました~~~

ではでは・・・

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR