来援乞う!!関東サポ!!

今回はツアーがでて

それが満席であるわけだが

公式に讃岐から駆けつける数は最高でも20名である。

同数のプライベーターが讃岐からの駆けつけても40名。

これでも立派な数だが

いよいよ佳境に入るリーグ戦なので

もう少し援軍がいてくれたらうれしい。


私も生き別れでない方の弟に出動要請をしており

なんとか応援増に寄与したいと思っているが個人では微力である。


味フィ西と言うスタジアムは交通の便良く、

関東部隊所属サポさんは間違えなく当日帰宅が叶う。

是非ご家族ひきつれて応援に駆け付けていただければありがたい。

千葉でも埼玉でも東京でも神奈川でも

いや栃木・群馬・茨城でも

是非駆け付けてスタンドを埋めてくれたら心強い。


今、東京で在学中の学生さん

しばらく故郷を離れている社会人さん

昔、香川で生活したことのある転勤族さん。

懐かししい「讃岐弁」に触れに来て

試合後スタジアム近くの居酒屋で交流するのも

シルバーウィークの楽しみ方として「あり」だと思います。


天候は晴天ではありませんが

日焼けの心配のない、涼しい曇り空。

雨予報では現時点ではありません。


対戦成績

2014年 1勝1敗

2015年 1勝1敗

2016年 ホームで先勝中

通算3勝2敗、引き分けなし。


昨日のブログでことのほか「参戦表明」が多く寄せられました。

ありがたい。

郷土の匂いが香るクラブに

みんな心が躍るのかもしれない。


もしそんな心の動きを間違いなく自覚していて

はじめての観戦だからと躊躇しているなら

ぜひ来てほしい。

味フィ西スタジアムはサッカーの魅力を余すことなく伝える「専用ピッチ」である。

対戦相手の東京VはJ創世記無敵を誇ったクラブであり

その名門と郷土から生まれたクラブが戦うのです。

遠慮なんかいりません。


その名門との対戦成績はいつも拮抗している。

そして白黒がはっきりつく傾向である。

おそらく「激戦」になる。

故に一人でも多くの声援がほしいのです。


皆さん

味の素フィールド西が丘に集結してください。

願わくばたくさんの仲間をひきつれて。

緑の中にひときわ鮮やかなサックスブルーの陣地を

小粒でも元気で楽しそうな声を

このスタジアムで作り出し

サッカーの女神さまを振り向かせたい。


どんどん来援・救援・増援お待ちしています。

もちろん一人参戦でもOK!!!

メインスタンドで「つつましく応援・・・」なんてもったいない!!

ゴール裏でお待ちしています。

ゴール裏はみんな家族です。仲間です。




昨年の風景

何故か盛り上がるヴェルディ戦。テンション高い!!
IMG_5638.jpg

ね!!堂々たるもんでしょ。讃岐サポ
IMG_5647.jpg

入場前から盛り上がります。
IMG_5626.jpg

ヴェルディサポさんも気合入ってます。
IMG_5657.jpg


IMG_3546.jpg


2年前の雨中の激戦を制したのは讃岐でした。
「力をひとつにあわせて」笑
IMG_3557.jpg

IMG_3562.jpg

さてさて
今回はどんな試合になるかな。








カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村


コメント

ヴェルディ戦、息子と二人で参戦予定です。今度こそ最後まで諦めず、選手に声援を送ります。私たち二人はあまり応援の戦力にはならないとは思いますが皆さんと一緒に応援出来るのを楽しみにしております。それでは明後日、宜しくお願いします。

No title

何度かコメントさせて頂いた者です。
日曜日、讃岐さん側に応援に行きます。
お邪魔にならないようにしつつ、丸亀で頂いたたくさんのおもてなしのご恩を少しでも返せたらと思います(*´`)関東でみられる讃岐さん、とっても楽しみです!
台風の中大変ですが、お気をつけて!

応援よろしく!

東京V戦はJ2残留争いにとって絶対負けられない試合ですね!
私は家族でスカパーで精一杯応援しますのでよろしくお願いします!
先日の金沢戦でバックスタンドのホーム側で一緒にスタッフしていた方と
話をすると、香川出身で柏市に在住の方がおられ、わざわざ、応援来られと
聞き感動しました!
地元のサポーターが少ないのに、頭が下がりましたし、多分、明日の東京V戦も
応援に行ってくれると思います!
がくおさんはじめ香川から行かれるサポーター、他県から行かれるサポーター、
そして、スカパーで讃岐の勝利を信じて応援するサポーターが一生懸命応援すれば
選手を後押しして頑張ってくれると思います!
私達の分まで現地応援よろしくお願いします!

Re: カマタマーレ八王子さま

日曜日はありがとうございました。
お会いできてうれしかったです。息子さんにもよろしくお伝えくださいね。
戦力にならないなんてとんでもない!!
と~~~~~ってもありがたかったです。笑

おかげさまで味フィ西にずらりと並ぶサックスブルーの応援団が壮観で
「うちもここまで来たなぁ・・・」とか思いました。
本当にありがとうございました。
次は勝利をお見せしたいですねぇ・・・
次節も頑張ります~~~~~
また関東の試合は見に来てくださいね

コメント遅くなりスイマセン・・・
ではでは

Re: Seiさま

いつもコメントありがとうございます。
また援軍いただきありがとうございます。
いやいや・・丸亀のおもてなしとか・・・恥ずかし好いです。
うちの試合を楽しんでいただけたら嬉しいです。(今回の試合は負けてしまいましたが・・・泣)
お邪魔なんてとんでもない!!
おかげで立派な応援団大きな声が作れて幸せです。

また是非援軍に来てくださいね。
よろしくお願いいたします。

昨日飛行機は1:30遅れで離陸しましたが無事に変えれました。
ご心配いただきありがとうございます。
またコメントくださいね
ではでは・・・

Re: 応援よろしく!

しんちゃん様
負けられない戦いでした。
相当気合を入れて臨みましたが敗れました。
面目ない・・・・泣
讃岐からご家族での応援ありがとうございます。
いつも遠征して「讃岐で頑張って応援してる人たちがいる」という事に勇気づけられます。
本当にいつもありがとうございます。

そうですか・・・柏から・・・
いつも関東遠征では香川県民パワーを感じます。
今は住んでなくても香川は「故郷であり郷土の誇り」なのですね。
私の叔父も弟もよく応援に来てくれます。
柏の人、お会いしたかったです。うれしいですねぇ・・・・

負けましたがまだまだ戦いは続きます。
ブログでも紹介しましたが応援団は立派に最後まで戦いました。
選手も心強かったとお思います。

まだまだ戦えます。
これからもよろしくお願いいたします~~~!!!


非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR