文化部さんほど

自身が高校時代文化部だったから言う訳でもないが・・・

サッカーの魅力を新鮮に感じてくれる人たちとは文化部出身かもしれない

一見スポーツとは対極にある文化部メンタルのように感じられるが

オリンピックを華やかに彩る開会式、閉会式は文化的なセンスの集合である。

甲子園を盛り上げるのにブラスバンドは欠かせない。

タオマフ・ゲーフラ・フラッグ・コレオグラフなどの盛り上げアイテムは

芸術的センスがなければ盛り上がらない。

すでに文化部的センスと融合しているスポーツイベントは数多くある。


そもそもスポーツも芸術も神様にささげる祈りや精神から発祥しているとすれば

根っこは同じでそれを行う者の棲み分けは

より適性がどちらに傾いているかと言うだけだと思う。


例えば私が合唱部現役OB含めて100人率いて行けば

とんでもなく大声で美しいチャントを奏でられる自信はある。

これで盛り上がったり

名物にして

更なる動員の「よび水」にできる自信はある。


誰かが言っていた。

「カマタマーレのサポーターにはブラスバンド出身者が多く

これだけで試合前の演奏イベントができるほどである」

と。

これも名物になりうる可能性だ。


カマタマーレはもちろんサッカーに興味がある層を中心に

ファン層の拡大を狙う。

もちろん間違っていないのだがそこには必ず限界もあるのも事実だ。

サッカーをすることが好きな人=見るのも好きであることが100%ではない。


芸術とは基本、静寂や室内で生み出される活動である。

しかし、その作品はいろいろな刺激があって更に素晴らしい作品たりえる。

それは感情や力やエネルギーから生まれる歓喜や悲願あるいは奇跡を目撃することで

より一層爆発的で深いものを生み出す力になるのかもしれない。

そしてそんな機会に触れることを芸術を愛している人たちは探し続けているように感じる。


カマタマーレを欲している人はスポーツ好き、サッカー好き意外にたくさんいると思う。

ここを新たなターゲットとしてお誘いしてみるのも一つの可能性を探るいい機会だ。



むかし、熱狂的な競馬ブームを支えたのはギャンブル好きだけではない

サラブレッドに美しさを感じた新しい観客層であり

あるいは競馬の奥深さを疑似体験できるTVゲームのファンたちで支えられていた。

そんな事実もある。


高松高校 書道部 さんのパフォーマンスを拝見して

いままで感じていたことがすっきり整理された。

彼女らは恐らくサッカーをしていた人たちはいないだろう。

カマタマーレを見に来た人たちすらいないかもしれない。


しかし彼女らの表現するパフォーマンスは

我らサポーターや応援歌を歌う藤岡友香 さんの想いを

みごとに可視化した素晴らしいものである。


彼女らに感謝したい。

私たちが香川県民に伝えたかったのは

まさにこの言葉なのだ。




追伸

彼女らには何かお礼したい気持ちでいっぱいである。

何か考えねば・・・・笑



カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村


コメント

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 


IMG_1337.jpg








2018シーズンチャントはこちらからダウンロードください

http://celeste-de-corazon.com/information/?id=47













ブログサブタイトル 

香川にはカマタマーレとサイコーの週末があります。




カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから




2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 




どうも!!香川県に住んでる社労士です。私は働く人と社長さんの素敵な関係を作るお手伝いしています。


いつも思うのですが香川の若い人は都会に行きたがり、残る人は故郷が好きではないように見えます。大人は割り切ったふりをして、代わりに休日の充実を捜す。そして打ち込むことがないと嘆く人います。


本当はみんな「香川大好き」なんです。「誇り」と思っているのです。


ただ・・どう表現していいいかわからない。だから「地元が嫌い」と錯覚したり、余暇の過ごし方を迷い、打ち込むことが見つからないのです。


対照的に健全に痛快に郷土愛を表現でき、充実した余暇を過ごす人たちがいます。それは香川100万人の中で、たった3,805人です。



・・・ですが確実にいます。



そう、我らカマタマーレ・サポーターです。


サポーターとは応援する怖い人たちの事ではありません。ゴール裏で飛び跳ねる人たちの事でもありません。青色のユニフォーム着ている人たちの事でも、遠く県外まで応援に駆け付ける人の事でもありません。



ただ「香川が好き」「故郷が好き」・・それが心の真ん中にある人たちのことです。その人たちが郷土の誇りとなって闘うサッカーチームを応援した時、サポーターになるのです。




もやもやして毎日を過ごしている方、イライラして会社に行っている方、人生退屈と悟り気味の方、打ち込むことがほしいと渇望している方、


後悔させません。



あなたが香川で探しているものが「ここに」あります。一度見に来てください。そしてちょっとの勇気で私たちに話しかけてくださいね。いつまでもいつまでもお待ちしています。




もちろんサポーターだけがクラブを応援する訳でもありません。ボランティアとして活躍してくれても同じ。何時でも大歓迎です。



あるいは「香川県を盛り上げたい」と願う社長さんは大小さまざまなスポンサードの仕方あります。ぜひ一緒に盛り上げていただけたらと思います。


そのきっかけとなるようこのブログを書きつづります。


すこし暑苦しいかもしれないけど少し独断と偏見入るかもしれないけどその時そこにいた私の素直な感情をつづる事お約束します。

そこに自分の探しているモノ見つけたらその匂い感じたなら是非スタジアムに来てください。


いつまでもお待ちしています。


いつか出会う未来の仲間たちへ


カマタマーレ讃岐 とあるサポーター がくお








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR