アウェイ FC岐阜戦観戦記  暑い・・熱い・・しかし、うまい・・編


スタジアムにクーラーボックスと満載の氷&飲料水持参の黄色い帽子Tさん。

さすが観戦慣れしてる・・・・笑

IMG_8141.jpg


会場入り前から岐阜は尋常でない暑さ。

ああ・・・暑い・・・もはや熱い・・・・

同乗の黄色い帽子Tさんが

誰かのツイートを見て噴き出す。

「今、『岐阜』でWEB検索したら『岐阜燃えちゃう』とか・・・・でるらしい・・・・」



・・・・・という訳で・・・

応援場所を確保した後は

木陰に避難。

みんなで避難。

木陰に入るとさすがに長良川沿いのスタジアム、

いい風が吹き抜ける。


灼熱のエリアと

自然の涼を得れるエリアが隣接している。

なんか不思議だ。


スタジアムの木陰から眺める岐阜城。

城下には長良川が豊富な水量をたたえる。

IMG_8165.jpg



一息ついて買い出し。

「たっぷり水分を買い込む」これが目的。

然し購入した水やコーラは

氷水に付け込まれて

販売されていたにもかかわらず

ちょっと移動すれば、

瞬く間にぬるくなる。

やはり、ここは尋常でない外気温である。

_(:□ 」∠)_

IMG_8149.jpg




そんな買い出しの中、

さりげなく

ふらっと

「かまたま」でおなじみ

アウェイ遠征するピカスタ警備員氏が登場!!!

「おお!!!!こんにちわぁ~~~!!!」


挨拶と会話

「そろそろユニ買ってくださいよ~~」と私

「いや・・サイズないのよ・・・カマタマの人に聞いたら

『ロットがあるから最低でも100部売れないと・・』だそうで・・・」 (つД`)ノ


う~ん。


これだけアウェイ来る警備員さんにはぜひレプユニ着てほしいものである。

カマタマーレにはぜひ少数の需要も拾ってほしい(笑)


ただダイエットをされて「普通のでOK」となるのが早いかもしれないが・・・・



販売される水分の温度はとんでもないことになっていたが

数は充分ある。

つまりスタグルはすごく充実している。


ここはいつも感心する。

いつ来ても何かしら新しい食べ物がある。


ただ暑つすぎて

焼きそばやカレー、から揚げに手が伸びない

他のおいしそうなグルメも同様で

これはメニューやお店のせいではない。

ただ「かき氷が無償に食べたい」

自然環境なだけである。(´Д` )




・・・・と言う事で軽く・・・・

いつものお気に入りグルメを食す。




これ!!

手作りソーセージ

IMG_8153.jpg

この焼きたて手作りソーセージ、

気に入ってます

アウェイ岐阜戦では必ず食べます。

IMG_8152.jpg

ジュわっと溢れる肉汁・・・香ばしくおいしい・・・


次は「飛騨牛」コロッケ

IMG_8158.jpg

「ソースかけずにそのままお召し上がりください」とのこと

うん。。

うまいぃぃいいいいい!!!

ジャガイモのあまみと塩コショウ加減とお肉の味

それがサクッと揚げたてでうまし!!!



あとは黄色い帽子のTさんが

飛騨牛串焼きを1本くれる!!

ああ・・これもうまし!

Tさん、ありがとう!!


IMG_8150.jpg

充実してるよなぁ・・・

岐阜のスタグルは・・・・


結局

・・・しっかり食べてお腹満腹。

大満足の試合前。


一息入れて

ぬるくなったコーラを胃袋に流し込み、

大急ぎでスタンドに戻る。


もうすぐピッチに選手が出てくる時間だ。

時間を察して

自然と木陰から出てくるサポーターさん達。




総員配置につく

さて

行きますか。















カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村




コメント

非公開コメント

プロフィール

がくお 

Author:がくお 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR