ダービー戦後の雑感

ブログ村の投稿をみたり

ツイッターや各SNSでの試合感想を読み漁る(笑)

見た人に直接教えてもらう。

直後の感想もまた一つの真実。


試合直後は選手の動きや審判に不満を持つ感想と

「いやいや・・いい試合だった」という意見が入り乱れる。


監督の意見は

「負けて申し訳ない。しかし内容は面白くないという方は少し違うと思う」

という見解がリリースされる。


真実はどっちなのだろうと悩む。


24時間経過して感想も少しづつ変わってきたように思う。

当然だが終了直後にいろいろ意見があり

温度差によって激しい内容とクレバーな意見が対立することは

それだけ盛り上がってきたという事で

「いいこと」のように思う。


この時点(月曜夜)で前半をスカパー観戦。

みんなの意見を見てから感想述べるのもフェアな感じではないが(笑)

一つだけ思ったことがある。


「勝ったファジアーノも相当ダメージを負ったかもしれない・・・・」


それだけ球際で激しく讃岐の選手はプレーしていたように私には見えた。

岡山から見ればダーティという見解もあるのは知っている。

讃岐から見ればファイトである。

結果、讃岐に4枚のイエロー。

今後の選手起用で更なるダメージを得たのも讃岐である。


しかし、一発レッド、けが人は出ていない。

贔屓の引き倒しかもしれないが

激しい攻防の中

最後の一戦では踏みとどまり

ファイトしていたと思う。



見えるものすべてにおいてダメージを負った讃岐

J2残留争いを意識せねばならず

自動降格圏の金沢と6差

入替戦対象クラブ北九州と4差

しかし、良くも悪く今日と同じコンディションで今週、戦うだろう。



見えないもの(疲弊・疲労・ストレス)でダメージを負ったのはファジアーノかもしれない。




勝ち点を失い相当苦しい6月となったカマタマーレ

勝利を得たものの極度の消耗を強いられたかもしれないファジアーノ


いや・・次節を見てみないとわからないのだけど

讃岐・岡山は激しく戦い

双方がそれぞれダメージを負った 瀬戸大橋ダービー


私はまさに「死闘」だったと思う。

さすがダービー

素晴らしきかなJリーグ


早く後半をおうちで見よう!!



もちろん岡山サポさんに全く違う意見があることは承知している。

あくまで讃岐サポとしてスカパー観戦の感想です。(笑)





追伸

金沢方面遠征隊 志願者募集

地域・JFLと戦いつづけた彼らは盟友である。

そして古田寛幸が懸命に戦っている。

IMG_4666.jpg


その彼らが追い詰められつつも谷底から這い上がる兆しが見える。

顧みて我らは4連敗。

同じ沼に足を取られつつある。



折り返し最終節

ここを落とすと後がない

金沢・讃岐ともに後がない。

今週も死闘、来週も死闘である。


月曜日エコモードで過ごす気合のあるサポーター

集まれ!!!北陸の都 金沢へ!!!

IMG_4675.jpg


auleikanazawa2

意外にうまいぞ金沢おでん!!!

IMG_4719.jpg



カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!










にほんブログ村




コメント

後方支援

先日の岡山戦は瀬戸大橋ダービーであり、3連敗後の試合だったので是が非とも勝ちたかったですね!
試合終了後は、多分、初めてブーイングを選手に浴びせましたし、私も敗戦のショックから久しぶりに疲れました!
帰宅後、掲示板やブログを見ましたが、馬場選手は疲れていたと思いますが、更新されており、感謝以上に申し訳ありませんと記載されていて、怪我人が多いなか、0ー1は大健闘だったと思い、もっと、応援していれば良かったと思いました!
今シーズンも残り22試合ですが、1サポーターとして選手を信じて、出来ることで応援します!
7/3(日)は金沢には行けませんが、昼間はチラシ配りに、夜はスカパーで応援しますので宜しくお願いします!

Re: 後方支援

試合結果は残念でした。
4連敗ですので皆さん心配で気が気でなかったのだと思います。
まずは応援&ボランティアお疲れ様でした。
馬場さんのブログ私も読みました。
いつまでも選手とサポはいい関係であり続けられると彼の投稿で思いました。
本当に感謝です。
ブーイングしたり厳しい声をかけるが
冷静になってあとでまた再評価したり、考え方を変えたりできる讃岐サポは素敵です。
また応援スタイルはそれぞれあってもいいと思います。お互いが強制しなければ問題ないと思います。

日曜はチラシを配ってくれるのですね
よろしくお願いいたします。
またスカパーから声援よろしくお願いいたします。

コメントありがとうございました。
ではでは

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR