さぁ行こう!!!3万のセレッソの中へ

IMG_6217.jpg

セレッソは我らを迎え撃つに3万人の大サポーターを動員する

J2リーグようやく3年目の新米で、

現在12位で、

観客動員数現時点でビリ。

強化予算の乏しく・・・

まったく地方都市にある・・・

そんな小さな街のJ2クラブを全力で叩きに来る。


いや・・叩き潰しに来るのである。


そして、彼らは・・・ 

今シーズンの彼らは

ついに覚醒したこのカテゴリーの「王」である。


勝ち点差なしの3位であるが

その選手層や戦術、技術、施設、観客数

すべてがJ2のそれではない。

総てが圧倒的である。



我らが仰ぎ見る「松本」「岡山」を撃破して

その勢いのままにホームで「讃岐」を迎える。



その王者が3万のサポーター・・ほぼ全軍を投入して今節を戦う。

セレッソ側からすれば絶対落とせない戦いである。

間違いない。

かれらの絶対防衛ライン。

その相手がカマタマーレ讃岐という訳である。






恐らく

残念ながら恐らく

まともに戦って勝てる可能性は「ほぼ」ない。


しかし、サッカーが机上の理論だけでは完結しない事はご承知の通りだ。


この1月半の試練は私達の希望や夢を大きくしぼませ

大クラブ相手にひるまぬ気持ちをけずったかもしれない。



しかし、まだ戦う力は残っている。

私はそう信じる。


今節、長居に集結する讃岐のアウェイ遠征隊は

この状況下でもチームと共に戦う最精鋭部隊である。



集え!!

讃岐のサッカーを愛するすべてのサポーターよ!!

ヤンマースタジアムの南東コーナー隅に集結し

其処に強固な砦を築こう!!


そこで尽きない愛と勇気を選手に供給し続けるのだ。



セレッソサポさんへ

恐らく200名の遠征隊です。

観客動員に貢献できなくて申し訳ないです。

しかし、その200はしぶといですよ。

このリーグに3年い続け

苦難苦汁を選手と共に歯を食いしばって過ごしたサポーターです。




はっきりいう!!

讃岐サポーターの現時点で出撃できるサポーター全員で

其処に立て籠もり戦う!!!


古の伝説の砦

大軍を跳ね返し続けた

英雄が指揮する砦

真田丸


それと酷似した魂の砦

大阪市東住吉区長居スタジアムに「讃岐丸」出現!!!



みんなでいこー

大阪に!!

長居に!!

ヤンマースタジアムに!!!

讃岐丸に入城せよ!!!




追伸

もちろん大事な家族・お仕事・経済的なテーマをクリアーした勇者で行きましょう

行けない人は魂預かります。

どこにいてもみんなは一緒です(笑)





本日は暑苦しいブログですいません・・・・あぅ・・・・





カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られます

ぜひのぞいてみてくださいね!!










にほんブログ村










コメント

No title

土曜出撃準備はほぼ整いました。
ジャンボフェリーで泥のように眠りエナジーを蓄えてから、電車でGO、長居に乗り込みます。
桜色に染まった絶対的圧倒的アウェイを感じる四面楚歌、早くこの目で見て武者震いしたいですね。
サッカーは何が起こるかわからない、ってのをこないだの土曜にまざまざと見たわれわれだもの、今度は一泡吹かせてやろうじゃないですか。
敵地はわれわれのクラブの歴史上の、マイアミの奇跡となるのか、ジョホールバルの歓喜となるのか。

Re: タヌキおとうと様

コメントありがとうございました。

そうですか、ジャンボフェリーですか!!いや~気が付かなかった・・・海路とは(笑)
渋滞知らず、リーズナブル、エナジー満タン 
すばらしいサッカーツーリズムになること間違いないですな~~~~
次回参考にさせていただきます。

セレッソサポが3万でも4万でも
いつもうちは大包囲戦を続けてますから、むしろ奮い立ちますよね。
というか通常営業(笑)
すごく楽しみです。

ぜひ長居の軌跡、ヤンマーの軌跡をおこして
サタデーナイトマッチをカーニバルナイトで締めくくりたいですねぇ~~

長居でお会いできる事楽しみにしています。
道中お気をつけて

ではでは・・・
非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR