みんなで、松本へ

l.jpg

正直、

愛媛戦はソフトボールの後でヘロヘロ、

北九州戦はボランティア、

千葉戦は親戚アテンドで座って観戦、

町田戦は試合前に仕事へGO状態、

4月17日の清水戦以後全力応援していないので

エネルギーが有り余る。


しかし今回は全力で声出しできそうな状況がそろう。

信州 松本へ。

松本山雅戦。

あの大サポーターに囲まれ、

雄大な山々に囲まれ、

そば文化に囲まれて、

おもいっきり応援したい!!


相手は「総てにおいて」間違いなくJ1仕様である。

クラブも

スタジアムも

観客・サポーターも

アテンドレベルやボランティア


相手に不足はない。( ̄^ ̄)ゞ

s.jpg


アウェイ応援に参戦し、

ホームはボランティア、

家庭で過ごす休日は

年間20日もないであろう狂気の日常。


更には親族も巻き込みムーブメント広げる。

我が一族の歴史からみれば

私は完全な異端児である。(笑)


我ながらどうしてしまったのだろう。ヽ( ´_`)丿


11.jpg


多分それだけこれまでの人生の中で非日常であり

魅力を超え魔力的な中毒症状(笑)を引き起こしているのだろう。


そしてそれはすばらしいことだと思う。

毎日がどきどきする。


そして

このチームを応援しなければ出会うことがなかった

世代を超えた仲間たちの存在が

更に興奮を掻き立て

感動を呼び起こし

人生に極彩色の彩りを加える。


大人になってから

初めてスタジアムで隣り合わせた人となかなか抱き合わないと思う。

その奇跡が平然とおこるのがスタジアムである。


特にアウェイのスタジアムではその傾向が一層顕著である。



もちろんアウェイの参戦は特殊な事であり

家族の同意を得ず、

誰かを悲しませ、

責任を放棄し、

経済状況を疲弊させるようなことがあってはいけない。



しかし、そんな状況ではなく、

純粋に参戦を迷っている方は

是非松本でお会いしましょう。


2年前参戦したメンバーは同じ思いを口にする

「すばらしかった・・・また行きたい!!」と


かの地はいま

日本で最もフットボールの魔力が濃いスタジアムである。

総人口25万人の街に起こる奇跡と魔法に触れに行こう。

そこにある「魔力の秘密」を私たちの町に持ち帰るために・・・。


m.jpg

ツアーバスは締め切ったがまだ空きはあるのでは??

旅行会社に聞いてみるのももいいだろう。

相乗り自走組の募集もネット上では引き続きあり。

JRでも日帰り可能。

私は親族と参戦します。

ヾ(o´∀`o)ノ





カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られます

ぜひのぞいてみてくださいね!!





にほんブログ村



コメント

No title

2年前のアルウィン、今でも記憶に残ってます。
スタジアムを埋めるサポーター、スタッフ(警備員も含めて)のおもてなし精神、スタグル、果てはロケーションまで全てにおいてJ1年目のウチとはレベルの違いを見せつけられました。

畏敬の念が湧くアルウィンゆえに勝利すれば感慨もひとしおだと思います。日曜日は選手を精一杯後押しして勝ちましょう。
もちろん参戦しますよ。

No title

いつもブログ楽しく読ませてもらっています。
いよいよ今週末対戦ですね。個人的に今年一番楽しみにしているカードです。以前、木島兄弟をアルウィンに連れて行きたいと書いてましたが叶いそうですね。待っている山雅サポもたくさんいると思うので熱い試合にしましょう!(当日は気温も上がりそうなので水分補給と日焼け止めをお忘れなく)

Re: めっと様

私も2年前のアルウィンの記憶は鮮明に残ります。
丸亀と同じくらいアクセスは恵まれていない立地
専用スタジアムですが屋根はありません。

けれど1万人越える平均集客
100名を超えるボランティア

学ぶところがたくさんあるように感じます。
まずはアルウィン楽しんでどこをまねすればいいのか考えます。
そしてお土産をもらえるように踏ん張りますかぁぁ~~~

コメントありがとうございました。

Re: 松本様

コメントありがとうございます。

実は社会人1年生のときに
下諏訪のデニーズに勤務しておりました。
もう20年も前になりますが・・・笑
当時の新入社員の私に
諏訪や松本の方たちに大変良くしていただきました。

いつも大サポーターを拝見するにつけ
もう連絡の取れない当時の仲間たちがいるのではないかと
懐かしく眺めたりもしています。(笑)

転職で故郷に帰り
カマタマーレに出会い
松本山雅を知りました。
そして木島兄弟に出会いました。

私にとってはサッカーでもプライベートでも思い出満載の松本戦です。
とても楽しみにしています。
水分と日焼け止めたっぷり持ってお邪魔しますね。

よろしくお願いいたします。

今年は、なかなかアウェー参戦出来ずです😭youtubeで観た「そばより〜かまたま〜」を大サポーターの皆さんに向かって、歌いたかったです😭
今週末はお仕事です。。香川よりパワー送ります!選手の後押し、宜しくお願いします😁

Re: やぎちゃんさま

いえいえ
アウェイに行かずともエネルギーは届いていますから
スカパーで応援よろしくお願いいたします。

なんか松本さんお方がその歌うたいたがってるようで・・こっちもかまえてしまいます。
なんか面白いこと返さんといかんのか~~~と(笑)

頑張って応援してきますね。
エネルギー送電よろしくお願いいたします。

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR