町田ゼルビア戦 階段掃除御礼

IMG_7531.jpg

試合は負けたがうれしいことあり。

試合前お掃除の人が今日もたくさん来てくれた。


スタジアムではみんなカマタマーレファミリーであり

ボランティア活動もイベントとしてお楽しみいただけたのなら

とてもうれしい。


是非楽しんでほしい。

ハトのフンとの格闘や

開場前の準備する高揚感

カマタマーレとの一体感

そこには

開場前でないとみえない舞台裏(笑)が広がる。

総て味わい尽くしてくれたら望外の喜びである。



残念ながら

われらが愛するチームは資金力に乏しい。

間違えなく乏しい。

J2の中ですらビリの方

J3入れても真ん中より後ろ(泣)


然し

現場は懸命の努力で戦力を整え

運営は少ない予算でイベントを試みる。


それでどこか手薄な場所が現れるなら

それはもうみんなでカバーするしかない。

このクラブは我々が守らねば誰も守ってくれないのだ

トヨタやマツダや住友や日立や松下という大企業が守ってくれるわけではない。

「私たち」が守らないと誰も助けてくれないのである。

みんなの大切なJクラブ

先人たちが汗と涙で築いた郷土の誇りである。

名実ともにサポーターが観客が

このクラブを支えるのだ。


アウェイゲートでいつも12:30にレプユニに着替え

駆け出していくサポさんを頼もしく見ている。

さっきまではボランティアスタッフさんこれからはサポーターさん。


アウェイサポさんに

「彼らはサポーターです。うちはサポーターがボランティアしてくれてるのです」

と紹介するときが一番誇らしい。




話題変わって

ボランティアリーダーの泉さんと相談して

本日は1Fから2Fに通じる階段の大掃除。

みなさん大量のハトのフンと格闘しながら

階段をピカピカに!!!

泉さんいわく

「階段掃除なんていつ以来振りだろう・・・・

階段掃除ができる日が来るなんて!!!」


だそうです。



ご参加いただきました皆さん本当にありがとうございました。

いつも感謝しています。

よろしければまた来てくださいね。

本当に助かります。

後、一度参加してみたい方大歓迎です!!!!


いつでもOK

やりたい時だけでも助かります。

中高の学生さんでもOK!!

子どもさんでもOK!!

お子さん連れでも大歓迎!!!


キックオフ4時間前に1Fのコンコース下

自動販売機の前に飛び入りでも来てくださいね!!

一緒にボランティア楽しみましょう!!!



ボランティア内容のイメージはこんな感じです。

たぬき様のブログ

カマタマーレ讃岐と讃岐のタヌキ

ボランティア通信・・本日も転送より
http://kagawa88.blog56.fc2.com/blog-entry-4052.html










カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られます

ぜひのぞいてみてくださいね!!





にほんブログ村



コメント

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR