深夜2時の児島駅にて



【悲報 瀬戸大橋線運転見合わせの知らせ】

新幹線に乗る遥か前の奥さんから届くメール

まぁ・・・4時間後に岡山ついたら状況はよくなるだろう・・・

軽く考え予感的中

8時に解除の連絡あり

通常運航に戻ったとのこと

YES!!!!!!!ヾ(o´∀`o)ノ


この瞬間今回の遠征の成功を確信した

無事にスタジアムについて

無事に自宅に戻るミッションは成功しそうだ

・・・と一息つく


アウェイ遠征のマモノ君はここから大暴れ

持ち上げてから落とす名人芸炸裂



まずは問題なく岡山到着。

マモノ君の気配すら感じない。

鼻歌交じりに在来線ホームへ

しかしここからマモノ劇場

いきなり

最終のマリンライナーにつき

在来線の風雨による運航遅れを

接続するため20分待つはめになる。

この時点で岡山発は12時30分過ぎの見込み ( ノД`)。


更に車内は接続客の多さを考慮して補助席が使用できない仕様・・・。

基本20分「立って」の接続まち(笑)


更にその後

遅れた在来線の乗り継ぎ客でぎゅうぎゅう

お客様満載で12時30分過ぎにマリンライナーは岡山を出発。

妹尾、茶屋町等々で大勢のお客さんがその都度、下車。

児島で降りたお客さんを見送った後

車内を見渡せばまんま新幹線のメンバー・・・・ヽ( ´_`)丿



そのうち何員かの乗客は

羽織った上着の下から「神内ファーム」の文字が見える。

あるいはバックにかまたまアイテムをつけている。


おお今回遠征に参加した讃岐サポさん達だ!!

そう車内には

相当数の讃岐遠征隊のメンバーが乗車していたのである。

アクア氏がつぶやいた列車に私も乗り合わせていたのである。

多分・・・新幹線でご一緒した讃岐職員さんも・・・

(翌日、丸亀お城祭りサッカー教室&ビラ配りあるはず・・・ああ・・気の毒な職員さん)


ここで無慈悲なアナウンス

「瀬戸大橋強風のため只今から天候調整を行います・・・お急ぎのところ大変申し訳ありません」

的なアナウンス・・・

( ノД`)

( ノД`)

( ノД`)




先頭車両につき駅員さんと運転手さんの会話が丸聞こえ・・・

運転手
 「たぶん・・乗り継ぎ20分待ちしなければ・・渡れましたね~~~ここ20分ぐらいで急に風が・・・笑」

駅員
 「予想どうなの??」

運転手
 「しばらくは動かんですねぇ・・・・」


_(:□ 」∠)_

_(:□ 」∠)_

_(:□ 」∠)_


消耗しきった遠征隊員たちに最後の試練(笑)

各々好きな姿勢で寝はじめる!!


しゃあない!!!

これも遠征の一部だ!!

みんなでアウェイ先の旅館に宿泊したと思えば

楽しいじゃないか!!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

児島で待つこと2時間、

ゆっくりとマリンライナーは動き出す・・・・

確か深夜3時ごろ児島出発。

高松着は4時??

自宅は4:30頃??


もはや覚えていない。




もうろうとする意識の中で彼の姿を見る


|\_/ ̄ ̄\_/|
\_|  ▼ ▼ |_/
   \  皿 /
  (⌒`::::  ⌒ヽ
   ヽ:::: ~~⌒γ⌒)  楽しんでもらえたかな?
    ヽー―'^ー-'
     〉    |


マモノくん・・・

・・・・・・・帰りの事は何ぼでも許そう・・・・・・

しかし、行きや

スタジアムには

ぜぇぇえええええええええったいに来るなよぉぉおおおおおお!!!!!



自宅には4日の朝刊が届いていた・・・

カマタマーレの記事見て就寝。

先ほど見た試合を新聞で確認して就寝

変な気分である(笑)




電車に乗り合わせていたサポーターの皆さん

皆様お疲れ様でした~~~!!!

(*・`ω´・)ゞ





カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られます

ぜひのぞいてみてくださいね!!





にほんブログ村



コメント

No title

遠征組の皆様、ほんまにお疲れ様でした。

勝ち点GETありがとうございます。

讃岐組の我等、スカパー観戦後に少数精鋭にて、チラシ配りしてまいりました。

明日は二度寝せんと、掃除ボラから参戦しようと誓いをたてております。

Re: ka一家さま

労いありがとうございます。
何とか千葉では勝ち点1を手にしました。
しかし一昨日の町田戦は残念でした。
わたくし仕事でボランティアも12時までしかできず・・・
仕事の合間に確認すると0-1で敗戦・・・
う~ん
気を取り直して次~~~ですな。
今週の松本戦もよろしくお願いいたします~~~
コメントありがとうございました~~~!!!

非公開コメント

プロフィール

がくお 

Author:がくお 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR