いい声、雰囲気、応援なのよ・・・アウェイ愛媛戦観戦記

ツィッターやWEBで拾える情報、

スカパーでの中継を見るにつけ

今回も「いい応援」だった・・・・と思う。


だってうちのチャント響き渡ってるもん!!

スカパーでは途中で小さくなる。

これは明らかにマイク絞ってる。

不自然な音量変化になるのでわかる。


という訳で

スカパーは証拠としてあてにはならないが

基本的にあちら側(愛媛エリア)にいた方々の声が

「讃岐の応援・・・よく響いて・・・・」である。

本当に大きな声が出ていたと思う。

IMG_7433.jpg


私の中で自信は確信に変わった。

うちのサポーターが奏でるチャントは

大きく、そして勝敗にかかわらず元気である。



過去2年間

少数でアウェイに乗り込んでおとなしいといわれたり、まったく話題にされなかったり・・・

逆にホームでは動員力を持つアウェイクラブにジャックされかけたり・・・

そこを何とかふんばって

1人1人が大きな声をだし、

チャントを改良し、

仲間を募って

必至で励んできたたまものが今日である。


今は

どんな状況でも

だれがいても

何処でも

何人でも

大きな声でチャントを奏でる。



たった100人アウェイ清水に行っても

歴戦のJ1サポーター達の評価が

「少なくてもまとまってて・・・元気!!!」

・・・と言っていただける。

そんなところまで来ている。(。>ω<。)ノ



チームは進歩している

それに負けないサポーターの進歩を感じる。


これはうれしい。


誇っていいのではないかな。



IMG_7415.jpg

いつもコールを引っ張るコアメンバーさんも

いつも和ませてくれたり

笑わせてくれたり

それでいて芯のあるリードをしてくれる。



大人子供老人・男子女子関係なく引っ張ってくれる。

だからみんな彼らの近くに安心して座ることができる。


CLのまん前

大太鼓・スエアドラムの近くにこんなに「ちびっこ」が集まるサポーター集団も珍しいのでは!?

まぁCLさん達は元気いっぱいの少年サポーターたちに

多少困惑気味の様子ではあるが・・・笑

IMG_7425.jpg


しかし試合が始まると

少年たち大声でわれらと一緒に叫ぶ。


たのもしいじゃないか!!!


未来のカマタマーレ選手、あるいはサポーターのCLか・・・・笑

少なくとも郷土愛、カマタマーレ愛が

そこで育まれていると思うな。


自信をもとう

カマタマーレのサポーターは確実に前進していると!!


このまま双方が進化つづけたら・・・・

10年ぐらいしたら・・・・えらいことになる!!!笑



埼玉スタジアムでレッズ相手に

「圧倒的じゃないか!!わが軍は!!!」

・・・という日が来る。


・・・・・・・・・かもしれない(笑)

















カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られます

ぜひのぞいてみてくださいね!!





にほんブログ村





コメント

No title

昨シーズンの徳島アウェイでの声出しの快感を経験された方も少なくなかったですね!
サポーターも旋風めざし頑張りましょう♪
山あり谷ありのサッカーを思う存分楽しみますぉ〜!

やっぱり、いじられました~。

翌日の総会にて、枯れた声で「おはようございます…」と、K本の親父らと顔を合わせた瞬間に、「昨日のん、何や~」他、割愛致します。。。
でも、がくさんが松山での試合終えて、ニンスタへ駆け付けた事を伝えましたら、
「やるの~、社労士会の試合して行ったんな、ご苦労様やった言うとっての」との事です。

まぁK本の親父も、週末のイ○ンとかで出張相談していんで、午前様になりそうなぐらいまで、僕らと呑めるぐらい元気なお方なんですけどね。
消防団でカマタマの応援するのが夢ですね~。

Re: ぷれさま

そうですねぇ~あの時の大声援はすごかった!!
あそこから自信がつき始めたのかもしれんですねぇ・・
アイの岡山も大きな声援でした。
もっともっと大きな声になればいいですね~~~
楽しみましょ~~!!!

コメントありがとうございました

Re: やっぱり、いじられました~。

総会お疲れ様でした。
それは大変でしたねぇ・・・試合結果がプライベートに関係するとは大変です(笑)
けれど逆を言うとそれだけ関心が高まってきてる事ですねぇ~~
あと少しで丸亀にたくさんおお客さんが詰めかけるのかもしれません。
これはすごいことになる下地なのかもしれませんねぇ・・・
ぜひ、消防団で見に来てくださいね~~

ソフトボールは惨敗でした・・・あぅ・・・
非公開コメント

プロフィール

がくお 

Author:がくお 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR