アウェイ レノファ山口戦観戦記

2016040319445839c.jpeg


勇気の要る事ではあるが

ここから始めねばならないだろう。

はっきり言う

レノファ山口が強かった。



1-0 でうちを倒す実力。

岡山が開始直後に一撃を浴び。

松本が勝利目前に被弾。

北九州が不覚取る。

すべてうなずける。



前半 0-0

後半立ち上がり間15分まで零封。

讃岐にとり

ここはアウェイの地である。

例え「引き分け」ても我らには利がある。

そこを理解するクレバーさが我がサポーターの中にはある。


カマタマーレは山口を

術中に誘い込みつつあった。


シナリオはカマタマーレの描いたものに

近かったと思う。


焦り

前進してくるホームチームを

カウンターで沈めれば良い。

讃岐の作戦は成功しつつあった。



しかし、結果はボールを保持されたまま。

そのストレスからか

ついに失点。


守備に自信ある讃岐が

我慢し切れないぐらいの攻撃圧力。


今年自慢の攻撃陣は沈黙。

繋げない。

いや、持たせて貰えない。

パスはゴール遥か手前で寸断され

セカンドボールはことごとく拾われる。


ゴール裏からはこんなイメージ。

後でスカパー確認すると

別の感想を持つかもしれんが

帰り道、まだ心に残る感触をかきのこしておきたい。


今日は

コンディション

メンタル

技術


全て上回られた。

残念ながら

我らが愛するクラブより

レノファ山口は

強く、

早く

したたかであった。



くやしい。


この悔しさ絶対わすれないため

かれらの歓喜のセレモニーを

じっと眺める。


つぎは必ず勝つ

負けはしない

俺たちがついてる。





追伸

応援迫力と声量は山口サポさんに

お褒めいただく。

そこで負けなかったこと。

先輩クラブの意地が残せた事を

今日はよしとしようか。

すぐにつぎの戦いははじまるのだから

( ̄^ ̄)ゞ






カマタマーレブログ村
仲間が急激に増えてます!!
是非いろいろ読んでみて~~~~~~~~
素晴らしい作品ありです!!!






にほんブログ村

コメント

アウェイ参戦お疲れ様でした。

如何なる結果であろうとも受け入れ&選手と共に歩むがくおさんに今更ながら敬服します。

フットボールは半永久に続きます、この(少し辛い)経験が後々のスパイスとなりますよう祈念します。

Re: タイトルなし

ありがとうございます。

残念ながら負けました。


昨年のヴェルディ戦で

「負けた試合、相手の歓喜をじっと眺めるサポ集団は強い」と教えてただきました。

それ以来

負けた試合はできる限り目と心に焼き付けるようにしています。


そして次節がすぐきますし・・・そのサイクルは半永久的。

仰る通りです。元気出ました。

いいスパイスをいただいたようです。

今年のサッカーライフの。

またコメントくださいね

ではでは・・

少し長めのお返事でございます。失礼しました~~
非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR