出来るかな??

IMG_5037.jpg


昔あった教育番組

のっぽさんとゴン太君(^-^)/



いやいや

そういう話ではなく

今回挑戦するのは

公共交通機関で

「ピカスタへいけるかな??」

できるかな??

・・・・・です。



いやいや・・・

挑戦しようと思う切っ掛けは

あるサポさんの一言

「スポーツ観戦は公共交通機関で行く習慣が

そろそろ香川にあった方がいい。」



いやぁ・・・その発想・・・なかったわ~

確かに!!



多分・・・

日本代表戦に車で行く人は少数でしょう。

そしてその代表戦の習慣を当たり前に

みんな受け入れている。

何故なら雰囲気がそうだから・・・

観戦文化がそうだから・・・・


むしろ車で行きたい!!という人はいない。

観戦までのワクワクドキドキを

公共交通機関の中で過ごすこともセットなのでしょう。


アウェイに行くとわかります。

自身がのっている電車に

続々と相手サポさんがのってきたときの高揚感を・・・


後は同時開催の他競技もあり・・・・

駐車場が少ないこと明白であること。

徳島サポさんは車でご来場の可能性が高いこと。

「初めてくる讃岐サポさんも多いのでは・・・」と考えた場合

少しでも駐車場が多い方がいい事。

其処に

ボランティア1人乗せた車が「でん」といるのももったいないと思い・・・



という訳で今回は公共交通機関を使った観戦を

楽しんでみようと思います。

少し早起きはボランティアの関係ですので・・・・

お気になさらず・・・


高松市からスタート

ボランティア集合時間は9:00

これが到着条件。


これで検索すると

高松発

7:09発

JR予讃線・琴平行

7:56分 丸亀駅着 550円

8:07分発

丸亀コミュニティバス線 城西高校方面 200円

往復1500円の交通費です。



ここで注意

家族4人は6000円です!!

割高!!!

もうぜひその方は堂々とお車で来場してほしいと思います。

絶対そのほうがいい。

帰りに「おいしいもの」でも食べてほしい。


一人の方も車がいいなら車で行くべきです。


しかし・・・

私の様に比較的孤独を愛するタイプの人間は(笑)

あまり気を遣わない同志の観戦サポさんグループは
(誰がいなくてもスタに行くタイプで形成されたグループは)

確実快適にスタジアムに届く公共交通機関がおもしろいかも。

駐車場難民が「一番いらいら」しますし・・・・・笑



つまり私は新しい楽しみを発見するために

電車で行くのです。

この企画で面白いことあればシェアしますね。

その時は一緒に行きましょう~~~~~!!!!!







追伸

通常は

11:07分のコミュニティーバス

11:19分着 ピカスタ

つまり

11:00に丸亀駅に居ればOK!!

高松なら9:54分のJR予讃線・琴平行 .なら

10;45分に丸亀駅に行けます。



長所

自宅から最初の最寄駅かまで徒歩・送迎などなら・・・

たっぷりお酒飲んで・・・OK!!!!!!!!

これがまず利点やな

後は、疲れても寝て帰れる・・・・・

早起きは健康の素

公共機関の利用は

いい運動にもなるかも!!

などなど・・・



IMG_5298.jpg


これ考えたら

高松駅からのシャトルバスは・・・

最初から高性能ですなぁ!!!!(^-^)/



コメント

シャトルバス

傍目からの浅薄な考えかもしれませんが…


シャトルバス利用時にスタンプラリー行ってはどうでしょう?
一定数貯まったら何らかと交換(例えば選手のサイン色紙)出来るようにすれば注目度高まるでしょうし、何より利用促進に繋がる気がします。

チラシ配り

今回の記事に関係ありませんが、、、

今日、初めてチラシ配りをさせていただきましたが、非常に楽しくすることができました。今度、アウェイゲートにお邪魔させていただくかもしれないので、その時はよろしくお願いいたします。

Re: シャトルバス

コメントお返しするのが遅くなりスイマセン~~
ばたばたしてまして・・
仰る通りなんですよねぇ
何か呼び水になるものがあれば・・
むしろ公共機関使って来場してることが
誇りに思えるものがあればいいんですが・・
スタンプだと運転手さんに負担がかかるので
缶バッジとかでいいと思うのですが・・・

またアイデアあったら教えてくださいね!!

Re: チラシ配り

チラシ配りありがとうございました。
自分が見れない試合にチラシ配り参加してくれるとは
おっちゃん涙が出ます。本当にありがとう。

最近のブログ「釜玉少年」も注目してます。
よろしくお願いします。

一度機会あったらアウェイ一緒に行きますか!!!
僕もホームは試合見れんから(笑)
非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR